オープンハウスの口コミ,評判がひどい?メリットデメリットや比較ポイント

スポンサーリンク
  • 東京都23区又は周辺で一軒家を建てたい
  • 注文住宅を検討している
  • ローコストで建てたい

東京、千葉、埼玉、神奈川エリアでは多くのハウスメーカーや工務店があります。

ローコスト住宅関連記事。

ヤバい口コミ

ローコスト住宅はやばい?やめたほうがいい?デメリットや後悔リスク要素

スポンサーリンク

 

ローコスト住宅恥ずかしい

ローコスト住宅が恥ずかしい人の悩み|住宅購入の優先順位

1000万円で家を建てる

1000万円で家を建てるのは可能?ローコスト住宅の購入前の確認事項や注意点

ローコスト住宅デメリット購入後の失敗後悔

ローコスト住宅が安い理由|安くなるのは理由があります

新築窓際が寒い家の対処法

新築なのに窓際が寒い!ローコストや規格型の見極め方注意点

住宅購入後によくある失敗後悔関連記事。

ローコスト住宅安っぽい印象防止策

ローコスト住宅は安っぽい原因と回避策|業界経験者が解説

新築注文住宅の外観がダサい原因

今回の記事では、オープンハウスの口コミ,評判やメリットデメリットを以下の目次でご紹介します。

オープンハウスとは

オープンハウスの口コミ,評判

オープンハウスで家を建てるメリット

オープンハウスで家を建てるデメリット

オープンハウスで注文住宅を建てる流れ

スポンサーリンク

オープンハウスとは

オープンハウス

会社概要

会社概要

会社名 株式会社オープンハウス
設立 1997年9月
対応エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、静岡、大阪、福岡、アメリカ
本社所在地 京都渋谷区渋谷一丁目13-9
事業内容 不動産売買の代理、仲介事業
新築戸建て分譲事業
御マンション・ディベロップメント事業
不動産投資事業
不動産金融事業
登録免許 国土交通大臣(1)第9996号

全国展開ではありません。

オープンハウスは、建売住宅で、東京都区部、神奈川県、埼玉県などで1位となった実績もあります。

※2021年度全国ナンバー1ホームビルダー全集にて。

仕様

標準仕様

基礎 ベタ基礎
耐震・制震 面材耐力壁「novopanSTP Ⅱ
ホールダウン金物
ダイヤモンド型フレーム
鉄のダンパー
断熱 高性能グラスウール
UA値 プラン88A-Wの場合
067~0.87
サッシ アルミ樹脂複合サッシ
Low-Eガラス
工法 在来軸組工法

 

オープンハウスの口コミ,評判

評判,口コミ

営業電話がしつこい

設計が外注

注文住宅なのに設計が外注でなので希望が反映されづらいです。設計は注文住宅の最重要部分でかなりのネックになります。仕様、見積もり
の中身を説明しないで直ぐに契約書に印鑑を押させようとします。見積もりも後から追加費用がおそらく掛かるようになっています。必要な物が含まれていないです。営業担当者のビジネスマナーはかなり酷いです。契約できないとなると態度が豹変して怖かったです。価格面で考えても他のローコストメーカーでもっと良い会社もあります。あくまで私が感じた印象ですのでご参考です。

 営業の対応が遅い

アーキテクトで建てた者です。
当たり外れはあるでしょうが、とにかくアーキテクトの営業はレベルが低いです。
手続き関連が滞るのはしょっちゅうでしたし、メールしても返信は一週間後とかが普通でレスはかなり遅く、対応が悪すぎてこちらのストレスになっていました。
アーキテクトの会社の体質なのでしょう。

現場監督さんにはしっかり対応していただいたのでそれが救いでした。

断りました

残念ながら営業の方は自分のノルマ優先で間取り、仕様の希望を聞いてもらえませんでした。とにかく契約を急かされ、見積もりの中身も説明されず、怖くなって正直逃げました(断りました)。断った後も細かく言うと特定されてしまうので言えませんが、嫌がらせがありました。あくまで個人的な意見ですが、注文を聞かない注文住宅で一生の買い物を任せられる会社では無いと思いました。

見極め方

  • 営業との相性
  • 現場の担当者の当たり外れ

正直、これはどこの会社でも起こる可能性があります。

しかし、他のページでは、近隣の家の塀を壊してしまった等の書込みもありました。

現場の管理体制が心配という方はちょっと注意が必要です。

他にも間取りにこだわりがある人は、要望を伝えても外注になっていると連絡が遅くなる。

結果的に進まないということが考えられるので気をつけましょう。

 

オープンハウスで家を建てるメリット

メリット

オープンハウスってどんな人なら満足できるの?

都心の土地事情に強い

一戸建てを土地から購入する人にとっては、土地選びは非常に重要。

家が欲しいけど土地がない時相談先選び方のコツと失敗典型例

不動産会社を運営する会社は、土地の情報が多い。

外部の会社に「空いてる土地があったら教えてください」

こんな流れが大手ハウスメーカーでも多い。

  • 好立地
  • 学区の希望
  • 通勤圏内

具体的に土地の希望がある人には、おすすめです。

保証体制

保証期間

地盤保証システム 最高5000万円
保証期間最長20年
アフターサービス 構造忍耐力上の主要な部分、臼井の侵入を防止する部分は10年保証
クロス等の仕上げ材は、2年保証
住宅瑕疵担保責任保険 加入済み

狭小住宅が得意

狭小地

都市部の好条件な土地の情報力がある。

つまりは、狭小地の3階建てが主流のエリアでも対応している。

  • デザイン性
  • カスタマイズ

これらには、さまざまなニーズに応えることができると思います。

 

オープンハウスで家を建てるデメリット

デメリット

どの不動産会社でも家を建てるには、お金がかかる。

坪単価は安いのか?

新築一戸建て坪単価の中間ランクではどんな点に注意したほうがいいのか?

オープンハウスは、決して安いとはいえません。

建物本体価格は、1500万円以下が中心。

これはかなり安いです。

しかし、この赫々を実現するのは、規格住宅に近い状態。

さらに、土地代や諸費用などを抜いた金額。

  • 建築申請手続き費用
  • 水道引込工事
  • 電気配線工事
  • ガス引込工事

などが加わった際の価格は、決して安いとは言えない。

断熱性能が心配

標準仕様の窓に注目。

  • 樹脂サッシではない
  • アルゴンガス入ではない

Low-Eペアガラスは、正直賃貸でもマンションでも採用しています。

断熱性能のアップグレードをしないと2022年のような大雪が続くような気候の時には寒いのでは?

内装や外観、設備のグレード

最低グレードと関連設備と暮らし

この点は、将来必要に応じてリフォームをすれば問題ありません。

しかし、最初から節水や節電などを意識しているなら、ちょっと注意が必要です。

保証やアフターサービスへの不安

アフターサポート

ローコストだから?

全国展開していないから?

保証期間は法律で定められた最低期間。

さらに、定期点検の数も少ない。

1年後、2年後の節目だけ。

1ヶ月、3ヶ月、半年などの時期は全く行われていない。

これでは、初期不良や使い方が分からない時に確認してもらうのが難しいですね。

 

オープンハウスで注文住宅を建てる流れ

新築一戸建て購入の流れ

他の会社と大きな違いはありません。

  1. Webや電話で相談
  2. 土地探し
  3. 間取りサンプルプランや資金計画作成
  4. 設計契約
  5. プランの打合せ
  6. 詳細うち合わせ
  7. 請負契約
  8. 現場着工
  9. 中間と完成の立ち合い
  10. 引渡し、決済

比較ポイント

比較

失敗後悔したくない。

でも初めての家づくりで右も左もわからない。

考えることはシンプルです。

  1. 総予算を決める
  2. 自分たちの家に必要な部屋数や大まかなサイズを決める
  3. 住みたい場所を決める

この3つを実現してくれる会社を選ぶのです。

時には、建売のほうがお得になる人もいるでしょう。

中古住宅を解体し建て直しをする方が安い人もいるでしょう。

最初からいろいろ盛り込まない。

  • 固定資産税
  • 引越し費用
  • 家具家電費用
  • 地震保険、火災保険
  • 住宅ローンの月々の返済額

これらを考えた上で、家計が赤字にならない予算を決めることが最優先です。

じっくり考えましょう。

引用元

e戸建て

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ