就活でオープンハウス営業はやばい?きつい,辞めたい人の悩み口コミ

スポンサーリンク
  • オープンハウスに就職するのはどうなの?
  • オープンハウスはやばいって何?
  • 転職した人の辞めたい、きつい、辛い原因は?

こんな悩みにお答えします。

オープンハウス関連記事。

オープンハウス

オープンハウスの口コミ,評判がひどい?メリットデメリットや比較ポイント

スポンサーリンク

今回の記事では、就活をする方向けにオープンハウスの口コミ,評判について、以下の目次でご紹介しています。

オープンハウスの特徴

オープンハウス評判,口コミ【就活】

オープンハウスの給料や年収

オープンハウスの退職理由

企業研究方法に多い失敗行動

ホワイト企業に就職する方法

スポンサーリンク

オープンハウスの特徴

openrec

まずオープンハウスの特徴からご紹介します。

会社概要

2013年東証一部上j法。

売上1兆円を目指す企業。

会社概要

会社名 株式会社オープンハウス
設立 1997年9月
対応エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、静岡、大阪、福岡、アメリカ
本社所在地 京都渋谷区渋谷一丁目13-9
事業内容 不動産売買の代理、仲介事業
新築戸建て分譲事業
御マンション・ディベロップメント事業
不動産投資事業
不動産金融事業
登録免許 国土交通大臣(1)第9996号

全国展開ではありません。

オープンハウスは、建売住宅で、東京都区部、神奈川県、埼玉県などで1位となった実績もあります。

ベンチャー気質な企業であることは予想ができると思います。

 

オープンハウス評判,口コミ【就活】

就活

女性にはリスクが大きい

営業スタイルがゆえに女性がはたらくにあたってのリスクは大きいと思いました。また炎天下や台風などの状況でも営業を行うため体力の消耗が尋常じゃないと思いました。慣れが全てと思えばそれまでですが、精神的にも肉体的にもハードだったと思います。少しでも業務外での精神的、体力的サポートが増えたらいいなと思います。

退職理由【正直飽きを感じる】

常に同じしごとを栗化して行っていくので、正直飽きを感じる部分もある。

退職理由2【将来性】

自分の成長に感じたためです。

勤務状況【休日や時間外】

全くと言って休みがない、拘束時間が長い、社用携帯は常に持ち歩いている。

プライベートな時間がゼロ

休みがない。休日出勤当たり前、プライベートの時間が0の中で、もらってる給料暗いなら他で。

 

オープンハウスの給料や年収

月収

では実際にベンチャー企業だから、やったらやった分だけ稼げるのでしょうか?

退職理由【稼げない】

思ったよりも稼げていないことや数字に対するプレッシャー自分が成長している実感が持てない。

 

オープンハウスの退職理由

住宅営業ノルマがきつい

年間400名もの採用を行っているのに、常時求人を出している状態。

つまり、離職率は非常に高いことが想像できる。

さらに、退職者の口コミにはかなり共通している。

営業はやばい

  • 労働環境が悪い(休みがない、休日時間外が多い)

休みの日に社用携帯を常に持参するというのは、かなり体制が古い。

ベンチャーだからと期待してはいけない。

ベンチャーだからこそ、ノルマが厳しいし、待遇がやばいという声も多いのです。

 

企業研究方法に多い失敗行動

就活失敗行動

最近の就活生に多い悩みのポイントをご紹介します。

スカウトを受けた

スカウトサービスが多くなったことで、企業からアプローチを受けることも多い。

例えば、

  • 面接確約
  • 書類選考不要
  • 再度ご案内

こんな内容を見れば、「自分を必要としてくれているかもしれない」と勘違いする人もいます。

しかし、これはあくまでバラマキ戦術。

つまり、ある程度の数で勝負して反応したらラッキーだと思っていることが多い。

何故そう言えるのか?

だからこそ、スカウトメールに対応しても、「書類選考からになります」みたいな会社も多い。

誰でも受かる職種

なかなか採用されないと嘆く人が多いからこそ、採用の二文字の価値は大きい。

しかし、全く違う業界を見ると、「誰でも受かる」業種や職種もあります。

特に住宅営業やリフォーム営業は、かなりの確率で受かる人が多い。

その分、辞めていく人も多いからです。

昇格だけではない

販売したら、高給取りになれるかもしれない。

こう思って必死に働く人は多い。

しかし、現実は?

営業の中途採用の募集条件

月給 33万円(基本給)
賞与 年2回
住宅手当 記載なし
家族手当 記載なし
残業代 記載なし

こういう求人には、いろいろ確認しなければいけないことが出てくる。

例えば、月給という表記。

では、以下のような処遇は?

  • みなし残業代
  • 業務手当(ガソリン代等)
  • 家族が増えた時の手当
  • 単身赴任をする時の手当

こうした実態が不明なままただ年収1000万円以上と書かれていても正直どうなるのかわかりません。

 

ホワイト企業に就職する方法

ホワイト企業の探し方

転職エージェントは使うな

特にこの業種、職種は転職エージェントを使ってもメリットがありません。

なぜなら、業界的にも離職率が高いことは、多くの人が周知しているから。

単純に、離職者が少ないなら、万年求人募集はしていません。

この業界ならわざわざエージェントを使って高待遇で歓迎されてもその後の自分を追い込むだけです。

営業スタイルもきちんと確認

営業スタイルを確認せずに年収や月収ばかりを見てはいけない。

  • どのように新人を教育するのか?
  • 研修の体制は?
  • 既存の顧客の口コミや評判は?

「しつこい」、「知識がない」等の書込みがあったら、要注意です。

退職理由の共通点を見抜く

今回ご紹介した企業は非常にわかりやすいケースです。

しかし、他の会社でも似たように、待遇、働き方、年収など一定の共通点があれば、要注意。

これまでの人が同じことを悩み、自分の成長に限界を感じたのならどうなるのか?

その会社は、仕事ができる人から辞めていく可能性が高い。

そんな会社に勤めて、出世しても最後には自分がつぶれてしまう可能性が高い。

仕事がないからという考え方は要注意です。

引用元

openwork

 

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ