断熱材セルロースファイバーの後悔理由【メリットデメリット】

スポンサーリンク
  • 断熱材はどのタイプを選ぶべき?
  • 高気密高断熱の会社を探している
  • セルロースファイバーのメリットデメリットを知りたい

断熱材によって、住環境は変わる。

今回の記事では、「セルロースファイバー」のメリットデメリットについて以下の目次で解説します。

セルロースファイバーのデメリット

セルロースファイバーとは

セルロースファイバーのメリット

スポンサーリンク

セルロースファイバーのデメリット

デメリット

スポンサーリンク

セルロースファイバーのデメリットは以下の4つ。

  • 価格
  • 施工の難易度
  • 施工日数
  • 施工後

順にご紹介します。

価格

価格

セルロースファイバーは、量が必要です。

具体的には、省エネ対応ぐらるううーると比較すると、約3倍以上。

つまり、コストがかかる。

おおよそ、48万円ほど高くなります。

施工の難易度

施工監理

グラスウールのように、マット状になっていない。

以下のような工事が必要です。

  1. 建築現場でシートを貼る
  2. シートの中に1スパンごとにホースで吹き込み作業を行う

手間が多い。

壁だけでなく、天井にも施工を行います。

当然、日数がかかるのです。

施工日数

施工日数

上記のような施工を行う分、他の業者が同時に入るのが遅くなる。

結果的に、工期や納期にも影響が出る。

施工後

結露した窓

職人さんの腕次第ですが、セルロースファイバーの形状が崩れることがあります。

 

セルロースファイバー口コミ,評判

悪い口コミ,評判

後悔の口コミ

見極め方

結局は、施工が難しい。

ただ詰め込めばいいものではない。

構造上の計算がきちんとできていない場合は、吹付にすればよかったという声が出てくる。

 

セルロースファイバーとは

セルロースファイバーとは

セルロースファイバーとは、天然の木質繊維のこと。

グラスウールとの比較ポイント

グラスウールやロックウールには空気砲がありません。

セルロースファイバーは、1本1本の繊維の中にも小さな空気砲があります。

これが高い断熱性を生み出します。

アメリカでは市場ナンバー1

欧米や諸外国が発祥の素材です。

海外では、セルロースファイバーが断熱材のシェアナンバー1。

つまり、性能としては、信頼されている商品です。

その他の断熱材と比較

工務店によっては、セルロースファイバーの性能が最強と紹介している。

しかし、本当にそうでしょうか?

熱伝導率で比較しました。

種類 熱伝導率
高性能グラスウール 0.038
ロックウール 0.038
現場発泡ウレタン吹付断熱 0.034~0.04
セルロースファイバー 0.04

上記の4つが日本国内のシェア率で95%を占める。

どの分野を選ぶとしても大した差がない。

 

セルロースファイバーのメリット

メリット

セルロースファイバーのメリットは以下のとおり。

  • 高い断熱効果
  • 調湿効果
  • 結露やカビなどの腐朽菌予防
  • シロアリ、ゴキブリ等の外注予防
  • 防音性能が高い
  • 防火性能が高い
  • 無垢材や塗り壁と相性が良い

コストがかかる分だけメリットはあります。

しかし、この情報にも疑問があります。

防音性能への疑問

新築一戸建て防音室節約術窓,室内ドアによる工夫

そもそも戸建て住宅の場合、防音性能が試されるのは、窓(サッシ)。

  • 大開口
  • 窓が小さい、少ない家

上記の2つの家を比較すると、窓が小さい、少ない家のほうが圧倒的に防音効果が高い。

つまり、防音性能をデータ化してもあまり意味がない。

結露効果への疑問

窓結露

壁体内の結露リスクは、計算によって算出することが可能です。

うまり、結露リスクは回避可能な内容。

安定した施工精度を求めるなら、セルロースファイバーや現場発布ウレタン吹付断熱のほうに分がある。

 

断熱材の選び方

選び方

断熱材を選ぶことが重要なのか?

断熱材の性能だけではない

比較

気密性能が伴ってこそ、効果を発揮します。

つまりは、現場施工吹付断熱とセルロースファイバーで比較するなら、価格面で吹付断熱のほうが安くなる。

他のサッシの標準設備がトリプル樹脂サッシになっているのか?

アルゴンガス注入がされているのか?

こうした点が比較ポイントになると思います。

セルロースファイバーの種類

セルロースファイバーを安価で提供している会社は要注意。

確認方法は、日本工業規格【JIS認証品】であるかどうか?

JIS規格が取れているか?

この点を確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ