スポンサーリンク
新築トイレの手洗い場失敗後悔対策とおすすめの配置について、このページをご覧いただきありがとうございます。 新築トイレの手洗い場というのは、付ける付けないも含めて、配置に悩まれる方も多いです。 新築トイレの手洗い場は、トイレ本体と別がいい 新築トイレの手洗い場を別にしたら掃除が大変! 手洗い専用の器を別に設置するほどのスペースがない。 どちらも新築購入後の体験談にある声の代表的なトイレの悩みや希望。 トイレというスペースは必ず水を使い、そして、手を洗う等の日常生活に欠かせない空間。 手洗い場もう当然そのパーツに含まれるべき設置方法を考えるパーツの1つ。 しかし、狭い時はどうする? 中の空間に余裕がないのに、収納の開け閉めを犠牲にしてまでつけるべき? こんな考え方を私たちも実際に考えました。 リフォーム以前に必要なものを押し付けるのでは後では失敗後悔の原因になる。 実際にtotoの一体型トイレを選び、日常生活を送る上で感じた子育て目線を兼ねた感想をご紹介していきます。 他にも関連記事としてトイレについては、以下のような内容もご紹介しています。 狭いトイレインテリアオシャレ 狭いトイレインテリアおしゃれ成功の優先順位と3つの失敗後悔原因注意点
スポンサーリンク
新築トイレクッションフロア選び方注意点 新築トイレはクッションフロア?床材選び方注意点画像付 アクセントクロストイレ用選び方 アクセントクロストイレで失敗後悔の原因に多い誤解 新築トイレカバー選び方体験記 新築トイレカバーは不要?一戸建て購入体験記 新築トイレの位置 新築間取りトイレの位置【図面画像付】 新築トイレ床の色画像WEB内覧会 新築トイレ床の色選び方web内覧会画像付 トイレ壁紙実例画像【2児パパニッキー】 トイレ壁紙成功のコツと失敗後悔原因や注意点【新築実例画像付】   新築トイレつまり原因と間取りの工夫対策 トイレつまり原因解消法|間取り工夫,節水対策注意点 新築トイレマット選び方のポイントや注意点楽天市場おすすめ商品レビュー 新築トイレマット1000円台大満足おすすめ商品画像動画付 新築トイレットペーパーホルダーの数、配置のコツ 新築トイレットペーパーホルダーの数や配置のコツ画像や動画付 新築トイレのメーカーおすすめTOTOおすすめポイントコンパクト 新築トイレメーカーおすすめTOTOアプリコットF3解説動画付 新築一戸建てトイレタンクレス注意 新築一戸建てタンクレストイレのデメリットやリスク検討感想 新築トイレ照明スイッチ配置実例画像WEB内覧会 新築一戸建て注文住宅トイレ照明スイッチ配置コツ注意点画像付 新築間取りトイレの数アドバイス 新築注文住宅トイレの数は2個以上?間取り配置も画像付で解説 新築一戸建て階段下トイレ収納間取り 新築一戸建て階段下トイレ収納や天井高さ実際の動画解説付 新築一戸建てトイレ窓大きさと音漏れ 新築トイレ音漏れ失敗後悔間取り実例や窓配置注意点 新築トイレ失敗後悔まとめ 新築トイレ失敗後悔原因まとめ画像付 私のサイトは、以下の私の体験を基盤にしながら、サイト運営をしております。 新築マンション、一戸建て購入体験。 新築建売住宅を含めた住宅関連企業従事で知った現場知識や大工の本音。 新築購入時住宅ローン審査で仮審査1回、本審査1回落ちた、通らない体験とその後の通した方法。 火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をもらって、節約に成功。 インターネット回線、新築祝いお返し、挨拶回りの経験。 新築購入後の修繕や追加工事依頼。 新築間取りを引渡し後の生活で妻に満足の声を貰えた体験。 全ての体験が知識となり、そしてこれからの方に失敗後悔をしてほしくないという思いから各記事をご紹介しています。 私達の体験から新築トイレの手洗い場の選び方について、以下の内容でご紹介しています。 新築トイレ手洗い場をトイレと一体にするメリットデメリット 新築トイレ手洗い場をトイレと別にするメリット・デメリット 新築トイレの手洗い場を選ぶ時の最大の注意点 見た目ではなく、使いやすさと管理のしやすさという点をじっくりご覧ください。
スポンサーリンク

新築トイレ手洗い場一体化【画像付】

新築トイレ手洗い場の選び方 新築トイレの手洗い場について、まずは私達が実際に採用した一体型のメリットデメリットからご紹介していきます。

新築トイレ手洗い場一体型メリット 水周りの故障リスク

新築トイレ手洗い場一体型メリット 水周りの故障リスク 新築トイレである以上、トイレとは離した分離型があることも十分知っていました。 しかし、水周りを分散することで生じやすいのは、見た目のメリット以上に故障や異常時への対応力。 この点について、一体型の方が間違いなくリスクは下がるのです。 この点を再優先に、私たちは一体型を採用しました。

新築トイレ手洗い場一体型メリット トイレ面積の節約

新築トイレ手洗い場一体型メリット トイレ面積の節約 狭い空間を上手に使う必要がある間取りを考える中では、我が家も同じでした。 壁までの幅が狭い。 コンパクトなトイレにする必要がある。 カウンター等を設置する幅が無い。 洗面所以前にキャビネット用スペースが欲しい。 手洗い用のスペースも大切かもしれません。 でも、便器に一体型で手を洗う習慣は大人になら、今は当たり前に利用経験がある時代。 もちろん、子どもたちの場合は、手は専用の場所で洗い、乾燥機で手を乾かすみたいな利用は当たり前かもしれない。 でも、排水タンクは? マンション生活とは違い、日用品を収納する設備も一戸建ては自分たちが考えて設置をお願いしなければいけない。 機能性や埋め込みであれ?こんな位置に配管が! こうしたトラブルになるよりも、やはり今は便座に座り少しでも広く使う事が重要なのではないでしょうか? ですから、少しでも余分なスペースを減らすための努力という点で、手洗い場を一体型にすることにメリットは有ると思います。

新築トイレの手洗い場を一体型にするメリット 節水・節電効果

新築トイレの手洗い場を一体型にするメリット 節水・節電効果 当然ながら、新築トイレであっても、2箇所に水周りを作れば、水道代も余分にかかります。 自動による節水効果を求めても、電気代がかかります。 結果的には、新築トイレの手洗い場は一体型の方が節約思考の家には向いていると感じたのです。 以上の点が、私達が実際にトイレの手洗い場を一体型にして感じたメリットとなります。 では続いて、デメリットをご紹介していきます。

新築トイレの手洗い場を一体型にするデメリット 手洗いには面倒

新築トイレの手洗い場を一体型にするデメリット 手洗いには面倒 実家のトイレみたいな表現が多いと思いますが、まさに手洗いには面倒なタイプであることはしかたがないと思いました。 賃貸生活でも、ユニットバスがある生活をしている方の中には、 「賃貸でさえ、トイレと手洗い場が別なのに。」 こう思われる方もいらっしゃると思います。 この点は、やはり面倒であり、分離型に比較してデメリットとなります。 しかし、一方で、掃除なら? 広くとったスペースの手洗い場は、勝手はいいかもしれないが、つまりの原因を作るリスクもある。 髪の毛が抜ける、コンタクトを落とす、いろいろな落とし物が配管がある場所には幅広く想定をしなければいけない。 だからこそ、手洗いに面倒があったとしても、決してデメリットを優先したコーナーを設ける必要は私にはないと思えてならない。 今、この一体型を生活の軸としていますが、不便はさほど感じません。

新築トイレの手洗い場を一体型にするデメリット デザイン性

新築トイレの手洗い場を一体型にするデメリット デザイン性 トイレという空間におけるインテリアデザインもまだまだ見慣れていることもあり、新しさが感じにくいのも事実。 しかし、見た目よりも使いやすさとメンテナンスのしやすさという考え方を重視した私達の家では、こうしたデメリットよりもメリットを優先しまて考えました。 では続いて、新築トイレの手洗い場を分離した際のメリットデメリットをご紹介していきます。  

新築トイレ手洗い場本体と別

新築トイレの手洗い場を一体型にするデメリット デザイン性     新築トイレの手洗い場を分離型にした場合のまずはメリットからご紹介していきましょう。

新築トイレの手洗い場を分離型にしたメリット 見た目の印象

新築トイレの手洗い場を分離型にしたメリット 見た目の印象 新築トイレの手洗い場を分離型にしたデザイン性は、確かに一体型に比較して印象はキレイです。 さらに、水周りの箇所に多少のデザイン性やインテリアを合わせることでさらに、見た目の引き上げることも可能になっています。 よって、見た目のいい家作りを考えている方は、分離型を選ぶことを優先することをオススメします。

新築トイレの手洗い場を分離型にしたメリット 手洗いの習慣化をしやすい

新築トイレの手洗い場を分離型にしたメリット 手洗いの習慣化をしやすい トイレの手洗い場が使いにくいとついつい洗面台へ移動する行動が起こりやすくなります。 しかし、分離型にすることで、子供たちでも手洗いの習慣を付けやすいのは事実。 ですから、 「スペース的に問題の無い家で、子供にトイレで手洗いを徹底させたい」 こうした考え方を優先する方にもトイレの手洗い場は分離型をオススメします。 では続いて、デメリットをご紹介していきます。

新築トイレの手洗い場を分離型にしたデメリット 手洗い場が子供の遊び場

新築トイレの手洗い場を分離型にしたデメリット 手洗い場が子供の遊び場 新築トイレの手洗い場を分離型にした友人の声で、こんな声がありました。 「小さい子供がいるなら、間違いなく最初は分離はやめときな!」 こうした声の原因は、子供が手洗い場を自動であったとしても手を入れて遊ぶ事が増えるきっかけになったことが原因だったようです。 新築の中でもトイレという子供がこもった時にわかりにくい部屋で水遊びをされた。 こんな体験をして、友人は、この防止のために最初は、一体型を選ぶことをおすすめしていました。

新築トイレの手洗い場を分離型にしたデメリット トイレの詰まりやすさが圧倒的に高い

新築トイレの手洗い場を分離型にしたデメリット トイレの詰まりやすさが圧倒的に高い 新築トイレの手洗い場の水周りの配管は、かなり曲がりくねった配管を使っていることもまだまだ多いのです。 この配管の場合は、非常につまりやすいことがメンテナンス的には一番の不安要素。 ですから、少しでも故障リスクの少ない新築家作りを目指したい方には、かなりおすすめしにくいのが現実となります。

新築トイレの手洗い場を分離型にしたデメリット 掃除の手間が大変

新築トイレの手洗い場を分離型にしたデメリット 掃除の手間が大変 家事の時間を少しでも節約できる家作りを目指したい方も多いと思います。 しかし、新築トイレで手洗い場を分離型にした際には、正直賃貸生活では気にかけなかった事以上に手入れには神経を使う必要が出てきます。
・水垢対策 ・配管のつまり防止のための手入れ ・ゴミをキャッチする部分のこまめな手入れ
こうした洗面台の手入れと同様のことをトイレでも行うことが必要になります。 よって、時間の節約をしておきたいトイレが、手入れ時間は倍を欠けなければいけなくなるリスクは時間的ロスしては大きいと言えます。 では最後に、新築トイレの手洗い場を選ぶ際の最大の注意点をご紹介していきます。  

新築トイレ手洗い場を選ぶ最大の注意点

新築トイレ手洗い場配置 実際の手入れや見た目のデザインと言う考え方をしていくのではなく、最後に新築トイレの手洗い場を選ぶ選択の注意点は何か?についてご紹介していきます。

新築トイレの手洗い場を選ぶ注意点はモデルチェンジ

  新築トイレの手洗い場を選ぶ注意点はモデルチェンジ新築トイレの手洗い場については、まだまだモデルが出始めたばかりのトイレのメーカーも多数あります。 そうした新しい商品を選びたくなる気持ちは多いと思いますが、新築キッチンやトイレという大型商品に共通して言えることは、マイナーチェンジや廃盤へのリスクなのです。 廃盤の商品となった場合は、もし万が一交換を必要とした場合が、最大のリスクとなります。 廃盤となった場合はどうなるのか? この場合は、新たに削ったり、埋め合わせたりする必要が出てくるのが、将来に懸念しなければいけない事。 こうなると、消耗品でもある水周り製品を交換(リフォーム)するときにも、大きく工事費用などにも影響しやすいのです。 ですから、無理をしたサイズの手洗い場の選び方には注意が必要になります。 つまりは、そのメーカーにしか無いサイズ展開がない手洗い場。 このような商品はいくら見た目の良さがあったとしても、廃盤の可能性を考慮するなら、飛びつくべきではないと私は考えます。 これが、新築トイレの手洗い場を選ぶ上での最大の注意点となりますので、ご注意下さい。 水まわりに関係した洗面所脱衣室の収納を含めた広さの考え方についてもご案内しています。 新築洗面脱衣所広さ実例画像i-smart 新築洗面所(脱衣室)広さが狭い,収納不足を感じる要因は何?実例画像付で解説 このページを最後までご覧いただきましてありがとうございました。  
スポンサーリンク