転勤族の持ち家購入子供の年齢的理想は?

スポンサーリンク

転勤族子供が居る時、持ち家購入のタイミングいつがいい?という内容をご紹介していきます。

このページをご覧いただきありがとうございます。

転勤族

この言葉からは、稼ぎ頭として頑張るパパ。

しかし、住む家を買えるのに、買うタイミングに困る!

こんな悩みの種になっているのが、子供

こうした家庭も確実に増えています。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、一戸建て,マンションの購入経験や新築一戸建て住宅関連企業の勤務経験などから注意点等を含めてご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、転勤族持ち家購入と子供年齢タイミングと言う課題について、以下の内容をご紹介していきます。

転勤族の持ち家は子供が小さい時のメリットデメリット

転勤族の持ち家は子供が何歳位が理想?

このように、小さい時と成長期や自分の進路が決まった時という大きな2つの分岐点に対して、失敗後悔注意点をご紹介していきます。

スポンサーリンク

転勤族の持ち家は子供が小さい時のメリットデメリット

転勤族持ち家と子供の年齢

スポンサーリンク

転勤族であり、子供が居る。

この状況でも、年齢的に住宅ローン審査を心配してる。

こうしたタイミングでの持ち家購入におけるメリット、デメリットをご紹介していきます。

転勤族が持ち家を子供が小さい時に購入するメリット

転勤族という言葉を除外して考えたメリットを含めてご紹介していきます。

まず1つ目は、物件購入が新築だった場合のメリット。

それは、価格が将来より安く買える可能性が高い事。

資材高騰化

消費税

(ゼロ金利政策)

資材と消費税だけでも、100万円以上の単位が変わってくるのが、住宅市場。

よって、負担金をできるだけ下げた合計額での持ち家購入を可能と出来る。

この点をまずはメリットとして伝えておきたいと思います。

2つ目は、家計への計算のしやすさ。

子供が小さい時の方が習い事を含めても、やはり家計的には、軽い。

当然、住宅ローンの支払いを考えても、当然ながら、貯金を含めて計画がし易いのは事実。

こうした支払い面でのメリットも当然有ります。

3つ目は、子供と奥さんの生活の安心感。

これは、あくまでもお子様が小さい時、賃貸生活との比較で見ている視点でもあります。

子育てをする上で、持ち家であることの安心感は、私自身も強く実感しています。

生活の基盤を作るというのは、住みやすい家があること。

この視点を一緒に住む環境があればこそ、メリットを感じる事ができるのです。

では続いて、デメリットをご紹介していきます。

転勤族が持ち家を子供が小さい時に購入するデメリット

当然ながら、このデメリットに値する典型例は、単身赴任時の住宅管理。

家族一緒に転勤先の住居に移れば、住処はどうすればいいか悩みが発生する。

家族一緒に転勤先に移らない単身赴任を選択すれば、子供の精神的ストレスに繋がる。

この2つは、お金に変えられない家族の絆になっている部分だと言えます。

2つ目は、子供の将来性への制限。

子供が小さい時に、自分たちが住みたい地域に持ち家を買う。

しかし、転勤族であるからこそ、新しい地でのメリットデメリットも経験しやすい。

本当に住みたいと思っていたはずの立地が、転勤族生活の中で価値観が変わる可能性もある。

こうなると、子供の為と思ったはずが、子供が小さい時に考えていなかった進路の選択圏を狭めた結果になる。

このような失敗後悔しやすいデメリットも存在するのです。

では続いて、子供が大きくなったと判断する年齢は何歳程度かをご紹介していきます。

 

転勤族の持ち家は子供が何歳位が理想?

転勤族で子供が居る。

成長過程の中で、小学生になったし、そろそろタイミングかも知れない。

このような事を考えていらっしゃる方のために、子供の年齢的に考える理想をご紹介していきます。

子供の年齢で持ち家を転勤族移動中に考えるポイントは法的視点!

子供。

この表現に該当するのは、未成年者なら、親権者として親が考える時期は大学生も入ります。

しかし、子供の成長のタイミングと転勤族であっても寂しい等の思いをさせないことを考える理想は、法的視点が理想。

その年令は、15歳。

根拠は?

離婚をした時の親権に対する子供の意見を反映できる年齢であること。

この年齢を超えて居る状況では、以下のような選択の意志も見受けられます。

  • 住みたい場所。
  • 単身赴任への理解。
  • 進路希望と該当地区の相談。

このような内容が、漠然とした中でも、全く意思決定のない子供も少なくなる年齢と言えます。

つまり、この年齢で、親が居ないと寂しい。

このような精神的ストレスを与えるリスクは、小さいときよりかなり軽減することも考えられるのです。

よって、子供の成長や精神的ストレスケアを考えるなら、出来るだけ15歳を目安に持ち家計画を検討する。

これが、理想になるのではないでしょうか?

子供の年齢より持ち家を転勤族移動中に考えなければいけない人もいる!

このケースは、当然住宅ローン審査に影響する部分。

持ち家の購入出来る年齢的制限はありません。

しかし、住宅ローン審査上では、80歳という年齢制限を設けてる銀行が多いことも事実。

すると、結果的には、買える時に買わなければ、頭金を必死に作り上げるしか方法がない。

このような結末になるケースも多いのです。

15歳までの子供の成長を待ったら、自分はもう45歳。

この年齢より上回るケースも当然晩婚化が進む現代になら、容易にあります。

その場合は、頭金を作り、80歳までの残された年数で支払い可能な住宅ローン審査を受ける準備をすすめる。

これが、問題点となります。

その時期に、まだ住処として期待できる場所が決まらなかったら?

そうなった場合は、引退後の退職金を活用した住宅購入を選択することの方が失敗が無いかもしません。

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

他にも、持ち家を購入する夢に着いての悩みは、持ち家購入の一戸建て購入準備まとめにて、資料請求からいろいろな随所に検討しなければいけないポイントをまとめてあります。

持ち家という考え方についての不安や悩みについては、持ち家購入に多い悩みまとめにて、転勤族の他の悩みを含めてご紹介しています。

興味がある方は、あわせてお役立て下さい。

このページを最後までご覧いただきありがとうございまいた。

 

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

324人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ