アフィリエイト

アイランドキッチンの後悔|デメリットや使いにくい声の実態

スポンサーリンク

アイランドキッチン失敗後悔について、このページをご覧頂き有難うございます。

アイランドキッチン失敗後悔が気になる方の中には、こんな悩みも多いんです。

アイランドキッチンは初心者には使いにくいの?

アイランドキッチンの後悔に収納は入ってる?

アイランドキッチンとはどんなタイプ?

想像から名前に憧れを持つ方も大変多い新築一戸建て間取り相談中の状況。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔を体験してほしくないという思いから,購入体験,現場で培った知識を各記事でご紹介してます。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

システムキッチンを選ぶ際に、形を希望される中にアイランド型というタイプがあります。

この記事では、アイランドキッチンについて、後悔原因として注目しておくべき使いにくいデメリットを以下の内容でご紹介しています。

アイランドキッチンとは?形や特徴

アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチンの使いにくさと失敗後悔の関係性

アイランドキッチンを採用する際の選び方のコツ

以上の内容でご紹介しています。

あなたの憧れと使いやすいキッチンを作る事がつながっているのか?ご覧ください。

スポンサーリンク

アイランドキッチンとは?形や特徴

アイランドキッチンとは特徴

スポンサーリンク

アイランドキッチンとはどんなキッチンなのか?

特徴はどういうところなのか?

初心者の購入前の悩みについてご紹介していきます。

アイランドキッチンとは?どこが最初のメーカー?

アイランドキッチンとはアイランドつまりは、「島」のように存在するキッチンのことを言います。

島である配置から、当然ながら、メリットも想像がつきますよね?

でも、このアイランドキッチン、どこのメーカーが最初の採用したのか調べてみました。

すると、トーヨーキッチンが日本で初のアイランドキッチンを2001年に発売したのが始まりです。

アイランドキッチンをあなたが町の中で見かける光景があるとすれば、「料理教室」が解りやすいと思います。

キッチン1周すべてを人が囲える形。

これが他のシステムキッチンにはない最大の特徴といえると思います。

しかし、このアイランドキッチン、決してメリットだけとは言えないのが現実。

アイランドキッチンのデメリットをご紹介していきます。

 

アイランド型キッチンのデメリット

アイランド型キッチンデメリット

アイランドキッチンのデメリットとはどういう点なのか、についてご紹介していきます。

アイランドキッチンデメリット1小さな子供のいる家庭には怖い

当然ながら、アイランドキッチンは、両方から行き来できる事が最大のメリット。

しかし、逆を言えば、お子様が2名以上いる場合は、どちらからも来られる事で、常に両方に意識を配る必要が発生します。

特に、コンロやIHを配置した方での調理の際は、かなり注意が必要

根拠は?

・死角に入ったお子様に気付きにくい。

・配膳に向かう際、衝突のリスクが高い

→熱い鍋などを持ち歩けば、大やけどになる可能性もある

・子供が両方から出入りすると、調理の身動きがとりにくくなる

このような事故を招かないように細心の注意をはらう必要が調理中にも食器を片付ける時にも必要になります。

アイランドキッチンデメリット2子供の遊び場?

まさに子供の遊び場には最適な一周ルート。

キッチンを独立させたつもりが、遊び場としての独立場所になる可能性が高いのです。

子供がアイランドキッチンに行けば、おとなしくないお子様なら間違いなく、追いかけっこを始める配置

子供がもし、危ない物を持ち歩いたり、落としてほしくない物も持ち歩いたりしていたら・・・

私には正直、その環境に耐えられるほどの気持ちに余裕はありませんでした。

よって、子育ての中でも、小さな子供が居る家庭におけるデメリットは非常に大きいと思います。

アイランドキッチンデメリット3匂いの問題

アイランドキッチンを選ぶ事で損をしやすいのは、キッチンの換気扇配管も大きな影響を受けます。

キッチンのにおいが抜けずに広がるのはあなたは許せますか?

正直、においの逃げ場所が多くなるアイランドキッチンですから、におい対策は大変になります。

だとすれば私はかなり勿体ないと考えます。

特に、匂いが広がりやすい料理をする方は、独立型なんてもうこりごりなんて意見も聞いた事があります。

やはり換気対策は、家全体に広がるリスクもありますから、ぜひ慎重に選んでください。

この他にも、アイランドキッチンは油はね対策が大変?という課題もご紹介してますので、小さなお子様がいる家庭はぜひ注意しながら検討してみて下さい。

アイランドキッチンのデメリット4.コスト

アイランドキッチンを検討する上では、キッチンのコストも大きな課題の1つ。

コストの課題では、以下のような特徴も有ります。

・ハウスメーカー,工務店を含めて、標準工事になっている事はほぼ皆無。

・アイランドキッチンの設置と換気扇はセットで使えない環境もあり得る。

⇛大きさや配置だけではなく、コストの割高感との闘いが必要な新築キッチン選びになる。

このような理想を現実的なコストの壁を無理に超えると見えていなかったリスクに失敗後悔をする。

こんな事にならないために、まずは費用対効果という見方をしながら、少しでも家族にとって使いやすいキッチンを選ぶことを強くおすすめします。

では続いて、アイランドキッチンの使いにくさについてご紹介していきます。

 

アイランドキッチンの使いにくさと失敗後悔の関係性

アイランドキッチン使いにくい

アイランドキッチンの使いにくさについてもご紹介していきます。

アイランドキッチンの使いにくさが生む失敗後悔1.収納OR食洗器

正直、アイランドキッチンを採用して、さらに食洗器も収納も満足できる家の大きさを確保している方は圧倒的に少ないと思います。

新築の一般的なサイズとされている210cmのシステムキッチン。

しかし、このシステムキッチンをアイランド型にすれば当然ながら、収納引き出し1列分は失われます。

結果的には、食洗器又は収納を選ぶ事になりかねないのです。

使いやすい家つくりにあなたが欲しい収納スペース確保を優先するなら、

アイランドキッチンはサイズ確保が出来なければかなり使いにくくなる可能性があります。

十分注意して選んでみて下さい。

アイランドキッチンの使いにくさが生む失敗後悔2.リフォームへの不安

アイランドキッチンを選んだ後、またリフォームをするとします。

アイランドキッチンは、まだ発売されてからの規格が家のサイズに合わせる意味ではまだまだ需要の偏りが見られるのが現状。

もし、あなたの取り付けたサイズが廃盤になってしまったら。

この場合、以下の注意が必要になります。

・小さくなれば、使いにくくなります。

・大きくなれば、工事費用は、一部の解体分が多くなります。

あまりリフォームは考えたくないですが、必要に応じた変更をせざるをえない時、かなりリスクと不安との戦いになると思われます。

アイランドキッチンの使いにくさが生む失敗後悔3.家事動線

なによりアイランドキッチンは、収納の代わりがかなり他のスペースで取られます。

短いタイプを選択すればなおさら、他の面積で収納寸法として必要となります。

つまりは、他の収納スペースを確保出来ても振り返り作業が増える配置となってしまいます。

これでは、家事動線としてはL字の方がまだましな場合もあります。

ぜひ一度、以下の状況を再確認してみて下さい。

自分の現状の収納量の寸法。

さらにこんな悩みもあります。

アイランドキッチンの収納量

その他の配置イメージ

このような視点を固めてからの検討を進める。

こうして対策をとっておくことをお勧めします。

以上が私がこの記事でご紹介したかったアイランドキッチンへの考え方になります。

どうしても採用したい理由はあるのでしょうか?

私が唯一お勧めできるのは、自宅でたくさんの大人で料理教室や共同作業を行う空間としてシステムキッチンが欲しい。

この考え以外に使いやすさを感じる方は少ないと思います。

アイランドキッチンの使いにくさが生む失敗後悔4.建具等の問題

新築一戸建てキッチンに初めてアイランドキッチンを使う際には、これまでのキッチンとは全く違う環境想定が必要です。

・窓の配置又は勝手口の選択。

・掃き出し窓を採用する時の視線対策。

・カーテン配置(油はね対策をどうするのか?)

・壁紙クロス選びやメンテナンスコスト(清掃道具や手入れの手間)

・ダイニングスペースがアイランドキッチンの幅と合わなくなる時の想定。

・エアコンなどの聞きやすさに対するリスク(窓による熱の出入り)

・ダイニングを隣にすると片付けはかえって遠くなるリスク。

このような間取り配置だけでも迷うキッチンがさらに難しくなります。

よって、想定すべき範囲が広すぎて結果的に使いにくいというデメリットになってしまいます。

システムキッチンにどうしてアイランドキッチンは必要なのか?

この点を再度よく検討してみて下さい。

私は個人的な見解では、正直お料理教室や大人だけが使うキッチンでない限り、正直アイランドキッチンの本来の良さは体感しにくいと考えます。

最後に我が家が新築一戸建てにアイランドキッチンを採用しなかった理由をご紹介していきます。

新築キッチンにアイランド型を採用しなかった理由体験記

我が家では、アイランドキッチンを妻が検討していく事はありませんでした。

しかし、展示場に足を運ぶと、目にする機会は当然ありました。

偶然ですが、やはり案の定という想定が目の前に広がった瞬間に、妻はアイランドは無い!と口にしました。

子供がまだ2歳という状況だった事もあると思います。

アイランドキッチンを見た瞬間に、「かくれんぼ」という連想が始まったんです。

やはり子育てをしていく妻にとって、子供が居るいないは、生活の大きなストレス。

「目を話した隙」、この言葉を脳裏に抱いたそうです。

「壁でもガラス戸でも関係ない、アイランドキッチンは危ない!」

この言葉を展示場1つで結論付けた妻。

何もいう必要がなかったのは、良かったのか悪かったのか。

しかし、子育てをこれから控えるママにとっては、理想の間取りとは少し違うとイメージが伝わってきました

あなたのより使いやすいシステムキッチンが選べる事を願ってこの記事を終わりたいと思います。

この他のアイランドキッチンについての失敗後悔注意点については、

アイランドキッチン悩みまとめ

にてご紹介しています。

アイランドキッチンの収納,寸法,カウンター,レンジフード等についてはまとめから各記事で参考にして下さい。

このほかに私が新築キッチンについて、知っておいてほしい収納や床材、間取り配置などの情報については、

キッチン悩みまとめページ

にてご紹介していますので、あなたの見忘れがないかチェックしてみて下さい。

最後までご覧頂き有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ