アフィリエイト

新築玄関暗い失敗後悔対策おすすめアイデアWEB内覧会画像付

新築一戸建て注文住宅なのに玄関が暗い!失敗後悔対策おすすめ工夫体験記

新築玄関なのに暗い

スポンサーリンク

こんな悩みに悩むと毎日朝出かける時も、帰ってきた時もテンションが下がってしまいますよね?

サイト管理人 2時パパニッキーです。

この記事では、新築で暗い玄関にならないためにおすすめの対策法として、我が家の実例画像を掲載しながら、

新築玄関が暗い失敗後悔になりやすい原因

新築玄関が暗い失敗後悔対策になっていない工夫やアイデア

新築玄関が暗い失敗後悔対策におすすめの工夫・アイデアWEB内覧会実例画像付

以上の内容でご紹介していこうと思います。

新築玄関を明るく生活しやすい家作りにするために情報収集の1つとしてお役立て下さい。

スポンサーリンク

新築玄関が暗い失敗後悔になりやすい原因

新築玄関暗い失敗後悔原因

新築玄関における暗い明るさにおける失敗後悔の原因となりやすい要素をご紹介していきます。

新築玄関が暗い原因1.インテリアレイアウト

新築玄関におけるインテリアは実に様々な要素からも暗いと感じる原因になります。

・壁紙クロスの選び方

・玄関収納の色

・玄関タイルの色

・玄関ドアの色

こうした内容からも、新築玄関が暗い原因は発生します。

全ての部屋にも共通する点もありますので、ぜひ注意点として気をつけて下さい。

新築玄関が暗い原因2.照明

新築玄関が暗い原因には、照明も大きな原因の1つ。

玄関照明が原因で暗いと実感しやすい典型的なパターンは、2つ。

・間接照明でおしゃれを演出する配置

玄関の広さに合わない照明ワット数

照明は、1つ1つの明るさの届く範囲とスポット部分に感じる明るさの2つの要素で選ぶ必要があります。

ですが、

照明を見た目にこだわることに優先するとどうしても失敗後悔の原因にもつながります。

ぜひ全体の広さとインテリアレイアウトを意識した人の目線に有効な照明配置を考えておきましょう。

新築玄関が暗い原因3.方位選びのミス

新築一戸建ての場合は、特に玄関配置は、方位も重要な要素。

しかし、

この点については、配置できる状況も実際にはあると思います。

ですから、

方位については、必ず改善できる事でも有りません。

特に、西側や北西に玄関を付ける方は、少しでもこれからご紹介する工夫を心がけてみてください。

では続いて、新築玄関を暗い空間にしないために選んだつもりが対して変わらなかったというアイデアをご紹介していきます。

 

新築玄関が暗い失敗後悔対策になっていない工夫やアイデア

新築玄関暗い工夫失敗後悔

「新築玄関に照明や家具配置以外で暗い対策に取り入れたのに、効果が無かった!」

こうした典型的なアイデアや工夫をご紹介していこうと思います。

新築玄関暗い対策に効果が出にくい工夫やアイデア1.玄関ドアの採光窓選び

新築玄関における玄関ドアを選ぶ際に少しでも光を取り入れるために工夫したいために採光窓があるタイプを選ぶ方もいると思います。

しかし、

・玄関正面からの採光の見込みが少ない家

・玄関全体の幅が広い家。

こうしたタイプには、採光の度合いとしては、広がりにくいケースが多いです。

よって、

玄関ドアを採光にすることによる明るさ確保は正直、確実性が低いケースも有ります。

新築玄関暗い対策に効果が出にくい工夫やアイデア2.照明

暗いと嫌だから、照明の数を増やしてみたのに、全体的には暗い。

この様な新築照明を選ぶ際の光の広がりについての考え方が少ないまま数で配置を変える工夫も暗い対策には繋がりにくくなります。

照明を使わなくても良くなる明るい玄関を手に入れる。

この点を意識した私がおすすめする工夫やアイデアを我が家の実例画像を加えながらご紹介していきます。

 

新築玄関が暗い失敗後悔対策におすすめの工夫・アイデアWEB内覧会実例画像付

新築一戸建て実例画像WEB内覧会

我が家の実例画像WEB内覧会を使いながら、その他のケースでもおすすめの玄関が暗い対策をご紹介していきます。

新築玄関を暗い空間にしない我が家の工夫実例動画

私が実際に我が家の玄関窓や玄関タイルを撮影しながら、以下の内容をご紹介しています。

新築玄関にクリスマスツリーを飾りましたので、飾り付けを検討中の方も参考にして下さい。

・玄関の暗い対策に我が家が使った窓の工夫

・玄関の暗い対策におすすめのそのほかの窓の配置

・玄関の暗い対策にお勧めできない窓の配置

・玄関タイルの工夫から新築玄関暗い対策

・FIX(はめ込み窓)がある採光の感想

このような内容を私なりの考え方を含めてご紹介しています。

私がこの動画でご紹介しきれてない内容をいかに記載させて頂きます。

新築玄関を暗い空間にしないためのおすすめの工夫やアイデア

「新築玄関の配置が、双方に部屋を作った状況である」

このような窓を付けることも難しい環境の中で悩まれている方も非常に多いようです。

こうなると、玄関ドアの工夫にしか目がいきにくいのが現実。

私は、このような状況であれば、天井を吹き抜けにする選択を余儀なくされると思います。

その分2階の部屋スペースは当然減ります。

しかし、

玄関があまりに暗い状況になるというのは、

・自分たちが生活しやすい家作りからも遠ざかります。

・来客時の対応にも玄関先での応対がしにくくなります。

よって、

将来の玄関という新築中古を問わない家の中で、最初に見せる空間を少しでも明るい空間にしておく為に私はあえて、吹き抜け選択をこの記事ではご紹介したいと思いました。

将来的に、吹き抜けを塞げる状況も確認しながら、暗くなっても良い状況に応じた対応も必ずしておいて下さい。

でも、これからを過ごす家で、暗い玄関に帰る生活をするよりも、しっかり明るい玄関で生活する生活。

2階の部屋の広さと玄関の明るさ、どちらを優先にするのか?

かなり究極の選択になる方もいると思います。

しかし、

逆の意味で、2階のスペースが多少減っても構わない方には、この方法は少ない選択肢では有効です。

ぜひ、他角度から、改善策を模索してみてください。

あなたの生活しやすい明るい家作りが完成することを願っています。

この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ