カーテンレールおすすめの価格帯、機能、購入方法失敗後悔の原因

スポンサーリンク

新築費用カーテンレールで失敗後悔しないためのおすすめの選び方体験をご紹介しています。

このページをご覧頂きありがとうございます。

この他にも、新築カーテンについては、以下のようなコンテンツを用意しています。

新築 一戸建てカーテン費用相場

新築一戸建てカーテン費用コスト削減と交渉方法体験記

スポンサーリンク

新築カーテンどこで買う?体験記

新築カーテンどこで買う?通販は使わず最安値体験記

新築カーテン種類選び優先順位

新築カーテン種類の選び方で重要な3つの失敗後悔注意点

新築カーテンレールおすすめの選び方

新築カーテンレールおすすめは?リビング画像付体験記

新築カーテン購入時期と採寸

新築カーテンの購入時期や採寸はいつ?体験記

新築カーテン選び方節約成功体験記

新築カーテン選び方で失敗後悔が多い原因|体験記

新築カーテン色の選び方

新築カーテン色の選び方|インテリアコーディネートの考え方体験記

新築カーテン予算

新築カーテン予算優先順位や選び方失敗後悔対策

新築カーテン費用相場を知った上での賢い選び方

新築カーテン費用相場は?賢い節約術と購入術体験記

新築カーテンレール失敗対策選び方

新築カーテンレール失敗する選び方の原因や注意点

新築カーテンレールニトリの対抗店舗体験談

新築カーテンレールニトリ相談体験記

新築一戸建て購入注意点カーテンレール取付おすすめ店舗体験談

新築カーテン取り付け工事費用節約注意点体験記

新築カーテンとロールスクリーン

新築カーテンロールスクリーン選び方画像付|縦長窓編成功法

新築リビングカーテンレースのみ

新築カーテン選び方リビングレイアウト実例画像付WEB内覧会

新築カーテン,レール失敗後悔注意点まとめ

新築カーテン,カーテンレール購入法や時期失敗後悔対策まとめ

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。

私の体験は、以下のようなものがあります。

元住宅関連企業勤務経験者。

一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。

そして、以下のような経験をしてきました。

新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。

一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。

住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。

住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。

2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。

火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。

新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。

引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。

新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。

新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。

カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。

このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。

そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事では、新築カーテンレール選び方について、

新築カーテンレールおすすめの価格帯失敗後悔対策

新築カーテンレールおすすめの機能選び方失敗後悔対策

新築費用節約術カーテンレールおすすめの購入方法失敗後悔対策

以上の内容からご紹介していこうと思います。

ぜひあなたの新築計画の情報収集としてお役立てください。

スポンサーリンク

新築カーテンレール費用失敗後悔対策

新築カーテンレールおすすめの費用

新築カーテンというのは、意外に高いものだという印象を受けている方が多い昨今の打ち合わせ風景。

そんな中で、カーテンレールにかけるおすすめの費用相場についてご紹介していきます。

新築カーテンレールおすすめは上限3万円台|費用相場

カーテンを高いカーテンで選ぶことよりも、私は住みやすい家作りにするには、カーテンレールには投資すべき価値があると考えます。

根拠は?

・カーテンレールの機能で電気代節約も可能

・カーテンレールの耐重量がしっかりしていればカーテンを選ぶ選択肢は広げられる

・カーテンレールの取り付け交換不要なタイプを選ぶことは壁の補修工事防止にもつながる

最初に決めるカーテンよりも、取り付けの必要があるカーテンレールには投資すべきと考える元は、

メンテナンス(壁の修繕費用)

にも取替の際には、費用がかかることも意識しておきましょう。

この点から考えて、

・高機能

・飽きのこないデザイン性

・他のカーテンへの汎用性(耐重量)

こうした条件を加えても、3万円代でいいものが購入できると思います。

では、デザイン性の好みではなく、高機能とは何を意味するのか?についてご紹介していきます。

 

新築カーテンレールおすすめの機能選び方

新築カーテンレールおすすめの安い購入術

新築カーテンレールの選び方におけるおすすめの機能をご紹介していきます。

新築カーテンレールにおすすめの機能1 断熱性能

省エネ住宅が重要視されている現代におけるカーテンレールの役割はもうカーテンを吊るすだけにとどまらなくなってきました。

・カーテンレールが外へ逃げる熱を遮断する

・カーテンレールが外からの冷気を遮断する

・カーテンレールが余分な日差しを入れない密閉空間を作る

こうした配慮がされた高機能カーテンレールは、あなたの住宅をより快適させる1つの重要なアイテムと言えます。

カーテンレールトーソーの「コルティナ」ダブルタイプ

例えば、

トーソーのコルティナのような商品なら、外からの視野も全てシャットアウトできますので、夜間のセキュリティ対策も役立ちます。

機能は何のためにあるのか?

それは、

生活に役立つための要素をしっかりカーテンレールだけで果たしてくれる内容。

この意識で選んだカーテンレールなら、間違いなく長期間、インテリア的にも機能的にも満足して使えると私は確信しています。

ではこうした商品を少しでも安く満足できる購入をするための方法についてご紹介していきます。

 

新築カーテンレールおすすめの購入方法

私がオススメする最後の情報は、このカーテンレールを購入する方法です。

新築カーテンレール購入方法には充分気をつけましょう。

新築カーテンレールを購入する際には、以下の点が注意点。

・カーテンレールは購入するだけでは使えない

・取り付ける業者を選ぶのが問題

・取り付け時の保証確認も大切

・取り付けの時期の相談も大切

単純に施主支給すれば、全て問題解決というわけではないのが、落とし穴。

ぜひ、注意しながら、工務店やハウスメーカーと相談して決めていきましょう。

私達は、実体験の中では、ハウスメーカーでカーテンもカーテンレールも購入していません。

私達が実際に購入したカーテンやカーテンレール購入の流れについては、

私が実践したハウスメーカーを使わない取付工事完了までの道のり

にて、ご紹介していますので、併せて参考にして下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

あなたの新築カーテンレール購入計画がさらにスムーズにそして満足の商品に出会えることを願っています。

カーテンや照明など自分たちで購入して依頼するという方法はトラブルなどの備えも必要です。

新築照明施主支給

新築照明施主支給のリスクや注意点、金額交渉のポイント

それでは。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ