TSUTAYA光をおすすめしない3つの理由と比較検討すべき回線2021

スポンサーリンク

TSUTAYA光の評判、口コミが気になる!

家にWi-Fiがほしい人がインターネットを光回線で契約することを検討。

どうせなら、いつも利用している会社でついでに申し込みをした方が特典やキャッシュバック、キャンペーンもあってお得なのでは?

それは大きな誤解です。

今回の記事では、TSUTAYA光をおすすめできない明確な理由を3つ下記の目次でご紹介しています。

TSUTAYA光とは?特徴やメリット

TSUTAYA光をおすすめしない3つの理由

TSUTAYA光と比較検討すべきインターネット回線

スポンサーリンク

TSUTAYA光とは?特徴やメリット

TSUTAYA光のメリットや特徴からご案内しています。

TSUTAYA光の特徴

まずは初期費用。

回線の種類 フレッツ系の光コラボ
契約事務手数料 2200円
戸建て工事費 19800円
マンション工事費 16500円

続いて、毎月固定の月額料金。

戸建て 5200円
マンションミニ(4世帯以上) 4050円
マンションプラン(8世帯以上) 3339円
マンションプラン(16世帯以上) 3300円
さんねん割 -300円

上記の金額にプロバイダ料金は含まれておりません。

コラボ商品にも関わらず、プロバイダは別途費用が必要。

その価格は、戸建て1000円、マンションタイプは、900円と高いです。

利用するメリット

利用者には以下のような特典があります。

  • 動画の見放題が 無料(TSUTAYAサービス限定)

こんな人におすすめです

  • ツタヤでよくDVDやブルーレイのレンタルをしている。
  • TSUTAYAのサービスである動画(ドラマ、映画、アニメ)をよく見ている。

かなり偏りのある人のみにおすすめです。

 

TSUTAYA光をおすすめしない3つの理由

では、どんな点がデメリットやおすすめしないポイントになるのか?

理由1.カスタマーセンターが有料

サービス会社 内訳
光コラボ他社サービス 0120発信のフリーダイヤルで対応
ツタヤ光 0570発信:通話料発生

理由2.有料のルーターレンタル

住宅種類 費用
戸建て用 300円
マンション用 200円

多くの光コラボでは、プロバイダから無料レンタルが当たり前の時代に有償でのサービス提供になっているのは疑問。

理由3.契約期間が3年

光回線の契約期間は、多くが2年縛りの自動更新ありの設定になっています。

しかし、TSUTAYAのサービスは、基本が3年という1年長い契約。

引越しの際の移設費用や解約手数料等細かい点を確認しておくことが大事。

 

TSUTAYA光と比較検討すべきインターネット回線

正直、ツタヤ光を選ぶよりも他社の方がスマホのセット割があったからお得だった。

これが率直な感想だと思います。

戸建てプラン比較ポイント

TSUTAYA光 月額5200円
ドコモ光タイプA 5200円
auひかり 5200円
ソフトバンク光 5200円
電力会社系 5500円

上記は、最大速度1Gbpsで比較した際の一覧となります。

マンションプラン比較

TSUTAYA光 月額4050円
ドコモ光タイプA 4000円
auひかり 3800円
ソフトバンク光 3800円
電力会社系 3800円

上記は、最大速度1Gbpsで、ギガおトク割等の割引サービス適用時の最低価格でのご案内となっております。

キャッシュバックやセット割

TSUTAYA光には、キャッシュバックはありません。

さらに、スマホとセット割も適用されません。

上記の3つは、かなり大きい差があります。

月額1100円や1410円、2000円等の割引を1名につき対象となりますので、家族が3人、4人となっている場合は、割引額も相当な額になります。

基本はスマホ契約中のキャリアを軸に検討

戸建ての場合でもマンションでも集合住宅などの賃貸物件でも同じです。

スマホとセット割を適用させることが可能な回線契約を探す方法については、自宅でwifiを使うおすすめのネット回線選び方|ルーター比較では違う?にて解説しています。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

記事一覧

公式アカウント

このページの先頭へ