部屋の仕切りとドアリフォーム相談前注意点

スポンサーリンク

子供の成長に合わせた部屋のリフォーム相談が必要なタイミングもある。

受験シーズン。

歳の離れた兄妹姉妹の問題。

兄妹のように異性間でのプライバシー配慮を求める声。

他にも使用する目的が新たに出てきた時、広すぎると思う部屋をあえて分離するという考え方もある。

しかし、当然部屋を2つに分けるということは、分離して誕生した部屋を利用する扉を用意しなければいけない。

実際に間仕切りを検討する時、注意するべき確認ポイントに関する情報は以下のような内容も書いています。

部屋の仕切り壁

部屋の仕切り壁はdiy?リフォーム?費用はいくらを想定?

子供部屋の間仕切りについては、以下のような記事も書いています。

新築子供部屋間仕切り失敗後悔|将来

新築子供部屋間仕切りタイプの選び方注意点画像付

新築子供部屋仕切り失敗後悔の原因

子供部屋間仕切り失敗後悔注意点使用体験者の感想

私のサイトは、不動産住宅物件探しから購入後まで失敗後悔をしないための各種注意点や事前に検討しておくべきポイントをご案内しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

限られた幅に合わせて扉を規格商品から選択する。

この時には何をチェックしておく必要があるのか?

リビングからの続き間だったり、2階のプライベートスペースの改良などを考える時の簡単な方法を含めて以下の項目でご紹介しています。

部屋の仕切りドア検討のポイント

部屋の仕切りドア設置後後悔注意点

私も実際に実家で仕切りをどうするかという話しから、いろいろ模索した時がありました。

しかし、天井の高さがあるという事から、安易に壁やパネルを設けることを止められた。

アコーディオンカーテンやで対応するという結末に至った理由を含めてご紹介しています。

部屋の仕切りドア検討のポイント

部屋の仕切りドア

実際にリフォーム等の検討する上で重要なのは、3つあります。

  • 天井の高さ
  • 壁から壁の幅
  • 扉周辺のインテリア環境とドアの開閉の向きやタイプ。

上記3つを考慮しないと何も進みません。

建具選びに注意するべき点

近年は、引き戸や片開きドアなどさまざまなタイプの扉があります。

しかし、引き戸にするにはレールの動きの確保として壁にスペースが求められる。

片開きは、埋め込み式のドアストッパーを配置する事や開閉サイズに伴う周辺の収納等の設置上の確認が必要。

部屋の仕切りドア設置と室内環境

家事室やパントリー室をオープンタイプの間取りで家を建てた人もいる。

この空間に誇りやニオイがこもることが嫌で空間を区切ることを検討。

こうした場合に、単純にその先の仕切った中の空間の温度や湿度はどうなるのか?

窓がない部屋を作っていたら、風の通りがほとんど遮断された室内に変わる。

環境的にも機能的にも部屋を区切った先には何用のスペースとして使うのか?

この使用目的によっては、ドア以外の条件の方が良い場合もあるのです。

 

部屋の仕切りドア設置後後悔注意点

部屋の仕切りドア失敗後悔

具体的に、仕切りドアを用意したのに、もっと簡単で安い対応をしておくべきだったと悩む事例をご紹介していきます。

インテリアにこだわりすぎた苦労

実際にパントリー用の扉を設置する検討者に多い悩みの1つにその入り口の壁がどのようにデザインされたのか?

この点でアーチ状や変形タイプを採用しているケースも最近は多い。

ヨーロピアンスタイル等のサイトを参考に下室内では、簡単に室内にドアが設置できるような幅と奥行きの設計になっていない事もある。

あくまでシンプルに素通りする生活を求める空間に適した設計。

このような環境に、パーテーション等を使って空間を隔てるとなると、以下のような検討を必要とする場合がある。

  • ドアの規格に合わせた壁の追加工事
  • ドアノブを含めた出っ張りと開閉時の衝突への配慮。
  • 扉を開けた時の出入口の有効な幅と生活に必要な条件の不一致。

上記のような内容は、他の部屋の室内でも同じような事が考えられる。

リフォーム費用目安の検索が難しい

あくまで各家庭の個別注文で行う工事。

価格として比較検討するのも難しい。

トイレのドアのようにある程度各家庭のオーダーが似ているような建具なら注文する時の資材の型番や工賃で価格を比較しやすい。

しかし、レールなども特に部材は同じような内容を使用した工事が見つからない。

このような時には、たとえガラスやスクリーン1つにしてもその使用に伴う価格のチェックが簡単にできない。

あくまで言われるがままの部材から関連の色などをチェックする程度で費用はお任せ状態。

このような流れから実際にはデザイン性の割には高いと感じてしまう人も実際に多いのです。

ドアの厚みと部屋の影響

ドアを設置するためには、単純に周辺に壁を作る。

この時に仕切った双方に多少の厚みの分の圧迫感が生まれる。

安全を考慮するなら、できるだけ標準とされるドアの厚みにあまりがあるくらいの壁を用意したい。

しかし、間仕切り程度がほしいだけで部屋はあまり大きくしたくない。

このような点を考慮して探しても結果的に以下のような点を犠牲にするしかない。

ドアの厚みは、防音の効果半減につながる。

楽器などを使用したいという目的には効果が期待できない。

突っ張りなどと違うあくまできちんとした工事をしてもらったはずが、目的に対して何も効果がなかった。

このように仕切る目的に対して結果が伴わないという悩みを持つケースがある。

実際に自分たちが最近の生活に悩む部分とリフォームした後に快適さを求めたい点は明確にする。

やはりドア替わりというのは、なかなか難しい。

簡易型を選ぶということは、場所をきちんと仕切ることが難しくなる。

ドアの代わりが必要を考えるなら、色々な点で諦めるべき部分がある。

ある程度慎重に探して、きちんと費用は高めに設定しておく。

こうしないと本来の目的にたどり着けない中途半端な工事で終わってしまう可能性があります。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

カテゴリー

このページの先頭へ