スポンサーリンク
住宅ローン生活。 返済を必要なローンがある事は多い。
  • 車。
  • 家電。
  • 教育ローン。
今どうしても必要になる事もありますよね? 車検が来た。 家電が故障した。 収入と返済という時に、人は家の中で多くの内容にお金を必要とする。 当然、住宅ローンを組んだ時には、夫婦でよく話をした末での決断をしたはず。 金利、合計の額、家計の維持費。 今組んで無理が無いか? 過程を養う事も考えて、仕事に車を通勤で使う人も地方の暮らしではまだまだ多い。 家を買うということは、ただ単に頭金を払い、住宅ローン審査に通過したらそれで終わりではない。 将来に貯金もしなければいけない。 自分たちの夫婦の仕事に何か変化(妊娠、出産を含め)を迎えた際にも支払いの額に怯えない計画が必要になります。 この時に、いったいどんな情報を実際に組む前に知っておくべきだったのか? そして、今まさに支払いが開始した段階での夫婦の頭を悩ませている段階なら、どう家計を守り、家族を幸せにするために取り組むべきなのか? 現在住宅ローン返済中であり、子供がいる環境だからこそ伝えられる視点でご紹介をしていきます。 住宅ローン生活苦しい課題について、このページにご訪問いただきましてありがとうございます。 あなたは銀行からの借入可能額を過信していませんか? 住宅ローン借りすぎた人の特徴 住宅ローン借りすぎた後悔原因|給料に対する割合を間違えた悲劇と現実体験記
スポンサーリンク
住宅ローン貧乏地獄のリアルな声 住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇新築分譲マンション購入体験ブログ 住宅ローンで生活苦になった人のブログ探しという視点でもご紹介しています。 住宅ローン生活苦ブログ注目ポイント 住宅ローンで生活が苦しいブログから学ぶべき現実と失敗対策 住宅ローン大変ブログを見る時にも注意点があります。 住宅ローン大変ブログ閲覧ポイント 住宅ローン大変ブログで見抜く現実と対策準備 住宅ローンボーナス払い払えない 住宅ローンボーナス払い払えない時誤解注意点 住宅ローンボーナス払い払えない時やってはいけない事とすべき事 ローン月々いくらなら苦労しないのか? ローン月々車と家の購入後の返済 ローン月々いくら?住宅購入前の見直し方計算式に多い失敗後悔体験記まとめ 自分の暮らしを守る。 自分の家族を守る。 こんな感じの男らしさが毎日の生活で伝わる何かがあったら、カッコイイ。 仕事をして、休日には家族でお出かけ。 我が家がある感じの生活。 あったらいいなをようやく手にしたあなたに、今後の将来を不安にさせている今の毎月の預貯金と支払い計画。 残債もまだまだたくさんある。 そして、子供に必要な費用も年齢が低い子にも必ず何かしらある。 そうした生活の中でも住宅を維持するために必要な意識を以下の項目でご紹介していきます。 住宅ローン生活苦しい人の共通点 住宅ローン生活苦しい人の誤認 住宅ローン生活苦しい時最悪行動 まずは、自分の年収と毎月の支払いを完全に把握することが最優先。 そして、今後の生活の中でも毎月のマイホームの維持管理。 結婚した後の教育に必要な事への準備も考える計画を立てる。 この2つを節約という方法も含めてご紹介していきたいと思います。
スポンサーリンク

住宅ローン生活苦しい人の共通点

住宅ローン生活苦しい人の共通点 子供がいる。 この条件だけが、マイホーム購入後の住宅ローンが苦しい原因ではありません。 今の時代は、バブル期に住宅ローンを組んだ人もまだまだ多い時代。 更に、この世代の方がかなり厳しい生活を余儀なくされている結婚生活を送るケースが多い。

住宅ローン生活苦しい共通点1.バブル期

住宅ローン生活苦しい共通点1.バブル期 住宅ローンを毎月支払う中で相談をする事も今はもうなすすべがないかもしれない。 こんな言葉を思っているだけでなく、行動したうえで結論を出している共働きの50代60代も非常に多い。 なぜか? 単純に、バブル期世代の高い金利の頃に住宅ローンを組んだ人たちが今まさにかなり厳しい状況になっている。 当時は、今のような暮らしになるという想定は多くの人がしていなかった。 勢いではなく、当時の収入が急に途絶えるということを考えている人が明らかに少なかった。 しかし、現実は、思っていた以上に過酷な状況を生み出した。 会社が倒産する。 仕事を失う。 40代以降のリストラが始まる。 子供が増えて、教育に必要なお金はますます思っていた以上の金額になっていく。 いくら想定をすると言っても、特に誤算の関連情報として多いのが、固定資産税や介護保険などの保険関連。 これらは、住宅ローンを組んだ頃には存在している事ばかりではない。 少子高齢化の時代が来るということを子供たちの学校のクラスの人数を見ても、不安を持つ人が多い環境ではなかった。 このような状況に、実際結果として、節約が不可能な状態で物件の維持を余儀なくされている上での苦しい生活を送る人も多い。

住宅ローン生活苦しい共通点2.情報源

住宅ローン生活苦しい共通点2.情報源 住宅ローンのゼロ金利。 この戦略により、より多くの家庭が、賃貸と同じような毎月の返済額でローンを組めると期待していた方が多い。 しかし、実際に、以下のような内容をシミュレーションの計算に入れるのを忘れていた結果、厳しい状況になっている人も多いと思う。 固定資産税 火災保険や地震保険の支払い。 時代の流れから過去の体験ブログ等をあてにしてる人も多いはず。 結果的に、2016.2017年の頃の計算で生活が似ていると思って、現在の自分の家の状況と繰り上げしたい金額なども似ている。 こうした事から、想定してる先に、何が誤算となるのか? それが、火災保険の値上げ状況。 現在は、5年、10年最長となってしまった。 結果的に、5年後、10年後の支出はかなり単月で見れば高い金額が忘れた頃にやってくる。 ボーナスが多く、貯蓄率も高い支出になっている状況であれば、影響も少なくいられるはず。 しかし、実際には、共働きが解消されていたり、人生の変化が訪れていると、途端にもう限界が近くなる。 よって、生活が苦しいと言ってしまいたくなる状況になるわけです。

住宅ローン生活苦しい共通点3.仕事事情

住宅ローン生活苦しい共通点3.仕事事情 当然、今の時代は、もう多くの方が転職という経験をしている。 住宅ローンを借りることが出来れば、後は他の会社に行っても大丈夫。 こういうわけにはいかないとその時には、考えていないケースが多い。 実際ボーナス分を加算として計上している場合、ボーナス時期の返済が、おおよそ10万円以上の条件になる事は当たり前になっていく。 この時、みんなこう口にする事が多い。 「次のボーナスまで耐えられるのか?」 この言葉の先に、生活苦という言葉が完全にしわ寄せを起こし始めていく。 完済。 この言葉が簡単に今払っている金額だけで、今後の計画を考える事が出来る人が利用している事はほとんどない。 妻が妊婦や子育て期間に入った時、夫の収入だけでやっていけるのかを考える。 この視点を審査に通るために計画を考える人が利用した時には、月々の計画だけに目が行きがち。 そうなると、どうしても今回のようなボーナスによるリスクが年数経過に伴って大きなひずみとなって表れる事もある。  

住宅ローン生活苦しい人の誤認

住宅ローン生活苦しい人の誤認 今後もしっかり自分の家として利用。 生活費も貯金も子どものために残したい。 何か先で大変にならないために今から出来る事を探す。 可能性のある対象になりやすい子どもの関連では何があるのか? 私も経験した事のある対象に対しての誤認をご紹介していきます。

住宅ローン生活開始直後の貯蓄

住宅ローン生活開始直後の貯蓄 住宅ローン審査前には奥さんが仕事をしていた共働き。 しかし、マイホーム購入後には専業主婦の暮らし。 こんな家庭も今は増えている。 しかし、この時の問題は、支出より、何に費用を使うのか? 共働き解消から、少し余裕があった時に家を買う。 借金がある中とはいえ、大学の時にまた教育ローンをするのは困る。 こんな家庭が、注目するのが、子どもの教育のための費用を貯めるために取り組む学資保険だ。 この学資保険は、借金ではない。 しかし、明らかに生活を苦しくしてる原因になっていると言える家庭も増えている。 なぜか? 住宅ローンを払い、自分の住宅購入後には、先ほども伝えたように現在の賃貸では支払う事がなかった費用がある事は決して少なくない。 当然、少なく見積もっても、月1万円程度は、加算されている状況の人が多い。 こうした中で、ボーナスが高いという時、マンション等を購入し、数年経過させる中で徐々に、学資保険の支払いが厳しくなっていく。 この様な事例が最近は夫だけが働いて収入を取ってくる家庭の場合は少なくない。 人生はもちろんあとより今の苦労の方が体力的に乗り切れると教えられている人も多いはず。 「苦労は買ってでも」なんて事を言われてきた世代が住宅を購入している。 しかし、その先にあくまで収入が減ったとしたら?はシミュレーションで出ているのか? あくまで、学資保険も計算の上では、15年後、18年後などの時期になってはじめて結果としてメリットを生み出す。 しかし、それまではある意味、ローンを払っている感覚と同じ結果になっていく。 みんな同じようなことを悩み、夫の給料だけでは不安と思った時、次になぜか次の出費で将来の蓄えを作る方に行ってしまう。 これでは、次の未来よりも今の生活苦をより厳しい状態に作り出す要因になりかねないのです。  

住宅ローン生活苦しい時最悪行動

住宅ローン生活苦しい時最悪行動 結果が出てからでは遅い。 貯金が減り、あとからまたお金を借りに行くなんてことは絶対に避けなけければいけない。 こんな状態になったら、計算の目途も返済の目安もなくなってしまう状態に陥ってしまう。 でもこうした時、なぜとか妻の立場からしたら、結婚したらこんなことになるなんてという子どもを大切にしたいと思った行動に悔やむケースもあるはず。 しかし、そんな時だからこそ、注意してほしい事がある。

住宅ローン生活が苦しい時の味方選び

住宅ローン生活が苦しい時の味方選び 結果的に、少しでも厳しいとか大変と言ってる間に出来るだけ負担の軽減などをふくめてアドバイスを求めたくなる人もいる。 しかし、その対象の選び方ひとつで事態は今後とても不利になっていく可能性がある行動もある。 それが、金融機関に今の払っている負担がとても厳しいと素直に伝えて、アドバイスを求めようとする動きを考える人。 なぜこの行動にメリットが無いのか? 単純に、住宅ローンは、審査ありきで、不動産を担保にした形で将来のリスクを考える対象の商品。 つまり、金融機関にしたら、しっかり今の金額をしっかり払ってくれる可能性だけを考える。 この状況に対して、思っている事をしっかり話すという答えが本当に意味を持つのか? その答えは、NO。 単純に考えて頂きたいのです。 高校や大学に通う親以外の人が、今の収入と生活の程度で、高く感じている現実を相談される。 この状態で、どうやって今後、負担の程度が高かくならない可能性を生み出せるのか? それは、ほとんどの人が存在するわけがないと答えるはず。 住んでからかかる維持管理費用の話もある。 修繕なども当然費用が掛かる。 今の勤務している先が、審査の前と後では、違う他の会社に転職していたと言われたらさらに条件は悪い話になっていく。 当然、保険をかけているので、銀行側は大丈夫と思われるかもしれない。 しかし、一戸建てであれ、マンションであった場合でも誰でも年齢を重ねれば、実際に出ていくお金も子どもの年齢の時期に合わせて、出費はゼロではなく、増加する。 結果、住んでいられない状況である時期が迫るということをカミングアウトしている状態になっていく。 この条件から、より自分たちに良い条件を引き出してもらおうと思うのは、いくらなんでも都合がよすぎる。 だからこそ、住む以上は、当然借り入れ元となる銀行に期待しすぎるのは、かなり危険な条件と言えるのです。
スポンサーリンク