住宅ローン審査50歳で通過させる優先順位

スポンサーリンク

引退後の夫婦二人で過ごす家を購入しようか検討する。

平屋やコンパクトな住宅を購入。

親の代から引き継いだ土地に家の建て替えやリフォームを行う。

さまざまな需要があるが、年齢が50歳という時にこれからの生活を考えて住宅ローンを組むというのはどうなのか?

退職金

残りの社会人人生

老後の貯金や生活費確保

現在の生活の維持と家を買った後の毎月の返済額に追われる生活を送ることを考えた時、後悔しないための注意点もあります。

住宅ローン審査を50歳で通過させるための優先順位をご紹介していきます。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔を感じてほしくないという思いから、以下の経験などを活かして運営しています。

元住宅関連企業出身者で100棟以上の物件に携わってきた経験

自らも新築マンション、一戸建て購入の経験をしたこと。

住宅ローン借り換えも2年目にして成功。

カーテン、住宅ローン審査、外構、火災保険などを打ち合わせで決めずに自らで調べた先で節約に成功。

今も家族で暮らすマイホームでの生活を無理のない身の丈に合う環境を手に入れることが出来たと思っています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、住宅ローン審査50歳で通過させる優先順位を以下の目次に沿ってご紹介していきます。

住宅ローン審査50歳の優先順位

住宅ローン審査50歳の返済計画

住宅ローン審査50歳の住宅検討

自分の家をどんな形で求めるべきなのかを含めて検討する上での比較材料としてご覧ください。

スポンサーリンク

住宅ローン審査50歳の優先順位

 

住宅ローン審査における50歳の申し込みに対して、優先順位を考えるなら、まずは以下の項目を念頭に考えてみてください。

  • 完済時年齢の上限金額を確認。(80歳まで、75歳までなど)
  • 現在の年収ではなく、年金想定額を確認の上で計画を立てる。
  • 退職金の有無の中で、定年時の残債計画を明確化。

この3つから考えていくと、年齢を軸として、10年又は15年の間に年間返済額を打ち立てることが可能。

その先の年金受給者になった際に、生活費を考えても、貯金の減っていく額が年金の3割以下に抑える計画になっているなら無難と言えると思います。

収入があるかないかよりも大切な事

50歳まで必死に貯金をしてきたという人もいる。

50歳まで子育てに追われ続けてようやく子供が成人になったという人もいる。

今の時代には、50歳がすべて子育てもしていない夫婦だけの自由な時間を過ごしているとは言えない。

私も50歳になった時にはまだ子供たちは成人になっていない。

こういう人生の中で、これから住宅ローンを組むとなったら、まずは自分の今の貯金の残せるだけの分は確保しておく必要がある。

若いときの完済計画と50代の審査の違い

20代30代の住宅購入の場合は、あくまで完済を定年前に終わらせることを目標にする。

しかし、50代になってから家のローンを組むということは、老後にどう影響を与えないようにするかの方が大切。

とにかく長くしても、無難に返済が継続可能な条件を作る。

この意識から、まずは毎月の返済額を低めに設定しておくことが審査通過の上でも大切になります。

 

住宅ローン審査50歳の返済計画

 

返済計画を立てる上で、意外と忘れている人が多い内容をご紹介していきます。

住宅ローン以外の昔と違う仕組み

ずっと賃貸生活をしてきた社会人生活。

50歳まで転勤族でずっと定住の地を手に入れることが出来なかった。

こんな状況から、家を買うことを計画する時に見落とす注意点。

それは、保険。

  • 団信に加入する際の審査に通るのか?
  • 火災保険などの値上げや5年又は最長10年で見直しをする返済計画。

まずはこの2つについては、2018年以降の住宅購入は35年一括払いのつもりで火災保険などを計画していると誤算になりやすい項目。

金額は些細でも、年齢を重ねて徐々に値上げをしていく可能性があることを考慮しておく必要がある。

まずは、年齢を心配しているなら、1歳でも早い審査申込が鍵であることを知っていただきたい。

 

住宅ローン審査50歳の住宅検討

 

50歳から住宅ローン審査を受ける上でもまずは物件を決める必要がある。

土地も建物も決まっていない時に住宅ローン審査の想定は出来ない。

  • 建物のメンテナンスをできるだけ老後に負担をさせない家づくり。
  • 一戸建てなら、外構などの雑草や塗装、コンクリートのひび割れなどのアフター費用。
  • マンションであれば、修繕積立費や管理費の上限額。

このような内容を見越した上での審査を受けるための対象物件を探す必要がある。

資産価値の高さと審査通過の可能性

物件的な市場価値の高いエリアは当然物価も高い傾向がある。

しかし、こうした場所の方が当然本審査などに進む際にも資産価値と申込金額に対して通過をさせやすい傾向もある。

少しでも年齢を短くさらに審査通過もしやすい物件を考えるなら、土地選びに慎重になっておくことも大切なポイントです。

以上の内容からまずは自分たちの住まいとするエリアや土地の住民税、固定資産税などの情報を含めて都市計画など細かな視点で老後を安心して過ごせる家づくりを計画してみてはいかがでしょうか?

もちろん、都市部では、資産価値の高い中古マンションなどを狙うのも1つ。

しかし、この場合は、値崩れと年齢という2つを考える必要がありますので、このあたりも慎重に検討する必要があります。

あなたが審査に通りやすい物件にたどり着けることを願っています。

 

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ