フラット35審査信用情報調査の流れとおすすめの準備や注意点!体験記

スポンサーリンク

住宅ローン審査に申し込みをする時に、やはり個人の信用情報という内容に自信がないという人も多い。

特に多いのが以下のような悩み。

  • 消費者金融などの借入の経験や延滞、遅延、滞納の過去がある。
  • 自己破産を5年、7年前に経験している。
  • クレジットカードの枚数やキャッシング、リボ払いなどを日常的に返済の方法で利用してる状況
  • 車、スマホ、家電など分割での返済を行っている期間である。

いずれの場合であったとしても、今の残債を一括で返済できないような状況になっている人も多い。

でもフラット35の申込はあくまで金融機関。

だったら、審査でチェックされる信用情報もまた違う方法を利用するのかな?

実際に住宅ローンに対して、手数料などの諸費用の資金も必要だからこそ、変に借入額を見られるのは怖い。

こんな人には、ある意味それは無理と先に伝えておきたい。

これまでにもフラット35審査について、以下のような内容をご紹介してきました。

フラット35審査申込方法注意点

フラット35審査期間日数は長い?落ちたら絶望的?申込方法には要注意?体験記

スポンサーリンク

フラット35借り換え

フラット35借り換え金利差額で太陽光設置!手間ゼロ成功法

フラット35住宅ローン審査が甘い銀行

住宅ローン審査が甘いフラット35|勤続年数1年で通った体験記

勤続年数は1年でも通過した人もいる。

でもその後の完済するまでの人生を考えたらしっかり35年の時間を考えておくべきだと私は伝えたい。

私のサイトは、新築一戸建て購入後に失敗後悔をして欲しくないという思いから以下の経験を活かし、情報を公開しています。

新築マンション、新築注文住宅の購入経験者。

新築、リフォーム含めて100棟以上の現場経験をしてきた体験。

住宅ローン審査で地銀、メガバンク、ネットバンク系など含めて計3回落ちた、通らないの返事をもらった経験。

銀行担当者から直接申込方法におけるポイントや通過した理由に驚きの話を聞いた経験があった。

新築カーテン、火災保険、インターネット回線、引越しなどを打ち合わせで選ばず、自分たちで調べた先に節約に成功。

固定資産税、住宅ローン減税、アフターフォローによる追加工事依頼なども経験してきた。

現在引渡しから4年を経過。

それでも専業主婦の妻からは今の自分の家の間取りや設備を含めて、これは十分満足のレベルだったといって貰えた。

家は豪華な事が重要なことではない。

インテリア、外構、駐車場など外観や内装を選ぶポイントも広さを狭い、使いにくいとならないための注意点も他の記事でご案内しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、フラット35審査で信用情報はどう注意をしておくべきなのか?について以下の項目でご紹介しています。

フラット35審査信用情報調査と流れ

フラット35審査信用情報のポイント

フラット35審査信用情報より重要!

自分の通らない、落ちた理由をダメだったときの連絡を受けた時には探している人も多い。

しかし、そもそもその問題の定義が確実に金融機関を問わない答えと言えるのか?

そして、自分は住宅購入の時に住宅ローンの条件などの相談を一体誰にしておくべきなのか?

このような内容を含めて決して良い事だけではない、悪い影響も考慮しておくべきポイントも体験からご紹介していきます。

スポンサーリンク

フラット35審査信用情報調査と流れ

フラット35審査信用情報調査の流れ

フラット35の審査基準を住宅金融支援機構公式サイトなどのページから確認している人も多いはず。

本や書籍を購入して必死に確認をしている人もいるのかもしれない。

しかし、そこに記された内容を確認しても大して自分が承認されない理由として注意したくなる内容は記載されていない。

フラット35審査信用情報精査の流れ

そもそもまずは、金融機関などで事前審査という流れが最初に行われている。

その中で、銀行内での承認がない人は、事前審査で落ちる。

この場合、よくあるようなcicとかKSC、JICC等の信用情報を調べるなんてことまで気にしても仕方がないのです。

むしろ、審査において、本審査に落ちたような人でも、個人情報を調べる事の方がリスクがある事も他の記事でご紹介しています。

住宅ローン本審査通らない理由や原因は調べるな!

この内容は銀行の担当者から念を押すような感じで教えてもらった内容。

ファイナンシャルプランナーが調べて良いと書いてあったなんて簡単に銀行にいるような中の仕組みを知らない資格取得だけした人の声を鵜呑みにするのは危険。

まずはフラット35でも変動、固定など金利を問わず、事前の審査では以下のポイントが重要。

  • 完済時年齢
  • 年収と返済負担率
  • 勤続年数や仕事の業種や職種などの属性
  • 購入した物件の会社

このような内容から、銀行が持つデータの中で、過去に似た案件の中で注意が必要な人なのかを記載された情報等を照らし合わせて確認をしている。

会社の内容に不安がある者は、いくら個人がしっかりしている内容を保有していても承認されないこともある。

住宅ローン通らないのが職種?属性という実態

上記内容は、私が全て審査を通過できない時私が大丈夫と思っていたことを全て承認を終えた後に銀行の担当者から聞いた情報。

きちんとした内容は、正直単純な部分ではない会社の関係なんてこともあるのが審査基準。

ただ記載を並べるだけの無料掲載情報とは違うリアルな体験者とはやはり違う点が多々あります。

十分注意していただきたいと思います。

 

フラット35審査信用情報のポイント

フラット35審査信用情報調査のポイント

フラット35だから何か通らない理由が違うのか?

この答えには、固定金利や変動金利のような金融機関の持つ視点とは確かに全く違う事があります。

しかし、これは個人情報には関係しない点。

まずはあなたの過去に何か通る前の不安な点が思い当たると思う時にはぜひチェックして欲しい内容をご紹介し得ち来ます。

現在の返済に関わる全ての情報をまとめる

正直、クレジットカードでもショッピングローンでも車でも家電でも何でもいい。

全ての総計算を再度以下の表にまとめておくことが大切。

※あくまで記載内容はよくあるような分野の内容をピックアップした情報。

契約会社 対象商品 返済終了月 借入額 月々返済額
スマホ 端末 2016年 5万円 8000円
車のローン 車両本体 2017年 300万円 28000円
服のローン 被服費 2018年 10万円 5000円
結婚式ローン 結婚式
披露宴
2019年 200万円 25000円
生命保険 保険 2020年 なし 掛け金
10000円

このようにデータをまとめます。

その上で、各種サービス内容から以下の点も診ておくことが大切。

  • 借り入れた総額
  • 現在の残債はいくら残っているのか?
  • キャッシングもリボも全てを記載してあるか?
  • 過去5年ほどを振り返り、契約書や完済証明書があるか?

この情報は、銀行も見ることも考えて、何もかもを記載することが大切。

その各項目の金額が実際に事前審査に申し込みを行う時ではなく、本審査における現在の借入状況の枠に記入をしていく事になります。

記載内容に不備があれば、別の内容がないのか慎重に検討されるようになります。

その分実際には必要事項の信用がないという点から、多くの時間がかかることも容易に考えられる。

フラット35審査期間は長い事が前提の覚悟

事前審査はそこまで変わりません。

しかし、本審査にかかる時間は、実際に銀行関連に申し込みをした時にはかなりの時間がかかります。

安易にランキングみたいな紹介をしている場所を鵜呑みにするのも危険。

実際に審査に通したこともない人が情報を公開している内容は諸費用を含めて、あまり関連事項を過信しないことも重要。

あえてみるなら、口コミできちんと、年収や年齢、物件対象(新築、中古)などの詳細が明記されている場合に限ります。

民間の申込みを受け付けている会社の場合は、あくまで事前審査に申し込みをした人の内容を紹介してるケースもあります。

前提とするのは、申込みから土地の査定額などの問題を含めて、1ヶ月はかかると思った方が良いと思います。

フラット35以外でも必ずチェックしておく項目

いくら落ちたという結果を経験してもその理由は開示されません。

登録されている情報をあくまで閲覧したのみ。

その情報にどの段階のデータが残っているのか?を含めて何も教えてもらえません。

だからこそ、あなたは、きちんと自分が転職した年齢や何月の退職などきちんとデータに反映する内容を明確化することの方が大切。

自分の勤める株式会社の文字が社名の前か後ろかみたいなことも単純に記載する情報の1つ。

仕事の内容についても、珍しい場合はみんなが知っているとは限らない。

この場合は、どうすれば自分の会社のデータが閲覧できるのか?

どの程度の情報がデータ化された状況で開示されているのか?

このような内容も詳細をきちんと自分の中で資本金や開業した時期まで項目ごとにきちんとまとめておくことも事前審査から本審査を待つ間にやっておくこと。

次の行動になった時に、何も詳細が分からないという人に最大の支援をしたいと思う人はいません。

きちんと、項目ごとにお金の管理だけでなく、仕事も情報をまとめることが出来る。

こうした点をある程度ではなく、きちんと個としても管理していく。

これが一般的な契約の書面を作る事にも非常に大切になります。

 

フラット35審査信用情報より重要!

フラット35審査信用情報調査より大切

フラット35で借入を開始した人でも金利の計画が間違えたと最近は、固定金利や変動金利に借り換えをしている時代。

人気やおすすめ、評判を鵜呑みにしない申込

2019年もフラット35の申込の人気ランキングやオススメなどを勝手にランキング化して紹介しているサイトも多い。

以下のような会社や銀行が良く紹介されています。

  • イオン銀行
  • Aruhi
  • 楽天銀行
  • みずほ銀行

このような場所が事務手数料もそれぞれ違いを紹介しながら開示されているサイトもある。

しかし、私は住宅ローンフラット35の申込の特性から書類の特性なども含めて、これから契約をする人に申し込みをする方法を紹介しているのは、第三者機関を使う方法。

これは、お客様となるあなたがやはり仕組みもあまりよくわからない状態での申し込みを余儀なくされている点が懸念要素。

さらに、1つずつの銀行に申し込みをするのはメリットがない。

一括で申し込みをしたからこそ私は3度目の正直で審査を通過できましたし、借り換えも成功しました。

このような事を経験したからこそ、1社に単体で申し込みするのはもう今後は仕組みとして計画としてもお勧めできない。

むしろ、待ち時間のロスタイムを考えたら正直メリットなしとも言える部分がある。

だったら、しっかりあなたの希望をフラット35、変動金利、固定金利全てを同時に申込できる方法の方が、年齢が早い段階で申し込みができます。

待ち時間が長く、今年の誕生日を迎えたなんてことがあったら損の度合いはお金の問題では解決できない問題になる。

住宅ローン審査基準年齢で運命が変わる?

この点からも、きちんと自分の出せる範囲の情報をデータ化しながら、まとめて一括での複数の銀行に申し込みを行うことが一般的にも認知が広がる事を願っています。

このページを最後まで読み進めていただきありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

新築間取り,住宅ローン,火災保険,外構等情報

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ