住宅ローン審査後消費者金融利用は安全?不利になる状況や条件注意点

スポンサーリンク

住宅ローン審査が終わるまでは大人しくしている方が無難。

住宅ローン審査後なら別にキャッシングや消費者金融からの借り入れをしても別にとがめられる事はないのか?

利用情報が筒抜けになることはもう住宅ローンの本申込をした時に気付いたという個人も多い。

しかし、あくまで融資が実行される前でのポイントが住宅ローン審査。

融資が実際に開始され、銀行に返済をするという段階になってから、カードローンの申込や消費者金融を利用してお金を借りるというのは個人の自由。

この答えの先に本当に困る事は無いのか?

私のサイト内では、これまでにも住宅ローンと消費者金融についてもご紹介してきました。

住宅ローン審査基準消費者金融優先順位

住宅ローンと消費者金融履歴|審査落ちた後でも通すコツ

カードローン1つでも個人にとっては、返済の必要な借入。

当然金額の高い安いを問わず信用情報へ金融機関がアクセスをすれば、その契約の時期も申込をしたん金利も返済期日も全て丸裸になる。

安易に住宅を購入してから金融機関以外の場所から借り入れをする必要がある内容に手を出すことは決しておすすめは出来ない。

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を含めて情報を公開しています。

新築、リフォーム累計100棟以上の現場を経験。

新築マンション、注文住宅両方の購入を経験。

住宅ローン審査に計3度落ちた、通らないという連絡を受けた。

住宅ローン返済開始後、2年目で借り換えに成功。

住宅ローンは、年収を問わず、借りすぎる事がない内容であれば、正直返済に困るとか払えないという事を心配する必要がないはず。

しかし、何か将来に注意しなければいけなかった事を見落としている点があると、一気にその状況は悪化。

家計は火の車になり、正直支払いが困難となっていく人も決して珍しくない。

自分名義の借金は決して年収の高い低いの問題ではない。

過去の自分が苦労した時の内容やポイントを含めて、まずは借りる理由を含めてきちんと判断する事が重要。

今回の記事では、住宅ローン審査後の消費者金融を受ける事への判断を以下の注意点でご紹介していきます。

住宅ローン審査後消費者金融利用リスク

住宅ローン審査後消費者金融利用の価値

正直、履歴に残る対象は費1つでも多く減らしておくのがベスト。

出来るだけローンをまとめるということだけでなく、借りるという事そのものを担保の有無を問わず期間や返済額を問わず考え直す。

そして、少しでも申し込みを必要としない生活の中に身を置くことが最善です。

住宅ローン審査後消費者金融利用リスク

住宅ローン審査後消費者金融
最も簡単な判断材料として提供するのは、将来の借り換え希望の申し込みに与える影響力。

住宅ローン審査後の申し込み時期

最近は、住宅ローンの借り換え審査を受ける人も増えてきた。

あくまで、ローンの返済は金利を含めた合計額を少しでも減らすチャンスがあれば、すぐにでも審査を受け、借り換えた方が得も多い。

実際に1年以上返済を継続した上で、残りの金額を期間を含めて他の銀行や金融機関で審査を受ける事は問われない。

実際に私も1度通過した状態から残債が残っている状態ですぐに審査を受けて、金利を含めた総額を予定通り下げる事に成功した。

このように家を買うという事は、今後も今までと同じような審査を受ける可能性はゼロではない。

つまりは、消費者金融の利用履歴は、この借り換えの審査を受ける時の信用に影響するわけです。

自分自身が1社でも借入を作る状態は、決して信用が増える者ではありません。

むしろ、なぜそのタイミングで組む必要があったのか?

家の返済をする以外になぜ複数からの借り入れをしなければいけないのか?

このような視点で、遅延、延滞、滞納をしていない状況でも決して良い印象を与えないのが最大のリスクだと私は考えます。

自動車ローンのような担保ありとの差

住宅ローンを通過させた後で実際には以下のようなケースが多い。

  • 家具家電の分割払いの借り入れ相談でローンが組めた。
  • 自動車ローンの審査も通る。
  • 自分が新しく借り入れをしたい内容も住宅ローンが通っている事で信用はある程度あるようだ。

このように、一定の枠の中でどんどん借り入れの件数の数を増やす申し込みを行っている人もいる。

しかし、この借入の枠はある程度本人の行っていく管理責任の中での計算であれば問題はない。

それでも、いざ自分が担当者になったらどうだろうか?

過去に通った返済額の合計と住宅ローンの返済額。

この2つを累計した先に、新しい申し込みを求められた側は、ますます厳しい状況を考慮する必要が出てくる。

1つ1つは、当然住宅の時の借入金よりは少ない。

しかし、累計して何度も借り入れが行われていたら、あっという間に数百万円の残債を抱えた状態になってしまう。

これは利息の心配よりも一度で完済が行われる可能性へのリスクとなる。

結果的に、借入金を作る事へのハードもどんどん大きな状態になっていく。

この影響をもろに受けやすい借入金申し込みは何か?

それが、教育ローンと言われている。

当然、子どもの教育費の対策として提供されているからこそ、特に審査が行われている中でも通りやすいと言われている。

しかし、このように、基本的な生活の中で毎回借り入れを前提とした生活を送る人には、基本的には信用が確実に落ちていく事が心配される。

結果的に、本当に生活の為に必要となった時にお借り入れやすくする状態を考える。

これが、最も将来の計画の中で、借り入れをする前に考えておくべき前提の条件と言えるのではないでしょうか?

 

 住宅ローン審査後消費者金融利用の価値

住宅ローン審査後消費者金融利用リスク

正直、基本的に消費者金融の利用による借入金を増やした行動を1度でも行えば、その人の信用は落ちる。

キャッシングはクレジットカード設定も同じ

結局は、今後の借り入れ方法で前提としてほしいのは、いかなる方法で借り入れをしても同じであること。

審査基準はそれぞれの会社の事情により異なる場合もある。

しかし、それぞれで払っていく必要が発生するのは確か。

この先に本当に借り過ぎという感覚はどこで求められているのか?

この答えが、借り入れ可能という現実の前では疑問すら思い浮かべなくなっていく。

だからこそ、知らず知らずのうちに自分が把握していない部分にも残りが出てくるようになっていく。

かなり悪質な場合は、本当に知らないという言葉を平気で口にする人も現れ始める。

これは、職業も問わない。

公務員でも看護師でも会社員でも関係ない。

結局は自己管理責任を怠ったという事実が利用歴として示される。

こおうい悩みを抱えてから、簡単に返済できないと言えるのは、ある意味開き直りという見方をされる事の方が多い。

金額はたった数万。

それでも申込みをしたのは間違いではない。

このような事実にしっかり自分がもし立たされそうになったら、アコムとかプロミスとか会社のもんだを抜きに、きちんと取引の履歴も事前に申し込みから完済までの予定をメモしておくことが大切。

そして、その事例ごとに完済までの遅延、延滞などの各不安を取り除く。

最も重要なのは、全ての借り入れに対して確実に全てを完済すること。

それができないという状況が誰の目から見ても明らかであり、決定的ななのは貯金が底を作るようなせ暮らし。

まてゃ、転職に失敗して収入がない事が簡単に分かってしまっている状態。

このような状況からは、以下に次から気を付けようとしても、もう今回の取引の残りが存在した時点で別の取引は厳しくなっていく可能性が高い。

信用情報が不安なら金融機関で借り入れ相談

正直、信用情報に対して、自分が借金をする事を不安に思うなら、ぜひ住宅ローンを借り入れした銀行に相談をするのが無難な方法。

なぜか?

その必要な内容や条件。

サラには、今の年収などを確認した上でフリーローンを組んだ方が、内容としても条件としても良い点がある。

結果的に、その人が自分の借り入れをしなければいけない内容にきちんと説明ができるなら、銀行も無下にはしない。

申込があれば、もちろん実際には金融機関も金額に応じた金利の歴を得る事が可能になるのだから。

しかし、金融機関でもその借入や購入する対象に対して疑問や返済遅延の問題を危惧される状態であれば、その後の生活にも契約にも影響を及ぼしかねない。

あくまで、カードローンを利用しようが消費者金融を利用して借り入れをしようが、個人は関西前の返済中の時は、債務者でしかない。

その金額に応じた条件というよりも、信用情報に多数の借り入れ額が存在する人。

これが何を購入するにも問題の認識がない。

このように判断されてしまう可能性がある。

きちんと、自分が社会人として、きちんと契約した金額を払いきることが出来る。

こう銀行に毎回内容や理由と返済ポイントを確認してもらった内容の方が実は融通が利きやすいとも言えるのです。

 

借り入れ方法で簡単なやり方

住宅ローン審査後消費者金融以外の借り入れ方法

住宅ローン審査を受けた後でのリスクの少ない借入方法を選ぶなら、住宅ローンを現座組んでいる銀行のキャッシング枠を利用する事の方がリスクも少ない。

なぜそう言えるのか?

銀行からしたら自分たちに見えない場所でこそこそ利用されるよりもきちんとカードローンやキャッシング枠を見える形で利用している時の方が安心も多い。

たったこれだけの申込の方法の違いが、今後の自分の困ったときの為の信用を壊さないための工夫になる。

だったら、少しでも長く付き合う事を前提として、きちんと相談があった方が得も金額の問題以前に安心があるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ