火災保険地震保険はいくら?補償と加入の価値の見極め方

火災保険の保険料がすごく気になる。

地震保険の保険料が意外と加入の内容や条件により契約の金額に影響していると思う。

建物の補償もほしいし火災や地震の発生も予想したり出来る事でもない。

構造による違いも建物を検討する時には知らなかった。

火災保険加入の契約について、地震保険の見積もりをして一括で出すにしてもどんな情報を確認していけばいいのか迷う人も多い。

木造、鉄骨などの構造上の違いから加算される価格の差。

家財や水災、風災、落雷、盗難などの細かな被害発生に伴う補償についての情報。

保険金の費用と補償額がいくらなのかの内訳。

マンション、一戸建てを問わない住宅に対しての保険。

自分の物件の条件や住まいの環境から高い安いだけで判断をしていいのか条件の見直しのコツは何か?

こんな内容を1年、5年、10年などの支払い期間を含めて現在の預金やローン返済も考えて迷う人は多い。

火災保険と地震保険はいくら?という内容について、このページにご訪問いただきありがとうございます。

火災保険については、以下のような内容もご紹介しています。

火災保険見積もり相場体験記新築一戸建て30坪地震保険家財付

火災保険値上げはいつから?

火災保険の相場はいくら?という視点について値上げ後の注意点もご紹介しています。

新築火災保険はいくらの保険料相場体験談2015

火災保険はいくら?選び方と相場新築一戸建て元保険営業の妻が懸念した注意点

実際に、妻はかなり色々な会社の見積もり書を片手に悩んでいました。

火災保険を住宅ローンとセットは損!体験記

火災保険見直し相談窓口選び方は要注意!

火災保険控除方法|年末調整と確定申告各体験記

火災保険の家財対象とは?必要性で見極めるコツ

火災保険に地震保険は必要?新築木造一戸建て購入体験記

新築一戸建て火災保険選び方注意点まとめ

火災保険新築一戸建て失敗後悔しない選び方

新築火災保険はいつからの悩みと答え体験記まとめ

火災保険保険料見直しを兼ねる上で、もう一度保険会社も見なおそうか?

「新築一戸建て購入時の火災保険加入を選ぶけど比較する方法が解らない」

こうした不安や疑問をお持ちであるなら、知っておくべき事があります。

火災保険の6大リスクを考えるコツ

この点を含めて、おすすめの比較方法をご紹介しています。

新築火災保険相場値上げ後の選び方注意点

火災保険6大リスクを紹介したおすすめの選び方

にて、今回私達が選んだ火災保険に最も大切なリスクの選び方をご紹介していますので併せて参考にしてみてください。

総合的に火災保険比較するなら、個人で調べるより、第三者機関を使う方法がおすすめです。

火災保険見積り比較おすすめの申し込み方法

にて、自分の選ぶべき6大リスクという最も大切な項目やおすすめの申込方法をご紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

火災保険の相場は値上がりを続けています。

火災保険相場はいくら?値上げ後見直しの注意点

こちらは、各地域の値上げの状況をご紹介しています。

火災保険を見積もり依頼という行動を起こす時の注意点もご紹介しています。

新築一戸建て火災保険選び2016

火災保険新築一戸建て失敗後悔しない選び方|元保険営業の妻が納得した会社

忙しい時間の中で、可能な限り情報と金額を照らし合わせ、数ある中から比較検討した中で最も自分の家に合う保険を探し出す。

新築、中古という環境を問わず相談はどこでも無料で受けられる。

しかし、適用する築年数における経年劣化など提要される時の程度の内容により設定も大きく違う。

よく基準の中での平均という情報を受け取ろうとする人も多いが単純に期間だけでなく、地域における値上げ率が大きく変わってきている。

よって、簡単に金額が安く済んだという感覚は詳細の設定も精査していないと分からない事が多い。

各地方自治体の制度の活用により建築における利用した材料への支援制度の利用などもあるかもしれない。

しかし、こうした場所も大きさも違う中での損害の懸念もする期間は圧倒的に長い。

だとしたら対象とする保険の対象範囲の設定も出来る限り受ける方が得策と言える。

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、自分の以下の経験を活かし、運営しています。

私の体験は、以下のようなものがあります。

元住宅関連企業勤務経験者。

一級建築士,内装業などの身内に囲まれた環境。

そして、以下のような経験をしてきました。

新築マンション、一戸建て両方の購入経験を持つ。

一度注文住宅のハウスメーカーを解約するほどの悲惨な打ち合わせの経験をする。

住宅ローン審査にメガバンク、第三地銀等3回落ちた経験を持つ。

住宅ローン審査を銀行相談を一切せずに通過させた体験者。

2017年に審査通過から2年目で住宅ローン借り換えに成功。

火災保険は元保険営業の妻に助けられ節約に成功。

新築祝いのお返しを専門サービスを使って満足ができた経験。

引っ越し見積もりも時期や会社との交渉スキルを学ぶ事で安くした経験。

新築インターネット回線もスマホ回線等の活用を含めてプロバイダ契約を含めてかなりの節約に成功。

新築購入後の固定資産税納税等の変化を見てきた体験。

カーテンや外構工事などは全て打合せで決めず、自分たちで独自に発注して節約に成功。

このように、住宅業界の中からも購入する側としても体験をしてきました。

そして、現場の知識を使った意識と新築間取りを自分たちも経験したからこそ伝えたい住宅購入における問題を抱えた時の解消法をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

2018年以降の火災保険には非常に便利な中身の良さが広がりを見せ始めている。

新築購入者によくある入居後の悩み等にも対処をしてくれる。

こうしたちょっとした違う部分をしっかり見つけ出して、付加価値から安いを見つけるのも方法の1つ。

この記事では、非常に簡単に見分けが出来るポイントを以下のような項目でご紹介しています。

火災保険地震保険はいくら?2018年の注目

火災保険地震保険はいくら?2018年見直し

まずは、年間の費用だけを見るのではなく、住まいが5年10年と変わりゆく前に事故や災害などの大きな被害だけでなく、家族の安全を守る。

このために何が必要なのか?

火災保険や地震保険は何が変わったのか?

こんな内容を比較する状況比較としてご覧ください。

火災保険地震保険はいくら?2018年の注目

火災保険地震保険いくら

住まいを守るための保険。

目安の相場は過去よりも確実に災害が増えたことから徐々に値上げを続けている状況。

当然これから家を建てる人が選んでいく中でも一般の住宅の会社の保障等も確認していただきながら、補足をしていく必要がある。

そして、実際に比べてほしいと思う2018年以降の特徴をご紹介していきます。

火災保険地震保険はいくら?の比較対象1.高額故障

最近は、新築に床暖房や暖炉など高額な設備を設ける動きも活発化している。

太陽光パネルも当然高額な一つ。

このような対象に対する保険は、これまではあまり存在しなかった。

あるとすれば、メーカーの保証がある程度。

しかし、最近の火災保険は、電気的、機械的自己特約」という存在も出始めている。

この存在も知らなければそのまま見積もりの価格のみに目を奪われるだけになる。

商品としての提案をしていただきながら何を確認し、どう質問をしていくべきか?

この中身が非常に大切になってきた時代と言えるのです。

火災保険地震保険はいくら?の比較対象2.セキュリティ

ホームセキュリティなんて言葉がもう現代の日本では浸透している。

昔は玄関を開けっぱなしでも安心してお散歩に出かけられたはずの時代があったのに。

今では賃貸ですら、しっかり施錠をする生活が多くの方に当たり前として染みついてる。

この中で、実際に風災、震災などの被害の保障よりも身近な問題もありますよね?

  • 水漏れ
  • 鍵を落とした
  • トイレが詰まった
  • 窓が開かない

このような悩みに対して、多くの方はまた別途違う会社に依頼を使用とすることが多い。

このようなケースに、今は火災保険や地震保険の対象範囲として適用している事があります。

いわゆる車の保険と同じような感覚。

レッカーや運搬が無料とかそういう事と同じような感覚。

あくまで保険は日常のトラブルにも対応するようになった。

この点もしっかり自分たちの保険の見直し方として参考にしていただきたいと思います。

高いか安いかではない。

問題は何のためにその金額をかけて保証を受ける事を探すか?

そして、目安的には、

火災保険値上げ2019都道府県別鉄筋コンクリート構造相場

にてご紹介していますので、参考にしてください。

この記事を最後まで読んでくれてありがとうございました。


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ