大和ハウスセキュレア評判,口コミ【分譲住宅比較ポイント】

スポンサーリンク
  • 大和ハウスでマイホームを購入したい
  • 大和ハウスの建売分譲住宅ってお得なの?
  • セキュレアの評判,口コミが気になる。

こんな悩みにお答えします。

大和ハウス関連記事。

大和ハウスジーヴォシグマ資料

大和ハウス坪単価xevoσ評判口コミ|展示場で知った衝撃の真実

スポンサーリンク

大和ハウス注文住宅オプション

大和ハウスサッシの特徴展示場レビュー

ダイワハウス蓄電池

大和ハウス蓄電池の特徴レビュー

大和ハウスオプションと値引き

大和ハウスオプションと明細

今回の記事では、大和ハウスの建売分譲住宅のひとつであるセレキュアの口コミ,評判について、以下の目次でご紹介します。

大和ハウスの特徴

大和ハウスの分譲住宅の特徴

大和ハウス分譲地「セキュレア」とは

ダイワハウスセキュレア口コミ,評判

スマエコプロジェクト

スポンサーリンク

大和ハウスの特徴

ダイワハウス

会社概要

社名 大和ハウス工業株式会社
本社所在地 大阪市北区梅田3丁目3番5号
創業 1955年4月5日
事業内容 戸建て(注文住宅、分譲住宅)
賃貸住宅(アパート、寮、社宅)
分譲マンション等の規格、設計、施工、販売
別荘地の販売等

 

大和ハウスの分譲住宅の特徴

分譲住宅

分譲住宅とは

分譲住宅とは、まとまった土地をいくつかに分割しながら、そこに建てて販売される住宅のこと。

建売住宅と分譲住宅の違い

建売住宅とは、土地に住宅を建ててから販売することが多い。

つまり、土地+建物をセットで購入します。

分譲住宅との違いは、建物が建てられているかどうかになります。

分譲住宅へのこだわり

  • 分譲企画
  • 街並み設計
  • プランニング
  • コーディネート

土地の調査や剪定、仕入れの際に企画立案が行われます。

  • 近隣プライバシー
  • 防犯
  • 道路や公園
  • 資産価値
  • 分譲住宅のスケールメリット

上記のような項目を考慮しながら、どこにどういう街並みを完成させるのかを考えられています。

 

ダイワハウスの分譲住宅メリット

メリット

ダイワハウスだから何が良いのというよりも、注文住宅と比較するほうがわかりやすい。

  • トータル資金の計画を立てやすい
  • 工事スケジュールが管理しやすい(人材、資材)
  • 設備、内装の現場見学がしやすい(販売中の物件見学)

土地の販売を別の不動産会社と折衝を行う手間もありません。

建てたい会社が一致している時には、家づくりの計画が早いのも特徴です。

コンセプト

とち力:土地の提案力

いえ力:基本的なニーズ

まち力:「人」「環境」「安全のつながり」を考えたデザイン。

住宅性能は、断熱性、耐久性、耐震性などで劣らない商品を展開。

 

大和ハウス分譲地「セキュレア」とは

セキュレア

セキュレアで家を建てるとどの程度の性能の家が建つのか?

XEVO Bというタイプを採用しています。

XEVO Bの基礎

基礎工事

シームレス一体スラブ基礎を採用。

【メリット】

  • ひび割れを防ぎやすい
  • 耐蟻性の高いヒノキ土台によりシロアリが侵入しにくい

【XEVO Bの特徴】

  • XEVO Eに比べて鉄筋の数を間引いている

つまり、強度は少し劣りますが、耐震クラス3です。

XEVO Bの断熱性能

軽量鉄骨で外張り断熱を採用。

保証体制

初期保証は、30年。

防蟻は、初期保証10年。

住宅設備機器(システムキッチン、システムバス、洗面化粧台、便器、便座、インター本、エアコン、給湯器は10年)

【点検】

無料点検は、1ヶ月目、6ヶ月目、12ヶ月目、24ヶ月目、5年、10年目、15年目、20年目、25年目、30年目となります。

その後は、有償メンテナンスを実施すると、最長60年まで対応してくれます。

スムストック条件クリア

スムストックとは、有料ストック住宅推進協議会参加メーカーの共通の条件を満たすものを「スムストック」に認定。

独自の基準で売却査定を行い、既存住宅の価値を適正に評価するシステムです。

XEVO Bの坪単価目安

坪単価の計算方法

建てた人のブログの情報からご紹介します。

階層 2階建て
延床面積 38坪
建築面積 20坪
間取り 4LDK
本体価格 2780万円
坪単価 72万円

 

ダイワハウスセキュレア口コミ,評判

評判,口コミ

建てた人の口コミ

私達夫婦は特に拘りはなく普通の一般的な家で十分という考えでしたので、bで十分満足した家を建てる事ができました。bは標準の選択肢が限られていますが、グレードアップももちろんできます。間取りもとても自由にできるので、bで何ら問題はありませんでした。

 

スマエコプロジェクト

「スマエコプロジェクト」とは、ダイワハウスの省エネ住宅に対する取り組み。

  • 太陽光発電
  • 蓄電池
  • HEMS

などを利用することはもちろんのこと、周辺のまちづくりでも、LED街灯の設置、カーシェアリングなど町全体のエネルギー見える化を促進。

どんな場所でどんな暮らしをしたいのか?

この答えとして、分譲地のほうが少しでも夜明るいと思ったら、他の土地と比較するのも大切です。

あなたの家づくりが成功することを願っています。

引用元

Yahoo不動産

参考資料

スマエコプロジェクト

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ