アイフルホームの契約前に知るべき現実や評判,口コミ探し方のポイント

スポンサーリンク

自分たちのマイホームを購入したい。

家を建てる方向で検討したい。

アイフルホームなら坪単価も安いし、評判も悪くないのかもしれない。

価格としても坪単価が、40万から50万程度。

家づくりをしたい人にとって最も気になるのが、坪単価と実際の合計額の差。

数ある会社の中でどこの会社と契約をするべきか?

店の店員の対応が良ければ大丈夫?

私も実際現場にいたからこそ、伝えたい事があります。

これまでにもアイフルホームについては、以下のような内容をご紹介してきました。

アイフルホームコスパ判断

アイフルホームコスパの判断ポイントと比較候補

スポンサーリンク

アイフルホーム価格実例

アイフルホーム坪単価価格実例2018セシボはいくら?

アイフルホームとローコスト住宅会社比較

アイフルホームはローコスト住宅会社比較候補と選択注意点2019

家づくりの計画を注文住宅に的を絞る。

実際に商品比較をしてリサーチをする。

情報は幅広い分野で必要。

住宅ローン審査、外構、値引き、商品の機能や性能。

長期優良住宅やZEHの基準。

太陽光発電やオール電化対応。

他にも土地を探すという大きな金額を動かす内容が次々と出てくる。

マイホームを手に入れるまでに間取りや内装、外観といった内容以外にも知らなければいけないことは多い。

実際にアイフルホームを購入した人の声はどこまで信用するべきか?

失敗や後悔を感じた人もいる。

満足という人も当然いる。

とても同じ会社の口コミとは思えないほど高い評価の内容は真実なのか?

逆に坪単価がとても高いと感じてしまった人の施工を希望する内容は、どこまで条件的に高額な内容だったのか?

今から家づくりの計画をする人にとっては、いったい何を参考にするべきかが分からなくなっていく。

そこで、今回の記事では、アイフルホームの評判について、以下のような項目でご紹介しています。

アイフルホーム評判の確認方法

アイフルホーム評判が悪い話の解釈

アイフルホーム評判が良い時の注意

価格の安い高いという基準も正直各家庭によって価値観が異なる。

同じ営業が構造や耐震で同様の提案を行っても満足と不満の声は別れる。

だからこそ、評判はどう判断すればいいのか?という部分をご紹介していきます。

スポンサーリンク

アイフルホーム評判の確認方法

アイフルホーム評判

私は自分の家づくりをする時にランキングという内容は一切参考にしていません。

それは、建築の施工というのは、あくまで業者が行う事である。

営業が行っているのは、間取りやカーテン、照明などの配線計画、外構などの提案。

後は構造などの状況は、検索して出てくる話よりも住む人の求める住環境により価値観が違う。

地域の違いも多く出やすい会社

そもそもアイフルホームはフランチャイズで行っている会社。

検索をすれば出てくる話ですが、同じ都道府県内の中にも複数の会社が地域により運営してしている。

当然、日本全国を含めて検索をすれば、おすすめと言ってくれている場所もあれば、否定的な意見も出てくる。

これはあくまでフランチャイズに加盟しているだけで、結果的にお金や利益に対する考え方は会社を運営する側の意識次第という結果に他ならない。

利益率やコスト重視の考え方を持つフランチャイズオーナーの会社。

断熱、気密等の特徴にコストをかけても多くの人に安心してくれる家づくりを求めるフランチャイズ契約中のオーナー。

この両者が同じ会社の名前出てくるわけです。

当然、担当する営業マンの対応も大きく差がある。

仕事だと割り切って、どんどん紹介するだけで確認するポイントは聞かれなければ何も説明もしない。

こんな考え方をする人もいるのかもしれない。

まずは、特徴としてフランチャイズ前提という情報をきちんと頭の中でイメージしておく事が重要。

情報を紹介している人もチェック

私は実際に新築マンションも注文住宅も購入しています。

住宅関連企業で、現場で仕様などを学んで住宅の設備の基礎をずっと見てきた。

だからこそ、自分の家でも何をどこに利用するべきかをすぐに選択する事が可能になった。

打ち合わせ回数は、合計6回で家は完成した。

そのくらい明確に全てをあらかじめチェックができる。

しかし、そういう内容を知らない人の情報はどうだろうか?

  • なぜか資料請求のサイト紹介が中心。
  • 良い悪いのポイントはあくまで過去の口コミの抜粋という紹介内容。
  • 床やキッチンなど細かな予算の知識はサイト内で記事を探してもどこにも記載がない。

こういう人の情報が2019年現在でもかなり多く運営されている。

一番は現場の経験。

その次は今の生活をしている人がただモデルハウスに行き、リサーチしただけなのか?オーナーなのか?

自分自身が色々聞いてきた内容だけ話すなら、どんな情報にも具体的な答えがない。

子育てもしている。

新しい家族が誕生する。

このような点も自分たちが単世帯で家探しをする際には、できるだけ現場関係に勤めた人の言われている内容に目を向ける必要がある。

 

アイフルホーム評判が悪い話の解釈

アイフルホーム評判が良い

何事にも口コミや評判という点に目を向ける人は増えた。

不動産住宅関連に多いのは、以下のような点に不満や不安を感じる人は多い。

  • 値引きが大きすぎるという不安。
  • 総合のスレを見ていると良かったという声が少ない会社での契約検討。
  • 契約した後の打ち合わせの中でしっかり全てを教えてもらえなかったという投稿。

このような内容を見ると、いくら展示場の対応が丁寧だと感じた後であったとしても、保証などの点も含めて怖くなる。

保証システムを含めた総合の情報判断が大事

評判が悪い内容が出ていただけで、そういう人の言っている内容が正しいかは誰にも判断が出来ない。

ローンを組んで住み始めてから見学した時に説明を受けた内容と違う。

こんな状況で引渡しをされても、結果満足できる家を建ててもらいたいは実現できなかった状態となる。

さらに、工法などの内容よりももっと先の情報をどこまで比較してみているだろうか?

少し先(半年、1年、3年、5年)程度ならいろいろな展ケインをしてもらいながら不満を解消出来る可能性もある。

しかし、将来(10年、20年)先の状況で追加のリフォームなどをお願いいしたいと思ったら?

今いる営業も家を持ったこともない人が対応している。

実際に建てるお手伝いを少し経験しただけで実際の壁などは結局現場を知らないまま買い物の相談をしている。

結局家族がいて、自分で家を建てた人でなければ、家を建てた後の時間の経過に伴う結果はわからない。

悪い内容が入っていた時にも何が悪いのか?

その情報は誰が何を調べて出した答えなのか?

提供されたのはどこのエリアでの情報?

何を納得していない?

どの商品プランでの内容?

これらの細かな項目と合わせてその人の言う内容を比較しなければいけない。

なんの注意もしないままでは以下のような判断も多くなる。

「こんな情報があると知ったら正直十分な説明をされても何も信用できない」

あくまで、いろいろな会社の何が悪い対象なのか?

これが本当の意味で不動産関連の悪い情報は、重要なんです。

全国で店舗ごと情報が違う

同じような仕組みになっているはずが、全国で買った人の記載する内容がみなさん異なる。

これって、正直違いがあるのは何が原因?

この答えは、つまりは営業の担当次第。

きちんと相手のことを考えるよりもまずは売上ばかりを重視して考える人は多い。

単純に考える隙を与えないような印象を受けたという人ほど失敗していることも多い。

早く建てるべき?

増税を考える?

そんなことばかりを伝える人が住宅展示場でprをしていたのなら、正直こういう声は無視しなければいけない。

重視しなければいけないのは、下の2つ。

家族構成やその家の課題を可能な限り対応してあげられるかどうか?

ブランドとしての安心が将来にわたって保証という形で明確化できているのか?

たったこの2つが非常に大切。

書き込みの流れにも違和感

ただ単に悪い口コミを書けば他の会社に流れるみたいなことをやっているようなスレも信じてはいけない。

ユニバーサルホームやタマホームの書き込みを見ると、なぜかやらせとか内部にいる人の書き込みっぽいという声も目立つ。

つまりは、ライバルの会社の人が書き込んでいる可能性すらあるのがポイント。

他の会社のprが同時に出ている場合はこういうケースを疑う必要があると思います。

 

アイフルホーム評判が良い時の注意

アイフルホーム評判が悪い

標準だけの家づくりで十分満足。

これが本来あって欲しい評価の高い会社の特徴だと思っている。

オプションを数多く採用すれば当然どこの会社でも同じ溶暗印象の家は完成する。

しかし、その答えにたどり着くみなさんは、ほとんどが標準では自分の満足できる家を買うことができないと判断した人たち。

会社の何の評判が良いのか?

平屋、2階建て、3階建て、スマートハウス。

いろいろな構造の家がある。

坪単価が高い会社ほど評判が良いという点も過去の情報で提供している。

新築坪単価と満足度調査実態の見極め方元住宅関連企業出身者が解説

ネットで検索しながら調べる時には、高いシリーズをまずは見ない事が大切。

その会社の安いタイプである程度きちんと住んだ結果に満足の情報があるのかが重要。

その理由は?

単純にどこの会社でも基礎や断熱材などの条件は結局ほとんどが同じだから。

つまりは、安いプランで購入した結果が満足できない声がその会社の標準という考え方。

高額なプランの買い物をした人の方がその価格でデザインなどが気に入ってるからそれでよしという事もある。

良い口コミがある時にも、きちんと何を対象として購入しているのか?

どこまでのオプションを採用したのか?

このような詳細をチェックして、その人の情報を精査することが重要。

以上が自分たちの家をどこの会社で契約をするべきかを決める上で大切にしてほしいポイントになります。

住宅メーカーは色々あります。

設計を依頼する前の注意。

工事が終わればそれで終了ではありません。

あくまで、将来性という言葉を何度も見直してその時期に合わせた質問や相談が可能な状況が必要。

最近は、家づくりを依頼する前だけ必死になって、住まいの引渡しが完了したら全く連絡がない。

こんな会社が非常に多い。

住まいは引き渡すまでが仕事ではありません。

床1つとっても夢を実現した後の大きなトラブルになる前にメンテナンスなども含め個人の悩みに寄り添ってくれる会社が必要。

小人数。

この響きが軸となったフランチャイズ展開で個人がまとめている会社にはフォローという予定がかなり難しい。

ブログ等を公開していることは合っても大抵は予定されている販売戦略tのための広告。

実際に暮らしの中で役立ててほしい部屋の手入れ等はほとんど公開されていない。

やはりこうした内容は、何よりfcで契約した会社のトップがどれだけお客様のことを考えた情報を配信に力を注いでいるのかで決まる。

展示場に行く前になんの心配をしておくべきか?

将来の子供たちに引き継ぐ時を考えたら、正直私にとっては心配が多い。

できるだけ空間とか総額なんて言葉で少しでも安い満足を考えるなら、フランチャイズの会社を選び出すのはちょっと不安と思った方が良いと思う。

このやり方と同じ会社が桧家住宅。

実際に似たような特徴が見えるなら、できるだけ会社の規模で選ぶ。

これが、アフターフォローを考えた時の優先順位だと私は感じます。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ