愛知県ローコスト住宅ランキング調べ方注意点|現場経験者の声

スポンサーリンク
  • 少しでも安い家づくりを実現したい。
  • 間取りプランもそこまでこだわりを持たなくてもよい。
  • 維持費がそこまでかからない住宅が欲しい。
  • オール電化で省エネ、高気密、高断熱などの条件はどこまで叶う?
  • ZEHや長期優良住宅などの規格は難しい?
  • パントリーやアイランドキッチンやウォークインクローゼットは?

家を建てる計画を愛知県内で検討するご家庭の中にも、ローコスト住宅で上手に自分たちの予算に合う工務店やハウスメーカーなどを探す人も多い。

しかし、最近ネット上の情報ではただ単に情報を家を建てたというだけの人達も簡単に公開をしている。

愛知県内で平屋のローコスト住宅を建てる時の選び方についてもご紹介しています。

愛知ローコスト住宅平屋比較注意点

愛知ローコスト住宅平屋のおすすめを業界引退者が解説

ローコスト住宅に多い悩みについてもご紹介しています。

ローコスト住宅寿命

ローコスト住宅の寿命は短い?業界現場で学んだ実態

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから現場で100棟以上と携わり経験してきた知識と実績を含めて運営しています。

ただの住宅営業数年で10棟も設計を携わっていない状況では、間取りや内装などのメリットデメリットもわからない。

3年、5年、10年、15年、20年と経過した家がどんなリフォーム相談をしていたのか?

ローコスト住宅で建てた家は将来にどんなことが起こる可能性があるのか?

このような内容を含めて、以下の項目でご紹介していきます。

愛知県ローコスト住宅で注目の会社

愛知県ローコスト住宅検討の注意点

愛知県ローコスト住宅会社の選び方

最新設備や坪単価、オシャレな外観などを気にしている人も多い。

しかし、標準工事の中でどこまでどういう建物をつくるのかを何を基準で比較するべきなのか?

こうした視点でご覧ください。

愛知県ローコスト住宅で注目の会社

ローコスト住宅愛知県ランキング見極め方

愛知県内の坪単価50万円以下で注目してほしい会社をまずはご紹介していきます。

愛知県内対応のローコスト住宅会社

以下のような会社が愛知県内をエリアの対象としています。

会社名 工法 坪単価
アイダ設計 木造軸組(在来)工法 22万9千円から
タマホーム 木造軸組(在来)工法 30万円から
檜建設株式会社 木造軸組(在来)工法 49万円から
オカザキホーム 木造軸組(在来)工法 41万7千円から
アールプラスホーム 木造軸組(在来)工法
ツーバイフォー
ツーバイシックス工法
45万円から
アエラホーム株式会社 木造軸組(在来)工法 39万8千円から

このような会社が坪単価50万円以下となります。

 

愛知県ローコスト住宅検討の注意点

ローコスト住宅愛知県ランキング比較注意点

最近は、愛知県内だけでなく、日本全国でハウスメーカーなどのフランチャイズ展開をしている工務店が増えています。

今回ご紹介している愛知県内の対応をしているローコスト住宅の中にも、オカザキホームは、アキュラホームとの資材一括購入の関係から安く建てる事が実現できるという表記があります。

この場合、こんな疑問を持ちませんか?

「フランチャイズ店と大元どちらが良いのだろうか?」

私はこの点については、正直、大元に依頼をした方が良いと思います。

ローコスト住宅会社選び東海地方のポイント

東海エリアの中では、愛知県も大きくエリアが分かれている。

  • 愛知県名古屋市エリア
  • 愛知県名古屋市以外

この2つに分けて、県内の範囲であれば対応可能とする会社が出てきます。

この時、フランチャイズの手を借りたいというほどの数の依頼があるというのは、大元の会社。

家を建てるということは、資材を安くする事が工夫として大切なことではないと私は思っています。

それよりも、安定的に将来のメンテナンスなどにも人材が確保されている会社に依頼する方が本当に大切。

我が家は、一条工務店に依頼をしました。

2年経過していく中で、正直困ったことがあった時の反応が非常に迅速。

別に壊れたとかそういう事ではなく、自分たちの生活の中で破損をさせてしまったという事例。

でもそのような内容でもすぐに人材を確保してくれて、点検や対応をしてくれる。

これが安心して暮らすことが出来る会社選びだと私は思っています。

 

愛知県ローコスト住宅会社の選び方

ローコスト住宅愛知県選び方

安い価格の家となると、下のような文字に目を奪われる人も多い。

  • 耐震等級はいくつの家?
  • 引渡し後の保証や点検の期間は、1ヶ月、6ヶ月、1年、2年等いつまでやってくれる?
  • 長期優良住宅やヒノキの家やLow-E複層ガラス
  • 月々5万円台から実現する家づくり
  • モノコック工法やブロック工法などどれがいいのかな?
  • 無垢材や人造大理石などの選択はどこまで費用が掛かるのかな?
  • オプションを採用して太陽光発電も付けるべき?
  • 建売や分譲地の方がいいのかな?

このような悩みが多いです。

もちろん、キッチンでシステムキッチン本体を選ぶ事も大切。

脱衣所の洗面化粧台の収納やコンセントの数も大切。

照明でLED対応やダウンライトなどの対応とオプションのバランスも価格には影響がある。

でもそういう事は正直、将来のリフォームでも対応が可能です。

家は本来基礎、外壁、断熱材の3つが最も重要とされています。

ベタ基礎、布基礎の違い。

外壁はサイディングで選ぶなら、10年後メンテナンス費用はいくら?

断熱材の使用はどんなタイプ?

このような詳細の方がとても重要。

その次に窓やドアというサッシと呼ばれる気密性を支える風の通り抜ける場所の設備基準を高める事が大切。

こうした工夫を1社1社一つずつ話を聞いていても、最初の会社の魅力なんて後で話を聞いた方がいろいろ言って終わってしまう。

だからこそ、きちんと一括でまずはその会社が何を重要視して家を建てるのかを知ることが大切なんです。

私は、愛知県内の人にもまずは、会社からの直接の営業とのやり取りよりも間接的な会社を入れて、家づくりに必要な資料を含めて請求することをお勧めしています。

私自身も資料請求に活用しているサイトは↓

ローコスト住宅愛知県内資料請求
スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ