新築ブルーで鬱になる人の性格的特徴や家族ができる支え方|業界経験者が解説

スポンサーリンク

「自分の理想の家を購入する」はずだった。

新築購入が失敗だった。

マイホームの夢は今の建てられた家を見ても本当に後悔ばかり。

こんな声が、住宅という残りの人生で住んでいくはずの夢や希望にあふれるはずの場所にこだまする毎日。

住んでみたら想像と違った。

自分たちの思っていたものと出てきたものが全く違う。

日当たり、狭い、暗い、収納が足りない

いったいどこにこの気持ちをぶつけるべきか?

何のために建築にお金を出して、賃貸の生活を抜け出したのか?

こんな気持ちになる人が、鬱にまで至ることもあるようです。

新築ブルーで後悔ばかりという内容についても記事を書いています。

新築後悔防止策

新築ブルー?後悔ばかりのブログ閲覧ポイントを業界経験者が解説

新築ブルー克服方法

新築ブルー克服で誰でも簡単にできるポジティブ思考法|現場経験者が解説

新築ブルー間取り

新築ブルー間取りの後悔原因は回避可能!現場経験者が解説

新築は日当たり1つでも妥協が許せない現実がある。

新築日当たり後悔間取り注意点

新築日当たり失敗後悔対策は内覧も要注意!住宅関連企業出身者が解説

自分たちの言った通りのプランが形になったはずなのに何がそんなに気に入らないのか?

賃貸に住む人からしたら、贅沢なこと言っていると思われるかもしれない。

しかし、住まいを手にする時、一戸建てを建てる時にはマンションとは異なり、インテリアも間取りも自分たちで考えて納得してから購入する。

それがこんなはずではなかったとなったら、当然仕事に向かう意欲も出てこない。

残されたのは、ローンの返済だけ。

こんな言葉に対して、元気になってほしいみたいな事を回答しているネット上の声も多い。

では、何を注意したら、こういう事を経験してる人とは違う人生を歩むことが出来るのか?

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし、運営しています。

新築、リフォーム累計100棟以上の現場に携わった業務経験。

新築マンション、注文住宅を購入した経験。

住宅ローン審査に計3度落ちた、通らないという回答が届いた経験。

新築火災保険、カーテン、インターネット回線、引越しなどを打合せで選ばないで自分たちで計画して節約に成功。

我が家は、築4年目になりましたが、間取り、設備、日当たり、生活を経験した後でも妻からは満足とこれ以上はもうないはずと言われた時ホッとしました。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

私は現場経験があるからこそ、ただ単に家を購入しました的なブログを書いているわけではありません。

あくまで、業界内部の会社の立場から見た考え方と購入する側の持つ悩みや不安。

この両者を経験してきたからこそ、伝えたい内容をご紹介しています。

今回の記事では、新築ブルーで鬱になる事の不安を感じるている中でも諦めたくないと思う人に以下の項目でご紹介しています。

新築ブルー鬱になる人の特徴

新築ブルー鬱になる前の対策

新築ブルー鬱になる不安解消

自分の仕事でも今の所は満足できている人がもしこの先これからの人生を安定化させるための家づくりを目指すなら?

間取り、窓、インテリア、キッチン、お風呂、洗面台、トイレの水回りなど後悔する理由はいくつもある。

まずは最初の一歩を考える時にこそ言わせていただきたい内容を投稿しています。

新築ブルー鬱になる人の特徴

新築ブルーで鬱

新築購入後に家族が暮らしの中で鬱になってしまった。

こんなことを言われたら?

家族としても立ち直れないしもういっそのことローンの有無を問わずこんな家なら売ってしまおうという気持ちになってしまうかもしれない。

このように考える位なら、今家を買うことは正直避けるべきであると私は伝えたい。

なぜか?

将来の不安発生に対する準備不足

今から満足する家を建てるんだから、この先の生活は安定する。

こんな未来を思い描いているなら、要注意。

なぜか?

単純に住宅を購入した後の生活の中でも以下のような内容は可能性の1つとして意識しておく覚悟が必要な時代。

  • 失敗した点も何とかリフォームで乗り切れる程度なら大丈夫。
  • 家族が破損させてしまったようなことがあったとしてももう焦りを持つ必要がない火災保険などの準備も万全。
  • ある程度ローンに対しても会社を辞める事になっても一時的なら大丈夫と言える預貯金の余裕。

このように、自分たちの結果に対して、すぐに対処が可能な状況なら、何も鬱になるまでの状況は少ないはず。

しかし、もう今回の契約で頭金や契約金などを含めてもう預貯金のほとんどを使い果たしてしまった。

こんな状態になった時に、失敗とか修理と言われたら?

もう買ったあとなんだから仕方がないという話が先に出てくる。

つまりは、先の予算をほぼ暮らしの維持のことしか見ていないことも原因の一つと言える。

生活していて、家族から何か問題の点を言われたとしてもあわてない将来のリフォーム予算。

この計画を必須と思った方が良いです。

完成度を求め過ぎた過信

家は3度目にようやく自分の満足と納得ができる住宅を手に入れる事が出来ると言われている。

別の言い方をするなら、失敗や問題となる点が出ても当たり前と思う覚悟も必要。

  • 賃貸の暮らしとの比較ではない。
  • 床、窓、照明などのお家のパーツなら入居したあと住む日にちにおいて慣れによる緩和も見込みがある。
  • 今の子育てに対しての不満なら、大きくなった時には解消される可能性もある。

このように、たくさんのマイナスやちょっとした目につくような箇所を問題を大きくするような意識は避けなければいけない。

まずはお家が無事入居できる状態になって良かった。

もうこれで、どこかに引っ越ししたり、住む場所を探す手間からは解放される。

このような考え方や価値を自分の気持ちの中でメリットに感じる事が重要。

費用がかかり、せっかくローンの契約まで行ったわけです。。

当然お家にいれば、何か気になることもどこかにはあるでしょう。

しかし、毎日の生活で、少しの失敗を夫婦で必死に心配したり、悩みに変えることはあまりお勧めできない。

つまり、ハウスメーカーで契約したからとか会社のせいにしても意味がないわけです。

自分たちが心配や悩みをゼロにできる家を可能としていた。

この考え方はちょっとかなり自分への過度の評価をしすぎている可能性もあると私は伝えたい。

鬱になりやすい人の特徴

仕事、人間関係、離婚、金銭トラブルや借金。

実際に多くの事情をいろいろなを抱えた中で人は今日も生きている。

しかし、逆境を乗り越える人も多くいる。

反対に、もうプラス思考なんて無理。

このように嘆く人もいる。

実際に鬱になりやすい人のポイントは普通の生活の中でも特徴がある。

  • 几帳面な性格。
  • 節約などきちんと生活を変えることを検討する真面目さ。
  • 仕事でも何でも妥協しない。
  • 綺麗好きなど家での掃除なども徹底して変更をしたり工夫をして妥協をしない。

このように、ずっと多くの事に対して、無理をしないという事よりも完璧を目指す方が多くなりやすい人。

こうした性格が今日までずっと続いているという家での様子を見ている場合は、どこか息抜きをさせるポイントを用意することも大切。

 

 

新築ブルー鬱になる前の対策

新築ブルーで鬱になる注意点

あくまで友人や知人などに相談をするという事でかなり気持ちが楽になった。

この程度の悩みなら、失敗があっても、鬱になるまでの状況はない。

しかし、家の悩みは毎日の生活の中でいろいろな面から起こる。

ただ単に家の内装や設備といったカテゴリだけではありません。

もっと、大きな人生の中で家を持つ者が共通して経験する流れから対策を考えることも重要。

近所のトラブルを含めた人間関係の心配

地域の特性や住まいを購入して入居をする時間の差が少しずつずれている事があるのが注文住宅一戸建て。

マンションの場合は、近所付き合いといっても隣と下の階への挨拶程度という事が多い。

しかし、注文住宅の場合は、建売住宅や分譲地などさまざまな形が存在している。

よって、家の中が快適なら、全て万事解決。

そんなに甘い話ばかりではありません。

人付き合いや人間関係における悩みの部分は、人生の中で仕事でもプライベートでも存在している。

こればかりは、人生の中でいくら個人が頑張っても対処には予測不能みたいな対応を持ちかけられることもあるはず。

自分たちの購入する予算はどんな人が購入している?

土地探しや分譲地情報を探している人には、こうした細かな近所付き合いの快適さを調べてなかったことが原因になる可能性も知ってほしい。

営業の話を鵜呑みにしすぎた情報精査不足

色々検討する中で、トイレ、キッチンなど色々な部分に営業から知恵を借りたいと思う人もいるはず。

そして、少しでも自分たちでも出来るプランを作ってもらっている。

こんな安心をしている人も多い。

ネットで情報を収集。

ママが書き込みをしている口コミサイトを利用して解決出来ることも当然ある。

住宅ローン返済中の主人の転職をしないための支え方などは営業からは助言もしない。

ただ単に住宅ローンが通る範囲の借入可能額限界まで使って出来ることをすべてやり切るようにしよう。

こんな思い込みをしている人も多く存在する。

こうした結末はすべて正解とは限らない。

自分たちの生活レベルに合わせたプランニング。

節約を必要と思うなら、素直に無理のないプランに変更をする。

このように、どこかで妥協しようとする姿勢が最近の設備の充実性からは注意が必要になります。

 

新築ブルー鬱になる不安解消

新築ブルーで鬱になる防止策

このままでは一人が鬱になっている様子から周りのみんなまで頑張っていけない雰囲気になりそうだ。

ずっとこれまで一緒にやってきたはずなのに、もうあれこれ考えすぎて情報をまとめる心の余裕すら作ってあげられない。

こんなことになるくらいなら、家なんて買うべきではなかった。

自分たちで色々な検討をしてきた夢の実現のはずが失敗。

社会人人生の半分以上を費や返済するローンのありがたみも価値も感じられない結末。

このような時には、ただ高い買い物をしたというだけの毎日にならないためにどうするべきか?

この答えは、解消できることを知るのが近道。

やるやらないは別であれ、修繕プランは必須

今、家の中での不満があるなら、その部分は解消することが出来る可能性はゼロではない。

まずは、やってしまった!と想えたことをとにかくリフォームできる場所なのかを徹底的にリサーチすることが重要。

自分たちが失敗した理由を教えてもらっても買ってからはではどうすることもできない。

だからこそ、まずは今目の前にある現実の問題をきちんと解消するための話に時間を費やす必要がある。

家を買って、ローンに不安がないなら、生活を送ることはできる。

もう延滞、遅延などが無い限り、家を出て行けと言われることも無い。

この点だけでも良かったと思う必要がある。

その先は、基本的に困っている事をきちんと専門のプロから意見をもらうことが重要。

その上でもし、可能な事が予算を含めて見つけることが出来たなら、こんなに簡単な解決方法はない。

やはり住んでからの不満があったとしてもその内容を気にしすぎて、結果的に鬱になるまで自分を追い込むくらいなら、後から修繕することをまずは考えよう。

その先に、今の自分の不満等をある意味合理的に諦められるパーツを絞り込む。

こうして住んでいく時間を作らないと問題が出るたびに住んでいる価値を失ってしまう。

注文住宅だと思ってもいずれは人生の中では老朽化していく。

とにかくあまり深刻化させない心のゆとりは改善可能箇所を見つけ出す。

これが私からおすすめしたい考え方になります。

一番大事なのは、今の部屋と同じ数の用意。

他の要素があってもまずは軸を決める。

建て始めた段階から旦那が次々に言うのは間違いが多い。

結局家にずっと住み続けて不安や不満を報告しているのは、ママ。

つまりは、女性がよかったと言える家が夫にとっても満足につながる第一歩。

私はこのようによく夫と妻の意見が違うと悩んでいるご夫婦には伝えていることが多い。

悩んでいる事がやっぱりずれている。

家づくりが終わった段階で現在完成した家がなぜイメージできていなかったのか?

この答えは、住宅の基礎や知識を入れるよりも以前のあこがれや素敵から決める意見。

結局は皆さん同じようなことを悩んでいると言える部分の共通点。

必ず間取りを決めることもテレビ1つをこう配置したいという意見は妻が優先。

俺がローンを払ってる!みたいなことを言っている家づくりの先にはみんなが楽しんでいける住宅は完成しない。

この点は、十分注意してください。

実際に鬱になってしまいそうという悩みを抱える人の原因もネット上の書き込みから見ておくことをおすすめしたいです。

分譲地購入後に悔やみ新築ブルーになっている人のスレ(教えてgoo)

住宅の内部ではなく、住環境に悩む人のスレ(e戸建て)

建売住宅購入後で鬱になった体験者のスレ(教えてgoo)

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

カテゴリー

このページの先頭へ