スポンサーリンク
住宅ローン審査が通らない職種なんてあるのか?甘い銀行の違いをご紹介しています。 このページをご覧いただきありがとうございます。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 住宅ローン審査を受ける前に心配することの1つに職種という言葉があります。 住宅ローンが通らない場合はどうすればいいのか? この答えも3度目正直から通過した方法をご紹介しています。 住宅ローン審査落ちた,通らない時どうする 住宅ローン審査通らない場合どうする?3度目の正直体験記ブログ
スポンサーリンク
この点について、この記事では、 住宅ローン審査に通らない職種の真実とは? 住宅ローン審査に通らない職種と不安な時の対応策 以上の内容でご紹介していこうと思います。 私もまさにこの問題にぶち当たる経験をした体験者の1人。あなたの悩みに明確に答えられる体験記をご紹介していきます。
スポンサーリンク

住宅ローン審査に通らない職種の真実とは?

住宅ローン審査通らない職種とは 住宅ローン審査に通らない職種なんて物が存在するのか? という疑問をお持ちの方も多いと思います。 私も実際、住宅ローン審査を受けるまではこんな表現があることすら知りませんでした。 しかし、 この言葉の意味が解りましたので、このページで銀行の抱える真実をご紹介していきます。

住宅ローン審査に通らない職種パターン 属性

住宅ローン審査で通らない人の理由探しのコツ 職種 日本で働いている人が、仕事の種類から住宅ローン審査が落とされるリスクがもし決まってたら、 「そんな仕事したくない!」 となる人も多くなりますよね? ですが、 この決め方は、ちょっと癖があります。 銀行が、住宅ローン融資実行を行う 「ある職種」で立て続けに滞納や遅延という事態が続く すると、 「この職種の属性に該当する人へは、審査を厳しくしよう」という流れが起こる。 そうです、要するにとばっちり。 あなたがそのリスクを持つ人かどうかではなく、過去にそういう人たちが居たせいであなたは通らない状況になっています。 これが、住宅ローン審査における通らない職種という言葉が出ている真実なのです。

住宅ローン審査に通らない職種パターン 転職率やリストラ活性化

住宅ローン審査に通らない職種パターン 転職率やリストラ活性化 時代の流れの中では、需要と供給バランスが常に問われているのが会社員という存在。
・リストラが進んでいる業種 ・離職率の高い職種
このような表現の該当しやすい典型的な仕事に付いている場合も銀行は、 「将来へのリスク」 という考え方をしていきます。 こうした時代の流れが強いと感じる時、自分の職種が報道されているような時代は、避けるべきかもしれません。 ではこの事態に対しては、どんな対応がいいのか? についてご紹介していきます。  

住宅ローン審査に通らない職種と不安な時の対応策

住宅ローン審査に通らない職種の不安がある時の対応策 実際に住宅ローンを組みたいと真剣に考えている方のために、こうした職種の心配があっても審査を進めやすい方法をご紹介していきます。 実は私も住宅ローン審査を受ける時、非常に珍しい業種に属していました。 住宅ローン審査を受けた第1社目では、 「あまり扱ったことのない業種なので、何度もすいません。」 と言われながら、同じような説明を何度もしました。 しかし、 結果的には、 「属性的に不透明さが多いというのが、見解でした。」 そんな、馬鹿な話はないだろう!と憤りさえ感じた事があります。 もう銀行に行くのも嫌になった自分がいました。 だからこそ、 違う角度から申し込みをする方法を私も探したのです。 そして、 見つけたのです。 第三者機関を使うのが、住宅ローン本審査の銀行システム。 だったら、 自分も第三者機関を使おうと思えたこと。 つまりは、 銀行で相談しない住宅ローン審査を受ける これが、私の出した答えでした。 その方法を ・私が住宅ローン審査で2回落ちた後に、1発で通った銀行を選ぶ方法 でご紹介していますので、あなたの情報収集の1つとしてもお役立てください。 きっと、あなたへもそういうことか!と納得してもらえると思います。 住宅ローン審査を受けるのは、もう銀行に頼る時代ではなくなってきていると私は体験から確信しています。 ぜひあなたにも夢のマイホームが叶う道が見えると思います。 この記事を最後までご覧頂きありがとうございました。 この他にも、 住宅ローン審査で通らない理由の優先順位まとめページ 通らない時には自分で調べる! この行動はかなり危険だと銀行から教わった体験もご紹介しています。 住宅ローン審査通らない理由を調べるのは危険だった‼銀行担当からの教え も住宅ローンが通らないリスクを知る上では重要です。 良かったら参考にしてください。
スポンサーリンク