アフィリエイト

階段下収納ラック配置や選び方に多い誤解|失敗後悔注意点

階段下収納ラックについて、この記事をご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

階段下収納は狭い土地の間取りから、広い家のパントリーとは違う収納スペース

としても様ざまな事情から注目されてる間取りの1つ。

実際に、階段下収納ラックについては、以下のような悩みも増えています。

階段下収納ラック奥行きは何センチくらいが理想?

階段下収納ラックは、市販で買うべき?diy?新築工事?

階段下収納ラックは、使いにくいの?

実際にまだ階段下収納を実際に使用したことがない方は、イメージでしかできないため、失敗後悔原因が何か?

という視点が見えにくくなっているのです。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、新築一戸建て,マンション購入体験,現場経験を活かし各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

階段下収納ラック選びや配置注意点として、この記事では以下の内容をご紹介しています。

階段下収納のラック選びでよくある失敗後悔原因

階段下収納にラックは必要か?選び方注意点

階段下収納にラックを考える前にすべき事我が家の体験

少しでも新築時の工事費用を節約するための正しい選び方として活用してみてください。

スポンサーリンク

階段下収納のラック選びでよくある失敗後悔原因

上の画像のようなパーツも階段下収納のラックには非常に効果的になります。

この詳細は、後ほどご紹介していきます。

まずは、階段下収納のラックでよくある失敗後悔原因からご紹介していきます。

階段下収納ラック失敗後悔原因1.素材

ラックという言葉を聞いて、あなたはどんな素材を思い出しますか?

・木製

・人口樹脂

・シルバーラック等のパーツ。

こうした素材なら、過去の一人暮らしや実家暮らし等新築購入前に生活していた環境素材をそのまま使えるのでは?と考えていませんか?

しかし、この考え方は非常にリスクがあります。

具体的なリスクは以下の通り。

・カビ

・結露

・埃等の処理

・サビ

このような状況悪化を招く素材であることを十分知っておいてほしいのです。

実際、よくあるのは、こうした体験。

・新築引渡し前には、大丈夫ですと説明されていたが、実際に住んでみたらカビが出た!

・カビの処理について相談してみると、「生活環境により異なりますので、対処には別途対処費用が掛かります。

あくまで、大丈夫の根拠はうすいケースが多いのです。

実際、ほかの住宅すべてでカビが生えたということがなければ、欠陥という課題を押し付けることもできないのが住宅市場。

ですから、安易にリスクを抱えやすい素材を階段下収納に使うことは、避けておくことをお勧めします。

階段下収納ラック失敗後悔原因2.節約

先ほどご紹介したようなラックは、棚柱というパーツを活用した商品。

このような商品を実際に講習することで、柱の位置などは、工務店やハウスメーカーに確認することで間違った購入を避けることができます。

しかし、diyは、ここからが問題。

実際に購入した棚柱を自分たちで取り付けを行う。

「ラックなんてボルトで止めるだけだから、誰でもできる。」

確かに、表面的に見えることは事実。

しかし、数ミリ違うことで命取りになるのも住宅のこわさ。

間違えた穴をどうすればいい?

放置は当然リスクが高まります。

まっすぐ止めることができなかったら、中の素材をその分余分に傷つけます。

たとえ同じ穴を使用してごまかしたとしても些細な数ミリの余白がカビやサビ、下手をすれば害虫の侵入口にすら発展します。

取り付けた後、こうした事実を発覚して失敗後悔を感じる方が必ず毎年日本のどこかにはいらっしゃるのが実態。

節約とは何か?

この答えは、特にdiyで、将来の生活も安全に生活できる環境を数年後でも感じてこそ節約が完成しています。

その場しのぎの階段下収納にラックが付いたことが節約ではない。

この誤解をまずは慎重になる勇気を持って頂きたいのです。

階段下収納ラック失敗後悔原因3.奥行き

階段下収納にラックを配置する。

ラック選びの際に、見た目を考えるより、いかに荷物を多く入れられるかを優先しているケースも多いです。

すると、以下のような奥行きの誤算が生み出す失敗後悔原因が発生します。

・耐重量を考えず荷物を置きすぎて壁紙や下地を破損。

・ラックそのものの変形が原因で取り換えが必要。

➣ラックを配置したがおける荷物が少ないため、機能しない!

ラックをもし設置する場合は、耐重量は非常に重要であり、その耐重量に耐えうる柱も必要になります。

十分荷物量と本当に階段下収納のラックでいいのか?

この視点を大切にして、失敗後悔を回避することを強くお勧めします。

では続いて、階段下収納ラックの選び方をご紹介していきます。

階段下収納にラックは必要か?選び方注意点

階段下収納ラック必要性

「階段下収納にラックというアイデアはそもそも候補にするべきか?」

現代は、収納アイテムも実に豊富な時代となりました。

実際、階段下収納を考える際のリスクとラックの選び方という視点をご紹介していきます。

階段下収納にラックというアイデアは最善?

フリーラックなら、素材に気をつければ、何でも収納可能になる。

こんな考え方も決して少なくない階段下収納のアイデア。

しかし、実際には、この「何でも」という背景にこそ、失敗後悔が潜んでいます。

・高さの配置もフリーなら本当に困らないのか?

・設置後の手入れはどの程度大変か?

・階段下収納にラックを置いて、者の出し入れをする人の動作可能スペースは?

どの部屋にも共通する収納周辺の動作スペース確保については、キッチン収納サイズや配置選び方でもご紹介しています。

まだ見当もつかない方はお役立てください。

このように、実際に何を置くべきか?

この結論をもちろん最初にリストを用意することが容易な方はラックも活用可能。

しかし、以下のような方は要注意!

階段下収納にラックというアイデアが通用しにくい事情!

階段下収納とは、家族の要らない物を収める収納スペースの1つとして有効活用される予定となりやすい収納間取りスペース。

しかし、以下のような方には誤算が多くなりやすい状況なのです。

・これから家族が増える可能性が有ります。(新婚、子育て世代)

・添い寝を必要としてる状況で荷物が増える一方の時期。

・趣味でアウトドアやスポーツを取り入れることを検討中の家族

普段使わないモノを入れる。

この考え方をあまり安易に考えておくと、かなりのケースで失敗後悔を経験することでしょう。

家族の要らない荷物は、予め捨てるというのが新築収納の中でも鉄則!

収め方を考えるだけが、階段下収納のアイデアではありません。

荷物を減らす努力をしてこそ、快適な生活に近づくのです。

この視点をぜひ忘れないで頂きたいのです。

では最後に、階段下収納にラック設置という考え方を持つ前に遣るべきことを我が家の体験からご紹介していきます。

 

階段下収納にラックを考える前にすべき事我が家の体験

階段下収納ラック選びの前にやるべき事

階段下収納にラックを付けるアイデアを否定するつもりはありません。

しかし、階段下収納にラックを用意したとしても、全ての荷物が収納できれば快適な生活とは限りません。

まずはラックという安易な収納スペース確保を考える前に遣るべきことを我が家の体験からご紹介していきます。

階段下収納にラックや棚を考える前にやるべき事1.動線確認

階段下収納という配置は、決して全て万能に機能する事はかなり難しいのが現実。

・扉の開閉。

・荷物の出し入れ。

・清掃等手入れの不足。

これらは、全て家事動線に大きく影響を及ぼします。

・荷物の出し入れが手間になる。

・荷物を積み上げる習慣が身につく。

⇛捜し物が増える小さな収納スペース。

こんな未来になることは想定していますか?

ラックというのは、余裕があり、すぐに出し入れが出来る棚の一種のはず。

しかし、いつしか何でも積み重ね可能な敷き詰めた物置小屋になれ果てる。

こうした事を意識しないまま今の収納スペース拡張のみを願っても何も解決に至っていないのです。

ですから、まずは荷物を入れるスペースではなく、階段下収納の棚にある荷物は、家事動線、生活動線をどう便利にしてくれるか?

この疑問にしっかり答えを持つ間取りを仕上げることを優先して頂きたいのです。

階段下収納にラックや棚を考える前にやるべき事2.収納不足の原因追求

年末年始の大掃除だけでなく、男子が能く溜め込む余分な荷物の典型的な1つに空き箱があります。

・売却する時に、少しでも価格が上がる。

こんなことを願っていつまでも使わない空き箱を丁寧に収納棚にしまっている方も決して少なくないのです。

しかし、この余分な荷物こそ、収納不足の原因の1つと言えます。

「子供のおもちゃの箱を取っておいても、どうなるのか?」

将来は、箱が破れたり、潰れたりということが前提になることが圧倒的多数。

このような未来だったら、おもちゃ箱を大きめに用意して全て収納可能な方が収納スペースも余分に掛かりません。

なぜこんなに荷物が多いのか?

この疑問を持ったら、まずは階段下収納にラックを不要と出来る荷物整理から始めてみてください。

階段下収納にラックや棚を考える前にやるべき事3.付帯工事費用確認

階段下収納をもう既に間取りに採用してしまっている方は、簡潔させない事をおすすめします。

これまでの内容でご紹介してきたように、安易に固定棚になるような配置は、後々の生活動線も不便を感じる失敗後悔の原因になります。

よって、必ず将来ラックを取り付けてもらう事への費用確認を先にしてください。

保証がある無いという内容も当然ですが、専門的な視点から、必ず自分たちの現状の課題に沿うアドバイスが聞けるはず。

今の自分たちの理想はあくまでも思い込みが中心である。

この意識を持ってください。

新築間取りを最初からイメージ通りに全て収納完備出来る方の方が圧倒的に少ないのです。

収納が多くて余ったら、解決できるかと言っても、そのあまりのスペースも手入れが必要になるだけ。

要は、余分なスペースは、床だけの方が手入れも圧倒的に楽なのです。

荷物を置く場所が確保される生活を望まない事が重要です。

以上が階段下収納というスペースだからこそ、ラックや棚というアイデアを考える以前に必要になる考え方。

我が家も実際に、片付けという名の処分を徹底的に2016年は行っております。

私の服も妻と結婚してから12畳分のクローゼット収納していた服は、今では3畳まで減りました。

あっても財産になる物は殆ど無い。

つくづく私生活を振り返りムダが多いと感じた私。

だからこそ、この記事をご覧のあなたにも新築一戸建てという新しい環境の生活をより快適な生活空間に仕上げていただくために、処分ありきの生活を伝えたいのです。

この他にも階段下収納については、階段下収納アイデア【棚,照明,扉,diy】等失敗後悔注意点まとめにてご紹介してます。

まだ意識もしていなかった!

こんな声をあげないために見落としポイントがあるかないかを含めてお役立てください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂きましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

当サイトおすすめコンテンツ

PR 新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ