フローリングに布団は痛い!対処法と見極め方一人暮らし体験記

スポンサーリンク

フローリングに布団を直接敷くのは痛いのか?

一人暮らしで少しでも部屋を広く使える方法を探す人は多い。

ベッドを置くとスペースを取る。

ベッド下に引き出しがあるタイプはフレームも費用が高い。

寝るだけですぐに部屋としても使えるようにしたい。

こう考えると、布団は確かに合理的に見える。

しかし、和室の畳のある物件ではなかった。

こうなると、カビ対策などの問題も浮上する。

今回の記事以外にも、フローリングと布団という悩みについて記事を書いています。

フローリング布団の下に敷くもの

フローリングに布団!下に敷くものを知るより大切なリスク認知!体験記

クローゼット布団収納毎日

布団毎日収納にクローゼットは現実的ではない?注文住宅間取り計画

ベッドでも布団でも湿気が伴う。

マットレスを敷いたからといって、ベッドはカビが発生しないとは限らない。

4.5畳や6畳一間の部屋をどうシンプルに生活しやすい空間に仕上げるのか?

収納も必要。

寝室ならなおさら部屋としてもっと合理的に部屋を活用する方法を模索したくなる。

しかし、床に雑魚寝をして体が痛くならない人ばかりではありません。

私もかなり痛い思いをした経験をした一人。

だったらどうすればいいのか?この点を今回の記事で以下の項目を使ってご紹介していきます。

フローリングに布団は痛い人の注意点

フローリングに布団が痛い時の対処法

フローリングに布団が痛い時の臨時策

自分自身が実際に経験した内容を含めてご紹介しています。

フローリングに布団は痛い人の注意点

フローリングに布団は痛い

まだ若い時なら、多少体に痛みがあってもすぐに回復することも多い。

そうなると、日中しっかり動けるなら寝る時だけと思って無理をするケースも増える。

痛みの進行に気付くタイミング

仕事柄、よく腰を痛める。

職業病として、腰痛や肩こりは当たり前になっている。

毎日仕事に行った時、何かしら体に不調や不安を感じる人は多い。

しかし、そうしたことも毎日の仕事関連の一環だと勝手に思い込んでしまっているケースはある。

放置した結果、かなり症状が悪化してから病院などに行くケースもある。

まずは自分の健康を管理する上で、以下の点は注意していただきたい。

  • 翌日に痛みを感じたらすぐにやめることを検討する。
  • 原因が他にもあるという時にもまずは快適な睡眠を優先して慎重に考える。
  • しっかり眠れなかったという事だけでも寝具は見直しが必要。

枕、マットレス、掛け布団、室温、湿気。

さまざまな要因が考えられる睡眠の質。

さらに別の見方をするなら、ストレスや自分の気持ち的に動揺している時にも呼吸が乱れたり、心拍が乱れることもある。

でも体が痛いというのは、何か原因がなければ起こらない。

さらに言えば、最近布団を変えたということがきっかけという時点で毎日の生活だからこそ、見直すべき時期だと私は伝えたい。

 

フローリングに布団が痛い時の対処法

フローリングに布団は痛い時はどうする?

まずは直接布団を床に敷くのをやめる。

すのこを入れてみる。

布団を2重にしてみる。

このような内容を私も少し前に経験した。

でもこの場合も以下の点は注意してほしい。

除湿やインテリアなどの環境

どんなタイプの寝具を使う場合も、必ずベッドのある空間には除湿器を置く。

環境として自分が不在になった時、少しでも湿気を排除するのがポイント。

睡眠時にも人は汗をかく。

当然、汗もカビやダニの原因になる。

直接肌に触れていない床に面する場所も湿気を蓄積しやすい。

だったらまずは、生活をしていない時間に除湿は徹底する必要がある。

これは、他の生活の時にも部屋の環境の質が良くなることにつながる。

乾燥シーズンには加湿と空気の入れ替え

冬は特に注意が必要。

寝ている時に汗をかくと考えるよりも寒さ対策が先。

すると、そのまま敷きっぱなしで少しでも同じ環境で放置しておきたいと思う人が増える。

出もそのままにしているという事は、その分カビが発生する可能性が高い状況を続けることになっていく。

使わないなら、床も空気に触れさせる。

敷き布団は必ず一ヶ所に定着させない。

この2つは必ずいしきをしておくことが大切。

 

フローリングに布団が痛い時の臨時策

フローリングに布団は痛い時の対処法と見極め方

もし体が痛いと思っていても少しでも節約をしたいと思うならどうすればいいのか?

この場合の空気を入れる層の作り方についてご紹介していきます。

寝る前の一工夫

体の痛みを解消する。

クローゼットを開けっぱなしにして通気を考える。

このような条件のもと、洗濯物も部屋干しして対応。

さあ自分が寝る時良い条件にするにはどうすればいい?

この答えは、タオルを使う。

無料で手に入れることは難しい。

しかし、低価格な商品をまとめて数枚購入して、布団とフローリングの間に入れる。

これだけでも寝るスペースに少しクッションが入るような状態になる。

もちろん、この時の寝心地にもその人の体質や寝る時の姿勢の癖などにより影響はさまざま。

でも少しでもスペースを作ることで緩和させることは可能になる。

簡単な方法は効果もそれなり

家を出て、一人暮らしのセットを選ぶ。

こんな時に使える方法を考えるなら、使えるものはすべて使うというのもアリだと思います。

具体的には、以下のような対策をとることが可能。

  • 段ボールを敷布団の下に入れる。
  • カビの発生を防ぐためにフローリングは必ず朝から拭き掃除を行う。

当然手入れは少なくなる方が理想。

でもなかなか何もしないのは難しい。

だったら、何かクッション性のある素材を入れてみる。

この対象があることで自分の中でも何か安心の気持ちが芽生える事が大切。

心配と言っていながら、何もしないし薄い布団を敷いたまま放置。

これはかなり危険。

湿気を吸って吐き出すのはフローリングの方面。

当然、シングルでもセミダブルでもカビが生える可能性がある。

だったら、少しでも両面使って、吸湿した分を逃がすためのアイテムを置いておくことが重要になる。

おしゃれよりも機能性重視

い草を使用するとか除湿関連のアイテムを使用する。

こういう内容も確かにアイデアの中の1つになる。

でもこの時には当然コストもかかりますよね。

布団乾燥機の代わりに日干しをする。

こんな努力をしたい人にも数日天候が悪くなっている時には対処のしようがない。

外に干すこともできないし室内環境もあまりよくない。

布団の厚みも足りない。

こんな時なら、とにかく複数の安い方法を組合わせて実践してみる。

すのこも段ボールも見栄えはあまりよくないかもしれない。

でもそんなことよりもカビが発生して胞子を吸うよりもマシ!

こう考えるのが安い方法で高い効果を期待するには必要な条件になっていく。

手軽な方法ほど定期的メンテナンス

仮にうまくいく方法を知って季節が変わった時までは対応可能な状態になった。

でもその後の状況は関知しない。

一度環境を作り、また違和感があったら替える。

これは正直に申し上げるなら、避けてほしい。

なぜか?

自分の体への負担と使っているアイテムの劣化は比例しない。

そして、体が慣れたという環境になってからでは、違う方法を選ぶ時にも課題が多くなる。

今までと何が違っているのか?こんな疑問を抱きながら寝るのは切ないですよね。

まずは毎日違う方向に折り畳み、その後の管理まで行う。

素材の下と上を両面使える商品を選ぶ。

こうして何とか同じ面を使わないようにしておくことも除湿という分には効果が期待できる。

あなたにとって睡眠は毎日必要な事のはず。

だったら、まず毎日やっても苦痛にならない方法をピックアップしていきましょう。

その上で、自分のライフスタイルで限られた時間を使う範囲で終わるのか?

こうして選んでいくとさまざまな方法が紹介されていても現実を考えるとそこまで複数良い方法になっていることは少ない。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ