中古住宅ローンの確定申告はいつ?自分で何か必要?

スポンサーリンク

中古住宅の住宅ローンを組んだら確定申告はいつ?自分で何かするのか?という内容をご紹介しています。

このページをご覧いただきありがとうございます。

住宅ローンの確定申告って何?

こうした状況のまま中古住宅や新築を購入する予定になった人も当然いらっしゃいます。

特に中古住宅は出会いや運があります。

ですから、思い立った時に、住宅ローンの確定申告を知らないことも珍しくないのです。

今回の記事では、中古住宅の住宅ローン確定申告はいつなのか?自分で何かするのか?と言う内容について、以下の目次でご紹介していきます。

中古住宅も住宅ローンの確定申告はあるのか?

中古住宅の住宅ローン確定申告はいつ?

中古住宅の住宅ローン確定申告で自分が行う準備

少しでも、今の状況から未来予測を含めて、スムーズに購入後の生活が出来る準備として御覧ください。

スポンサーリンク

中古住宅も住宅ローンの確定申告はあるのか?

中古住宅も住宅ローンの確定申告はあるのか?

スポンサーリンク

中古住宅購入後も住宅ローンの確定申告ってする必要があるの?

こんな疑問をもつ方も多いです。

住宅ローンの確定申告は新築も中古も関係ない!

住宅ローンの確定申告は新築も中古も関係ない!

実際に、住宅ローンの確定申告というのは、別にしなくても良いもの。

何故か?

損をするのは、住宅ローンを組んだ人のみだから。

住宅ローンの確定申告をするというのは、税金還付のため。

国からすれば、当然忘れてた、放っておいたという方には、何も還付しなくて良くなるのです。

しかし、住宅ローンですから、新築も中古も関係ないのです。

ですから、中古住宅の購入でも、確定申告はしないと損!

まずはこの事実を知っておくことが重要なのです。

では続いて、実際にはいつ何をするのか?をご紹介していきます。

 

中古住宅の住宅ローン確定申告はいつ?

中古住宅の住宅ローン確定申告はいつ?

中古住宅の住宅ローン確定申告とはどんなタイミングで、どういう内容を届け出るのかをご紹介していきます。

中古住宅の住宅ローン確定申告は引き渡し日翌年!

中古住宅の住宅ローン確定申告は引き渡し日翌年!

そもそも確定申告と言うのは、前年1月1日から12月31日までに自分が使った費用で、減税対象になる届け出。

ですから、住宅ローンも翌年の確定申告時期に届け出するのが一般的。

実際に、いつかといえば、2月中旬から3月中旬。

  • 個人自営業
  • 医療費控除

このような内容で、確定申告は自営業の届け出なんてイメージが強いですよね?

しかし、会社員や公務員でも、このような減税対象の手続きというのは該当する内容があります。

中でも代表的なのが、住宅ローン控除です。

前年に家を買って、住宅ローンを組みました!

金利を払っているので、減税対象にしてください!

このような意味で、確定申告が必要になるのです。

でも、住宅ローンを組む時は、審査を受ける時も自分はただ申し込みをしてから指示に従っていただけの状態。

改めて、自分で手続きするって何をすればいいの?

この問題を解決する初心者でも簡単な方法をご紹介していきます。

 

中古住宅の住宅ローン確定申告で自分が行う準備

中古住宅の住宅ローン確定申告で自分が行う準備

実際に確定申告を自分で行う時って何を用意したら良いの?

そもそもその用紙とかってどこにあるの?

このような方も多いです。

住宅購入は人生に何度も経験するものでもありませんし、知人が全員経験してるとも限りません。

そこで、最も簡単な方法をご紹介していきます。

中古住宅住宅ローン確定申告準備は、いつからが理想?

中古住宅住宅ローン確定申告準備は、いつからが理想?

実際、中古住宅を購入して最初の手続きは、翌年。

しかし、不慣れな方の場合は、書類の準備なども不安が多いですよね?

そこでオススメは前年からできるだけ準備をすすめることをおすすめします。

具体的には何をするのか?

この答えは、自分の住宅購入をした地元でできます。

中古住宅住宅ローン確定申告準備に相談する場所は?

中古住宅住宅ローン確定申告準備に相談する場所は?

確定申告を担当しているのは、税金。

税金ですから、税務署が担当となります。

そして、自分の購入した市の管轄する税務署で相談するのがベスト。

  • 具体的には、以下のような質問をしておきましょう。
  • 中古住宅を購入して住宅ローンを組みました。

確定申告に必要な書類をいただけますか?

こうすれば、簡単に年号が空いている用紙をくれます。

この書類と合わせて、以下の内容を自分の手元に用意しておくことが必要になります。

  • 住宅の引き渡しを終えた年の源泉徴収票(なくしたら、会社に再発行を依頼できます)
  • 銀行から発行される借入金残高証明書(こちらも再発行可能)
  • 土地、建物の登記簿謄本(住宅購入時に必ず受け取っています)
  • 売買契約書(中古住宅購入する会社との取引で受け取っているはずです)
  • マイナンバー本人確認書類

このような内容が必ず必要になりますので、全てを手元に用意しておきましょう。

銀行からの借入金残高証明書は、11月位に発行されることも多いです。

こうした書類の準備ができたら、引き渡しが終わった翌年2月には手続きが出来る準備が整います。

以上が、中古住宅住宅ローン確定申告の流れとなります。

ページを最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ