任意売却の流れや」期間【メリットデメリット】

スポンサーリンク
  • 任意売却の流れを知りたい
  • 任意売却のメリットデメリットを知りたい
  • 似んあい売却はどのくらいの期間が必要?

こんな悩みを解消します。

物件売却関連記事。

財産分与

【離婚と財産分与】マンション売却?ローン残債ありの名義変更や注意点

スポンサーリンク

今回の記事では、任意売却の流れや期間、メリットデメリットについて、以下の目次でご紹介します。

任意売却の流れ

任意売却のメリットデメリット

任意売却を成功させるコツ

スポンサーリンク

任意売却の流れ

計画の流れ

任意売却とは、簡単に言えば、住宅ローンの支払いが厳しい、払えない時の差押解除及び抵当権抹消してもらう任意の売却方法。

略語では、「任売」とも呼ばれています。

競売との違い

比較項目 競売 任意売却
売却価格 市場の7割程度 市場価格に近い価格
プライバシー 新聞やネットで公開されるため、近所に知られる可能性が高い 事情を知られずに売却も可能
自己資金 引越し費用など 一切なし
残債 任意売却より多く残る可能性が高い 競売よりは残債が少なくなる可能性が高い
住み続けたい 不法占拠者として追い出される リースバックを利用することも可能
引越し 自由に選べない 債権者との協議を行い、引越し日を決められる
自己決定 所有者の医師は関係ない 債権者の協議は必要です

任意売却のメリット

競売になるくらいなら、少しでも高く買ってもらえる方法を選びたい。

こんな人には、任意売却のほうがおすすめです。

【自分で決められる】

売るタイミングや引越しのタイミングを自分たちで計画したい人には、任意売却を選ぶべきです。

 

任意売却のメリットデメリット

メリットデメリット

メリット

  1. 現実的な金額が出てくる
  2. 売却条件の交渉が可能
  3. 競売より高値で売却できる可能性がある
  4. 新しい生活を始めるまでの準備期間を作れる
  5. プライバシーが守られる

デメリット

  1. 個人の信用情報が傷つく
  2. 保証人になってくれた人に迷惑をかける
  3. 個人の判断だけでは売却が決定できない(売れない可能性)
  4. 残債分の支払いは続く
  5. タイムリミットがある

 

任意売却を成功させるコツ

成功

まずは早めに行動をすることが重要です。

個人の判断が難しい部分

任意売却の主導権は、金融機関が握っています。

つまり、個人の判断で売却をすることができないのです。

よって、早く行動をすることで、明確な返済プランを考えることが重要です。

タイムリミットを守る

売却活動を開始してもすぐに売れるとは限りません。

広告を出して、すぐに買い手が現れるとは限らない。

ローンを滞納してから10~12ヶ月がタイムリミット。

だからこそ、滞納から3ヶ月程度で準備を始めるようにしましょう。

残債分に対する準備

地価相場や周囲の物件の価格帯をリサーチしましょう。

この結果、自分の住宅ローン残債には届かないこともあります。

残債は一括精算をするのか?

どの程度までは、支払いは続くのか?

より具体的な金額や返済期間等を明確にすることが大切です。

任意売却に必要なコスト

早めに取りかかれるのは、理由があります。

それが、自己負担金がないこと。

しかし、不動産売却に必要な費用があります。

以下のとおりです。

  • 滞納した管理費や修繕積立費(マンション)
  • 滞納した固定資産税
  • 抵当権抹消手続き費用
  • 抵当権解除の書類作成費用
  • 不動産会社への仲介手数料
  • 売却活動費
  • 相談費用

等が求められます。

一時的には自己負担をしなければいけない。

つまり、ローン残債以外の諸費用の準備をすることも大切です。

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ