スポンサーリンク
シーリングライトとは?おすすめについて、この記事をご覧頂きありがとうございます。 シーリングライトとは?を気にしてる新築購入予定者には、以下のような悩みが増えています。
  • シーリングライトとはLEDなら、ダウンライトよりお得?
  • シーリングライトとはどんな形状?デメリットやリスクは?
  • シーリングライトで新築におすすめは?
少しでも節約をしたいと考える機会が多いのが、新築打ち合わせの中でも配線工事費用。 コンセント等使うべき内容が多い中で、照明コストを抑える目的で、シーリングライトを気にしてる方も多い現代。 新築照明の30坪台の見積もり価格についても体験をご紹介しています。 新築照明費用に多い失敗後悔原因 新築照明費用はいくら?見積もり額が高い時の節約ポイント体験記
スポンサーリンク
新築照明の失敗をリフォーム相談を受けていた現場時代の問い合わせが多かった内容からご案内しています。 新築照明失敗 新築照明失敗原因3つの特徴と後悔しないプランニングのコツや注意点現場に多い相談体験記 私のサイトは、新築購入ご失敗後悔をしてほしくないという思いから、マンション,一戸建て購入体験、現場経験を活かし各記事をご紹介しています。 サイト管理人2児パパニッキーと申します。 シーリングライトとは?について、新築照明のオススメをふくめてこの記事では以下の内容をご紹介していきます。 シーリングライトとは?画像付 シーリングライトとは?新築照明選びに多い失敗後悔原因 シーリングライトとは?おすすめの新築照明活用法 以上の内容について、1つ1つ初心者でも解りやすい表現でご紹介しています。 新築照明の選び方をシーリングライト、ダウンライトで迷う方はお役立て下さい。
スポンサーリンク

シーリングライトとは?画像付

シーリングライトとは?画像 シーリングライトとは?という内容について、現場経験を活かし、初心者の方でも解りやすい内容でご紹介していきます。

シーリングライトとは?

シーリングライトとは?賃貸も新築もまだ一般的? 新築照明を選ぶ際に、どうしても新しい、最新と言う言葉を意識している方も多い現代。 しかし、シーリングライトとは、まだまだ新築市場でも照明の中では一般的に使用されているのが現実。 何故か? シーリングライトとは、取り付け口が破損していても、簡単に修繕が個人でも出来るような商品だから。 実際に、私達が築40年の一戸建てに住んでいても、築20年の賃貸生活をしていても、シーリングライトは取り付けてから簡単に付ける事が出来ています。 このサイトをご覧の方の中にも、「一人暮らしをした際に、照明を自分で付ける事ができる!」 こんな声を出せる方もいらっしゃるはず。 これは、全てシーリングライトが一般的であるからこそ。

シーリングライト実例

そもそもシーリングとは何か?という言葉を解説していきます。 シーリングとは、水密性、気密性を目的に、隙間などに合成樹脂やゴムなどを用いて、穴埋めをしている状況のこと。 そして、違う言葉cellingでは、天井という意味も持ちます。 よって、天井用照明に、シーリングライトが用いられるようになったのです。 シーリングライトとは?取り付け部分画像 実際に画像をみると、「あぁコレのこと!」と思う方も多いと思います。 まさに、実家住まいや賃貸生活の方は、必ず照明がない時の状況を見て、このような取り付け口を見たことがあると思います。 この取付口に照明を取り付けるタイプが、シーリングライトです。 ではこんないつも見慣れているはずのシーリングライトなのに、新築照明では失敗後悔になる原因をご紹介していきます。  

シーリングライトとは?新築照明選びに多い失敗後悔原因

シーリングライトとは?新築照明失敗後悔原因 シーリングライトとは?がイメージできた。 しかし、シーリングライトの新築照明で失敗後悔の原因が想像できない! このような方のために、失敗後悔する選び方をご紹介していきます。

種類

種類 新築照明にシーリングライトを選ぶ際に、照明が暗いと言う悩みはかなり少ないです。 何故か? 単純に、目安となる畳数が既に商品を見た時に掲載されているから。 では何が原因? この答えは、ムダな機能を採用した結果です。 具体的には以下のような機能が失敗後悔の原因となります。 ・ファン付 単純ですがよくあるんですよ。 ファンが壊れた。 この問い合わせは、かなりシーリングライトの故障相談でも多いんです。 しかし、原因を見ていくと、ホコリが詰まった事が原因というケースもあるのです。 天井に取り付けるというのは、やはりホコリをファンの上に乗せる事にも繋がります。 だからこそ、余分な機能を選ぶことによるシーリングライトの失敗後悔は未だに終わりを迎えることが出来ないのです。

デザイン重視

デザイン重視 シーリングライトには、デザインが実に豊富になりました。
LED対応の興味が増す現代に、デザイン性を選ぶ選択肢には、シーリングライトの方が圧倒的に多数存在しています。 昔は、和室の古臭い電気というイメージが強かったシーリングライト。 現代では、以下のようなシチュエーションにも対応しています。
  • ホームシアターシステム
  • 時間による照明点灯機能
  • 色彩変更機能
実に様々な機能を搭載させて、部屋の演出パーツの1つとして活用されています。 しかし、サイズがどんどん横に広がっているのが気がかり。 照明が1つしか無かった過去に比較して、スポットなど照明の数が乱雑に配置されたタイプも存在します。 こうしたシーリングライトで新築照明を飾ると、以下のようなデメリットに直結します。
  • 引っかかる。
  • 角度調節ネジが緩んだ
私も実際に、スポット照明タイプを使ったことがありますが、角度を何度も自然に緩んだ事により修正しなければいけない面倒な手間がありました。 商品の当たりハズレも考慮しなければいけないのが、新築照明の使用環境により、大きく異なる事が失敗後悔の原因にもつながっています。

飽きる

飽きる シーリングライトは、実際に多くの方が新築購入前にも多く体験してきました。 人は、多くの事に、新しい事を取り入れる事により、精神的に満足する傾向もあります。 いくら種類が多いとは言え、やはりダウンライトのようなコンパクトさとは全く違うのがシーリングライト。 つまり、飽きがきて、工賃をまた新しく払うことに対して、失敗後悔を感じる方も多いんです。 シーリングライトそのものに対する価値観の変化。 この点は、使っていないからと言うだけでダウンライトを見送る考え方とすり合わせをしないことをおすすめします。 では最後に、シーリングライトを新築照明に選ぶおすすめの活用法をご紹介していきます。  

シーリングライトとは?おすすめの新築照明活用法

シーリングライトおすすめ新築活用法 新築照明におすすめするシーリングライトの選び方についてご紹介していきます。

混合

混合 シーリングライトを全ての部屋から排除する必要は正直ないと私は考えます。 何故か? 単純に新築には、子育て世代、2世帯という環境が発生しているケースの方が圧倒的に多い気がします。 そこで、意識してあげなければいけないのは、個人により明るさの好みが異なるという実態。 シーリングライトのような光の広がりをダウンライトは発揮できません。 そして、スポット照明としての機能をシーリングライトは持ち合わせていません。 つまり、組み合わせる条件は、新築には、十分存在しているのです。 ですから、偏ったORの考え方ではなく、融合することをまずは前提としてご検討していただきたいのです。

形状

形状 先程ご紹介したように、現代のシーリングライトは実に様々な形状や機能を持ちます。 しかし、居住スペースに適切な光を届ける事が照明のそもそもの働き。 であるなら、新築照明こそ、私は最初はシンプルが最も良いと考えます。 その根拠は? 以下のような条件が新築住宅では、未知数となります。
  • 風向きや風量
  • 日陰や日当たりでほしい光量の違い。
  • 部屋に荷物を搬入した後にほしい照明スポット
このような内容を住んでから、リフォームしなくても解決可能なのが、シーリングライト。 種類を買えるだけで良いですよね? だったら、最初は、何も飾らない丸や四角のシーリングライトを選んで配置してみる。 この考え方が私はテストを兼ねて最も大切だと思います。 使わないと思った商品は、万が一の故障時の予備として保管しておけば良いのですから。 それに、新築購入時には、他にも費用がかかることが山積み。 だったら、照明は、安い物をまずは無難に生活に困らない程度に配置する。 何も最初から完成形を求める必要は新築には無いのです。 しかし、リフォームを要するような工事が必要になるような結果になるのは失敗後悔と言えます。 だからこそ、シーリングとダウンライトは共存し、シーリングはデザインで選ばず、照明としての最低限機能で考慮する。 この考え方がおすすめできる活用法であると私は新築購入体験からも確信しています。 私は、ダウンライトも使用しています。 新築照明については、室内仕様に共通するダウンライトについてもご紹介しています。 ダウンライトとは新築照明 ダウンライトとは?新築照明デメリットやリスク,失敗後悔注意点実例画像付 リビング照明について、LEDダウンライトを検討している方への注意点もご紹介しています。 リビング照明ダウンライト 新築リビング照明選び方LEDダウンライト配置画像付解説 比較しながら、何が自分たちの新築には必要な照明なのか? まずは、総合的な視野からご覧いただけたらと思います。 この記事を最後までご覧頂きありがとうございました。
スポンサーリンク