独身の一戸建て間取り成功のコツ|業界経験者が解説

スポンサーリンク

新築の注文住宅を購入しようとする人は既婚者や子供がいる家族だけではありません。

単身者(独身)の男性女性でも住まいのエリアにおける以下のような悩みからマンションや戸建て購入を検討する時代。

  • 兄妹が多いため、実感に戻るのは難しい。
  • 家賃と賃貸物件の価値が自分の中で納得できていない。
  • 結婚してから住宅が必要となるのは自分の年齢的にも困る事が多い。

今はまだ彼氏彼女がいない環境の人でも将来は好きな人が現れるかもしれない。

その時、家族向けに今から新築一戸建てやマンションを購入しておくことで住宅ローンの完済も年齢が早くなる。

こうすれば、当然必要以上に老後の暮らしに心配をしなくて済む。

自分の人生設計を考えたら、そろそろ独身でも家が必要と思うケースはある。

私自身も実際に最初の新築マンション購入時は独身でした。

同じように将来の結婚準備を含めて物件を買う事を決意した。

当然部屋の必要な数も広さも家族の人数が分からない状態ではけんとうもつかないかもしれない。

しかし、そろそろ家を買う年齢だと思う時、本当に自分が住宅を好きなら買っておいても失敗しないケースもある。

実際に私も無料でいろいろな人の相談にのって、住宅ローンの組み方や不動産の探し方などの情報を提供して紹介をしている。

まずは自分の生活的にどんな情報を見ておくべきなのか?

高い買い物という考え方は必要ないと思う。

ずっと住み続けられる家がある安心は大きい。

ただ無理に広い家を購入しても大きな負担になる可能性もあるのが不動産。

そこで、今回の記事では、独身の一戸建て間取りを選ぶ時のポイントを以下の項目でご紹介しています。

独身一戸建ての間取り1.土地

独身一戸建ての間取り2.階層

独身一戸建ての間取り3.広さ

自分がどんな家を持ち、どういう暮らしを望むのか?

土地の資産価値が高い場所に広い家を用意したら勝ち組と思っているのなら、それは危険だと私は思っている。

趣味にお金がかかるという人が持つべき家はどんな間取り?

こんな探し方をする人もいる時代だからこそ、まずは選択する時のポイントをご紹介しています。

独身一戸建ての間取り1.土地

独身一戸建て間取りと土地の問題

家の大きさは正直大小さまざま。

都市部に入れば、広い土地よりも利便性の高い狭小地の方が資産価値が高くなる事も多い。

一方で、地方に行けば、ある程度広い土地というのも需要がなければ分割しないと資産価値がほとんどないというエリアもある。

こういう土地に基づく自分のお金の使い方は大きく一戸建て購入予算に影響を与える。

独身の一戸建て探しの注意点

将来は結婚して子供も欲しい。

このように思っているなら、まずは仕事の通勤よりも育児環境の充実性を求める事が重要。

今は一人だから、保育園とか小学校なんて目を向ける必要はない。

このように話す人が家を建てると、婚活の時に苦労は多い。

単純に男性が女性に家を持っているという時にも以下のような質問が最近は増えている。

  • 学校はどこの学区の物件?
  • 家賃の相場はいくらくらいのスペースがある?
  • 何ldk?

このように、住むエリアをまずはポイントにしている事が多い。

これは、育住という関係から、どこに住むことでスペースが小さい場合でも子育てに安心と考える人が増えている。

私の周りでも子育てをしながら実際に家を建てる計画をしている人達からこういう相談が多い。

人気のエリア。

この言葉の中には、誰がターゲット委なっているのか?

この点を重要視しなければいけない。

 

 独身一戸建ての間取り2.階層

独身一戸建て間取りと土地の問題

どのくらいの価格で平屋、2階、3階建てどの階層で建てるべきか?

住むエリアによって、大きく異なる階層の問題。

狭小住宅の中に建てるのか?

隣との距離が近い場所に建てるのか?

人や車の往来が激しい通り沿いに建てるのか?

外部からの視線対策やプライバシーのもd内を考える必要があるエリアも多い。

最近は、近所の事情を知らないけれど、会社の近くでさらに人気の学区という探し方から土地を選ぶ女性も多い。

将来の可能性を考えるなら、まずは男性でも女性でも2階建てを優先することを私はオススメしたい。

2階建てを選ぶべき理由

自然災害

異常気象

台風の同時発生

近年の日本の気候などを考えてもやはり単世帯でも2世帯でも家づくり後の安心は自然の驚異が問題になっている事が多い。

  • 河川の氾濫
  • 床下浸水
  • 冠水被害

上記のような内容に対して住まいの知識がない状態で多くの被害を受けた場合、ローンを返済しているのに、リフォームをまとめて行う必要性も出てくる。

ペットの需要と可能性

愛犬家

ペットは家族。

犬を飼っている人に魅力を感じた。

このような場合に、一緒に入居をする事が可能な家を考えてみよう。

全てが一つの階層にあることは確かに家事や生活は楽。

しかし、注意するべきことは、ペットと一緒に暮らす際のいたずらが増える事。

実際私の友人も子供が増える事よりもペットを飼い続ける事を老後まで考えた家づくりをした。

あくまでペットと住んでも問題がない。

このような事も家を所有する前に一定の割合でそういう需要があることを含めて検討する必要がある。

こうなるとプライベートスペースとして利用できる階層が欲しいと思う人が増える。

子供が利用するとか人の数だけでなく、色々な角度から誰と暮らすのかを考える事も大切な時代と言えるのでは?

 

独身一戸建ての間取り3.広さ

独身一戸建て間取りと将来の問題

私も正直、価格の問題と所有する土地の広さは非常に迷いがあった。

手にすることが可能なら、できるだけ安くて広い土地に住んでみたい。

しかし、結局老後の事を考えたら隣の老夫婦からこんなことを言われてしまった。

「広い庭や駐車場があることは来客用としては便利。」

「でも生活を考えるなら、少しでもその分風呂やトイレが広い方が老後に住んでいく上では大切な事だよ」

実際に、平屋を所有して、駐車場を3台分というスペースを手にしているのに、自分たちは車がない。

このような時に、いくら土地が安くても家の中が狭い状態なら体の負担は増える。

こんな考え方をまだ働き盛りからは見えていなかった。

どこまで子どものことをいろいろ考えられるのか?

この答えももちろん大事。

しかし、少し先には、子供たちは成人になって自分でもっと自由にいろいろなことが出来るようになる。

でも大人はいろいろ言われても難しい状態になっていく。

こう考えたら、家庭を守るという事を家のデザインで考えるなら、まずは2ldk、3ldk、4ldkのいずれかが住みやすくなる。

そして、窓を含めてどこかのタイミングで少しずつリフォームがしやすい余裕のある間取り。

これが窓1つとっても大切になってきた。

最大の問題は家具や家電

最近は、家具も家電も車もどんどんサイズアップしている気がする。

コンパクトな賃貸住宅用の一人暮らしの家具も結局は、多様性という意味で、ソファも収納兼用などが登場している。

  • リクライニング
  • 電動
  • ゆとり

こんな言葉が目立つようになった分、少しずつサイズアップを続けている。

同じ様に家電も人の数に応じた必要な量がある。

よって、最初は独り身でも、とにかく今後の家庭での生活になった時にもどこに何を配置できるのか?

この問いに、必要となる余分なゆとりを必要としている。

自分の一人暮らし基準で広さを考えすぎるとのちのち狭いという問題に直面するリスクだけは避けなければいけない。

これが、私が1度自分でマンションを購入した後に、2階建てが欲しいと思うようになった体験から学んだ内容です。

少しでも将来の家族になる人にも満足してもらえる家を考えてみてください。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ