銀行が融資を断る理由はシンプルだった!営業からの答え体験記

スポンサーリンク

銀行に融資の相談をする人は多い。

事業として法人、個人事業主など会社の資金繰りを調整したい人。

不動産におけるリフォームや購入を含めた住宅ローン。

子供の教育に必要なローン。

さまざまな事情があって、今の状況を改善したいと考える人が資金を求めて相談に訪れる。

しかし、銀行は会社にすら、経営の状況などを審査した上で、融資を断るということもある。

私自身も事業を行っており、今後のいろいろな可能性を含めて相談をしたことがあった。

まだ今の状況では事業関連の内容で資金繰りが悪化していることはない。

将来に備えた確認。

こう考えた私が実際に営業から言われた注意しておくべきポイントについてご紹介していきます。

融資が断られるのは、個人でも覆い。

フラット35住宅ローン審査が甘い銀行

住宅ローン審査が通りやすい,甘いフラット35|勤続年数1年で通った体験記

スポンサーリンク

経営者として事業を営む人の中には、最初に初期投資が必要な事業も多い。

しかし、その中で、何を根拠に融資を断られてしまうのか?

この点を今回の記事では、営業から言われた注意点として、以下のような項目でご紹介しています。

銀行が融資を断る理由は3つある

銀行が融資を断る理由は増える

銀行が融資を断る理由と通すコツ

借入が多いなどの情報がもう既に借りる側にも自覚があるのであれば、それはもう何を言われても仕方がないと思える。

しかし、決して情報化社会の中でも今の状況と条件は悪いと思えない。

社長が交渉を試みても全く相手にされないような状況になると納得ができないと考える人も多いはず。

そこで見直してほしい内容をご紹介していきます。

スポンサーリンク

銀行が融資を断る理由は3つある

銀行が融資を断る理由は3つある

正直、交渉なんてスキルを対策として考えるのはもう古い。

実際主要な取引をして、決算書もすぐに提出できる状態でも融資を断られることは多い。

なぜこんなことになるのか?

市場の傾向

市場の傾向

最近は、不正の発覚やリコール問題。

決算書の改ざんやら架空の取引など不穏な声が広がりを見せている時代。

情報化社会になっていくら銀行の担当者といろいろな事を報告している中でも個人的感情は一切ない。

銀行として貸し出すメリットはどこまであるのか?

この点も金利的にそこまで多くのメリットがないと判断された場合は?

統合を繰り返す銀行や金乳期間の場合は、返済が遅延や延滞する可能性がある対象は、一切を融資する前にはじく。

この徹底ぶりが最近は顕著になってきている。

つまりは、貸してくれないという動きは、その銀行側の都合上これ以上多くの場所でのリスク管理が難しい状況になっている可能性もある。

属性の不安

属性の不安

社長の会社は問題ないのかもしれない。

資本金も多くをきちんと管理しているし、業績の成長率も決して低い推移ではない。

でも多くの企業の中の1つ。

問題のポイントは、この返済計画よりも企業全体の不安要素。

つまりは、その会社に問題がありそうという事ではない。

その業種そのものに対して、財務的な状況があまり評価が良くない。

こうなると、いかなる事業計画も結局は同じ関係という属性として見られる。

結果的に、同じ対応を必要とされる

営業の力

営業の力

例え、いくら実績がある会社が融資を受けたいと伝えたとしても書類を作成するのは銀行の営業担当者。

つまりは、その実績を良い状況であると伝えるだけの書類を作成しなければいけない。

しかし、この内容をあまり知らない会社からお願いされたらどうだろう?

売上がどうであれ、その業種や職種は何もわからない。

こう判断されたら、難しい内容は考えるよりも先に失敗を恐れてダメとしておく。

こんなトラブルになる可能性を銀行側が判断できない状況に陥るケースもある。

ベンチャー企業や新規参入するようなサービスにはこういうケースが多い。

 

銀行が融資を断る理由は増える

銀行が融資を断る理由は増える

景気後退

中小零細企業の廃業。

いくら売上があってもダメ。

その中身が決算書で見える状況になったとしてもその内容はどこまで真実なのか?

若い会社の場合は、わざと赤字にするというところまで徹底して管理をする事もある。

結果、内容を紹介されてもわかりにくい項目が増える。

携わった経験のない仕事の増加

携わった経験のない仕事の増加

これから先は、今まで人気だった業種がずっと続くとは限らない。

事業計画への判断も少子高齢化や年収低下などの事情を考慮した際には?

運転資金を調達しなければいけないようなことを今する必要があるのか?

このように、時間をかけてじっくり対応しても良いのではないのかという考え方も冷静な判断の中に含めて議論がされていく。

よって、過去のように信頼関係やいつも対応してもらっている。

これだけで評価が上がるということは基本的に少ない。

だからこそ、高い目標に向かっている事業主に、銀行側がよくわからないことに支援ができません。

こんな言葉を間接的に伝えてきているような気がします。

古い体質のままの管理体制

古い体質のままの管理体制

私の知り合いもまだ20代30代という若手の頃の人が多い。

こういう中には、少しでも高い融資の相談をきちんとまとめたいと思っている人も多い。

しかし、上司の判断は絶対的。

だからこそ、企業の社長の伝える言葉でさえ、決して前向きに何でも力添えをしてくれるような場所は減ってきた。

貸し倒れの予備軍はもう十分に住宅ローン低金利で増えた。

この先、個人の者の責任を追及しなければいけなくなるところまで刻一刻と時間が迫っている。

そうした中に、企業にまでリスクを広げるのはどうなのか?

こんな形で、経営者の資質や口座残高の額などを問わず、できるだけ穏便な対応をしてくるケースが増えている。

 

銀行が融資を断る理由と通すコツ

銀行が融資を断る理由と通すコツ

基本的に交渉ごとが多いのが事業を運営する経営者の悩み。

でも、少しでも人を含めた対策を進める上では、銀行との取引の中では、少しずつでも借入をしておきながら信用を積み重ねておきたいと感がる人も多い。

しかし、その答えが簡単に通らないという回答をされてしまう。

こうした時には、どうやって対応をしておくべきなのか?

社員の安定なども情報としてチェックが多い

社員の安定なども情報としてチェックが多い

深刻な人手不足を抱えた今の日本経済。

自分たちの事だけでも手がかかることが多いのに、さらに人を確保するまでにも手間がかかる。

人件費だけでなく、原価も上昇する。

そして、従業員の中は仕事を辞めたいという言葉が多くなった。

労働関連の中で人の離職率なども大切。

きちんと安定の黒字と内訳が少ない経費計上。

こうした資金の状況を確認できる状況が理想と言えます。

拡張と新規参入は別物

拡張と新規参入は別物

1つがうまくいった。

当然次の戦略を考える。

このような流れはあくまで良い傾向と言えるはず。

それなのに、出花がくじかれる事はなぜ起こる?

その答えも結局は軌道にのってきたと思える金額と市場の黒字の状況を比較してそこまで大きくないと判断されないようにするのも大切

そもそも借りなくてもできるはず。

この疑念から始まっているという事をしっかり意識しなければいけないと思います。

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ