中古住宅購入注意点優先順位ベスト5とその根拠よくある誤解一戸建て編

スポンサーリンク

中古住宅(一戸建て)購入注意点を知って失敗後悔対策をしよう。

中古住宅の中でも一戸建て購入注意点を5つご紹介していきます。

不動産は一生に何度も買うものではない。

だからこそ、ポイントを間違えてしまうと、一生住むはずの家が、購入そのものを後悔する原因にもなる可能性がある。

売主がそもそも売買をしたいと思う背景も違う。

瑕疵担保責任の詳細も売買前には必ず買う人が価格よりも優先に契約する際には確認が必要。

雨漏りの有無も晴れた日の状態の内覧では多くを見抜くことは難しい現実。

中古住宅注意点

中古住宅購入前の流れ期間中の手続きで注意してほしい内容もあります。

中古住宅購入の流れ【手続きで最も重要な注意点】

スポンサーリンク

今回の記事では、中古一戸建て購入注意点を以下の目次でご紹介しています。

中古一戸建て購入注意点1.費用相場の選び方

中古一戸建て購入注意点2.内覧会

中古一戸建て購入注意点3.会社選び

中古一戸建て購入注意点4.データ外情報

中古一戸建て購入注意点5.リフォーム費用

スポンサーリンク

中古一戸建て購入注意点1.費用相場

中古一戸建て購入注意点1.費用相場

中古一戸建てに何を問わず最初に知って欲しい注意点は費用。

  • 高ければいい
  • 安ければ損
  • 値下がり物件はお得!
  • マンションは立地で資産価値を判断

こんな単純さで選んでも成功しないのが中古住宅。

一戸建てなら、立ち入り検査と診断書等が専門の人からわたって初めて価値が見えてくる。

マンションなら、利用サービス全てと管理費、修繕費の現在の収益状況などの確認が無いと引き渡し後すぐに値上げなんてこともある。

中古一戸建て購入注意点1.費用相場

  • 環境の不具合による修繕条件の確認も必須。
  • 良い物件とは、瑕疵の状況も売却する理由や築年数の問題。
  • 購入計画する時期。

これらが大事になる。

では続いて、中古一戸建てに欠かせない内覧会注意点をご紹介していきます。

 

中古一戸建て購入注意点2.内覧会

中古一戸建て購入注意点2.内覧会

内覧会というのは、中古一戸建てにおける失敗後悔を防ぐビッグチャンス。

しかし、大抵の方は、外見上の見た目に惑わされて、勝手な安心感を持つことが多いのです。

資金から購入が可能な物件を探す人も多い中古物件市場。

しかし、ほとんどの方は、引渡しまで買主として、基礎等の事前確認もしていない。

大きな買い物を行う話のはずが、個人が希望するから営業が案内する。

この程度の流れで後は保証確認等の内容で数日の間に結論を出す人もいる。

  • 傾きや床下の診断は?
  • 害虫などの調査結果は?
  • 住まい周辺の近所の状況は?
  • 固定資産税の相場は?
  • 町内会などの状況は?

中古一戸建て購入注意点2.内覧会

別の目線なら、道路の亀裂の多い状況などの場合、家の揺れなどを既存の住宅が感じる可能性は?

このように、街の近くや建築物の外見的要因だけで決めるのは危険。

住まいの診断を行うことをインスペクションと言います。(住宅診断)

もちろん専門家も自分たちでも市の関係から紹介してもらうことも可能。

まずはこの言葉だけでも営業に知っていることを伝えるだけでも制度の細かな説明をあっという間に引き出せる可能性もある。

家の中は、住宅購入の地域の補助金制度やリノベーションで対応できるだろう!

中古一戸建て購入注意点2.内覧会

こんな曖昧な考え方で申し込みを済ませると、10年経った時が大変。

主に外壁などの周辺環境整備だけでも第三者の関連の説明や見積もりを見て支払いに戸惑う可能性もある。

典型例は、外壁塗装のメンテナンス。

耐震基準関連も必ず手付金を払う前に説明を受け、どう対処をしているのか?

何もしていないなら、その理由も求める事が重要。

見学は、安心をもらうための行動ではありません。

欠陥を見抜き、子育て資金も把握した状況に建て物の現状の把握を徹底して初めて意味がある。

中古一戸建て購入注意点2.内覧会

こうした協力可能な体制作りは、市が案内を実施していることも珍しくない。

新築マンションや賃貸物件の選択とは全く違う。

注文住宅であったとしても、誰もすまなくなって空き家になって以降数年経過しているなら、変化は誰もわかっていない。

だからこそ、水廻りを含めた配管の程度も当然知る必要がある。

ですが、こうしたことも見学だけでは、到底判断は難しい。

過去の修繕の背景も納得できていないと危ないことも多い。

つまりは、素人判断ではなく、必ずプロの補助が必要になる事を前提としておくことを私はオススメしたい。

中古一戸建てはお得な物件もあります。

一方で、購入後にトラブルに巻き込まれてマイホームブルーになる人もいます。

見極め方をぜひこのサイトをご覧の貴方にだけは知って頂きたいと思います。

続いて、中古一戸建て購入時に必ず関わる会社選びについてご紹介していきます。

 

中古一戸建て購入注意点3.会社選び

中古一戸建て購入注意点3.会社選び

中古一戸建て購入前には必ず仲介業者としてどこかの会社から購入をします。

会社選びで失敗後悔しない為の注意点をこの記事をお読み頂きました方の為に用意していこうと思います。

内覧案内のタイミング

内覧案内のタイミング

中古一戸建てを問い合わせした後、会社とのやりとりでもっとも注意すべきは内覧のタイミング。

「まずとにかく物件を見てみましょう。」

この言葉を出す会社とは絶対に関わっていはいけません。

何故か?

「百聞は一見にしかず」なんて言葉がありますが、中古一戸建てはそうではありません。

  • 仲介手数料。
  • 頭金。
  • 住宅ローン審査

購入前に知るべきことは幾つもあります。

さらに、

  • 居住していた最終年月日
  • メンテナンスや修理をした最終日
  • 中古一戸建てとして販売された開始年月日

こうした事もネット上には書いていない大切な情報。

ですから、

購入前の準備説明をしてくれる会社を選ぶ。

聞く側にとっては、面倒かもしれませんが、しっかり説明してくれる会社の方が後に安心出来ます。

ダメ出しをしてくれる会社

ダメ出しをしてくれる会社

中古一戸建ての紹介をしている会社にも大きく2つ分かれているのが、ダメ出し。

  • 外構が少し荒れている
  • 年数は新しいけど設備は標準的
  • 古いけどリフォーム済み

必ず一長一短を両方伝えてくれるかどうかを必ず確認していきましょう。

説明する時にはいいことづくし。

これは、物件ではなく会社に要注意となります。

「ダメ出しがないという事は、隠している可能性もあるという疑いを持つ。」

これが、私が現場にいた頃に、メンテナンスで訪れた方々が不満を持つきっかけにもなっていました。

ぜひこの記事をご覧の貴方には、正しい中古一戸建て仲介業者との関わりを持って頂きたいと思います。

では続いて、

中古一戸建て購入注意点について、データには出ていない情報についてご紹介していきます。

 

中古一戸建て購入注意点4.データ外情報

中古一戸建て購入注意点4.データ外情報

中古一戸建て購入前に是非確認して欲しい事はありきたりのデータに限らず広げておきたいこともあります。

中古一戸建て購入前注意は近所にも確認

中古一戸建て購入前注意は近所にも確認

両隣は、長い付き合いであったなら、売りに出る経緯も非常によく知る場合もあります。

  • 転勤
  • 離婚による競売
  • 自己破産
  • 夜逃げ

想像したくない事も明るみになる事も少なくない中古一戸建て。

購入後の近所付き合いを持つ必要がある両隣等の声や相性も非常に大切。

実際に、付き合いが少なかったという声ばかりの場合にも住んでいた頃を聞いてみる。

こうしたデータに限らない幅広いリサーチにより仲介業者も知らないような新しい真実が見えてくる事もあります。

ぜひ怠らず、長い将来に住み続ける住居購入前の準備として取り組んでみてください。

中古一戸建て購入前注意は区役所もチェック!

中古一戸建て購入前注意は区役所もチェック!

中古一戸建てによる販売の可能性は、実に様々な要素があります。

中には、

  • 区画整理により大幅な土地縮小の可能性がある地域
  • 地盤が弱く、雨が多い時、水害が多いエリアの土地
  • 近所の状況から害虫駆除が必須の中古物件

こうした事も区役所等に相談が至るケースも珍しくありません。

よって、中古一戸建てを購入する前には、その地区を管轄している区役所データも重要な判断材料。

少しでも将来への確信を明確にするための情報源は増やすようにして下さい。

中古一戸建て買ったのに1年後には土地を取られた!

こんな悲しい現実にならないためにもしっかり自分で確認する事をオススメします。

続いて、中古一戸建て購入前に知っておくべきメンテナンスをご紹介していきます。

 

中古一戸建て購入注意点5.リフォーム費用

中古一戸建て購入注意点5.リフォーム費用

中古一戸建て購入前における注意点最後にご紹介したいのは、リフォーム費用。

中古一戸建てを購入後にリフォームしたい人も多い現代。

しかし、一口にリフォームという言葉を使うにしても出来る事出来ない事があります。

中古一戸建て購入注意にリフォーム費用を考えておくべき根拠

中古一戸建て購入注意にリフォーム費用を考えておくべき根拠

「リフォームをすれば不便さも解消できるはず」

こんな計画を基に、今の現状に妥協したはずの中古一戸建て。

しかし、

リフォーム業者に確認したら、

「そのリフォームは構造計算上出来ません。」

こうした回答をもらうケースも決して少なくないのです。

ですから、

「不満を持つ建物の現状から自分たちの理想を先に伝える。」

たったこの行動をしておくかしないかだけで購入後失敗後悔は解消出来るのです。

よって、購入後に自分たちの家族の人数増加や子供部屋のリフォームの必要がある方には要注意!

  • 子供部屋を1つにすることが出来るのか?
  • 今の現状のこの壁を壊しても問題ないのか?
  • 耐震構造上、壊せない壁があるのか?

リフォームしたい時、サイズ規制が強いキッチンではないか?

こうしたリフォームに係る部分もしっかり購入前注意として意識しておくことが大切。

以上のような中古一戸建てだからこそ、注意して欲しい事が多いのです。

 

中古一戸建て購入前注意点5つをまとめ

中古一戸建て購入前注意点5つをまとめ

これまでにご紹介してきた内容について改めてまとめてご紹介していこうと思います。

私が住宅メーカー勤務時代を経験したからこそ感じた注意点は、

  • 費用について不自然な業者も多い
  • 内覧会はチェックすべき事が新築と全く違う
  • 購入前に会社を選ぶことはリスクを少なくする大切な要素である
  • 購入前にはデータに無い事からも失敗後悔原因を見つけ出す事が出来る
  • 購入前だからこそ、リフォーム費用想定も大切である。

この5つは、中古住宅をただ紹介しているサイトにもほとんど掲載されていない情報。

この5つを知るのは、やはり現場を経験して、実際に購入者の相談を体験したからこそ知る情報。

ですから、中古一戸建て購入前の注意は、あくまでデータ半分、実際に自分で知る事が半分。

この意識を持って、購入前の時間をしっかり計算して計画的に動きましょう。

全てを不動産会社の責任にしても、もう購入後では間に合いません。

結果的に泣き寝入りなんて事にならない為に、ぜひ最初の努力に時間を使って下さい。

もし、不安な事があれば、いつでもお気軽にご相談下さい。

私があなたの問題解決の方法をご紹介できることも多数あります。

  • 一人では解決できないこと
  • 不動産会社に聞いてもはぐらかされること
  • 調べても明るみになっていないこと

こうした情報をぜひ正しい知識としてお持ち下さい。

家探しは、ホームページを検索して閲覧。

書面以外は任せるのが一番ではない。

建築されてからの年数と保険の見積りも参考にしなければいけない事もある。

中古マンションなら、修繕にどの程度力をいれているのかも大事。

チェックポイントは、あくまで個人ができるのは大まかなな事だけ。

工事が必要な調査は全てプロの領域。

北海道などの特殊なエリアでは、本土との変更点も多い。

重要事項説明があれば、大丈夫だろう。

戸建も図面で間取りが分かって、築年数の期間が一般的に10年くらいなら大してお金はかからないだろう。

こうした考え方ではかなり危ない。

1981年6月1日以降に法改正が行われている。

このような事態に一定の査定の違いが出ていて当たり前。

しかし、出来る限り、プロにも比べてもらい、あとおいで追加のてこ入れが必要になるのはお勧めできない。

最初に徹底的に調査を行い、納得してから購入を決めましょう。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ