スポンサーリンク
  • 新築で一戸建て購入するべきか?
  • 今建物があるなら、リフォームをするべきか?
  • 中古住宅購入して、リフォームという案もある。
  • 施工工事を依頼する会社を選ぶことも不安がある。
  • 不動産や住宅購入時の事例としてこれからの時代に自分たちがどのプランを選べば安心ができるのか?
いろいろな情報を見ながら、検討する人が増えている。 不動産という長期に使用する対象に対して、保証という部分を比較して検討している人も多いはず。 サービスとして良く出てくる保証の期間には以下のような文字がある。
  • 10年保証
  • 30年保証
  • 60年保証
  • 新築とリフォームについての考え方についてもご紹介しています。
リフォームと新築どっちが得?|住宅企業出身者が解説 新築ハウスメーカーと工務店を比較するという視点についてもご紹介しています。 工務店とは?新築会社選び注意点 工務店とは値引き可能?購入後失敗後悔対策注意点
スポンサーリンク
新築一戸建て工務店ハウスメーカー比較の誤解!広告経費 工務店ハウスメーカー比較や違いまとめ リフォームを工務店とハウスメーカー比較するポイント リフォーム工務店とハウスメーカー比較3つの失敗原因注意点 工務店ハウスメーカー比較ポイント ハウスメーカー工務店比較|坪単価より重要な選び方 私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、これまでの以下の経験を活かし、情報を公開しています。 住宅関連企業で、100棟以上の現場の相談に携わった経験。 自ら新築マンション、注文住宅購入を経験。 住宅ローン審査に人生で計3回落ちた経験。 家のローン審査は、銀行や金融機関に相談をしないで通過させた体験。 借入から2年目で借り換えを成功。 新築カーテン,外構,火災保険,引っ越し,インターネット回線費用を打ち合わせで選ばず節約に成功。 固定資産税、引き渡し後の追加や修繕工事依頼。 こうした経験を活かし、家づくりに必要な住まいを手に入れた後も考えた注意点をご紹介しています。 いくら契約をした後の保証期間に瑕疵担保責任という制度があるとしても、全ての事例がサービス対象ではありません。 あくまでも契約をして物件を手にした後の家の手入れや掃除、メンテナンスをするのは自分たち。 当然、構造や設備により耐震などの根本的な建築基準に該当するような建物の条件の時には流れも違います。 しかし、ただ単にサイトで保証を見て、全てが対象と思ってしまっている人も非常に多い。 今回の記事では、新築とリフォームの保証の比較注意点について以下の項目でお伝えしています。 新築とリフォームと保証の考え方 新築とリフォーム保証比較注意点 自分たちが家を購入する流れの中で、契約する前だからこそ慎重に物件を選ぶための考え方としてご覧ください。
スポンサーリンク

新築とリフォームと保証の考え方

新築リフォーム保証比較 中古もこれからは幅広いエリアで人口減少の影響から広がりを見せると思います。 しかし、徐々に衰えていき老朽化が起こるのは、一般の賃貸の物件でも建築という建物である以上は仕方のない事。 さらに、土地の地盤ということを考えていますか?

新築とリフォームの保証の限界

新築とリフォームの保証の限界 自然災害による集中豪雨や河川の氾濫などの影響。 地震による地盤の不安定さ。 万が一地滑りなどが起こる危険性と住宅取得のタイミング。 建物が建ってからの10年間でも影響を受ける内容は土地の場所により大きく異なる。 こうした内容を考えないまま保証ばかりに注目していても限界があるのです。

新築とリフォームの保証と生活

新築とリフォームの保証の限界 家が必要なのは、当然どんな人も同じ。 住宅購入のきっかけに多いのが、子供の成長への対応。 こうなると、以下のような点を気にしている人も多い。
  • 人気の学区のエリアに対する興味関心。
  • イベント期間での建売や分譲住宅への興味関心。
  • 間取りプランを考えなくて良い内装の状況を考慮した物件を探す動き。
結果的に、自分たちが購入した後のトラブルなどの発生した時にも実際に生活している者は、リアルに困ってしまう。 トラブルがあっても対処が可能という選び方。 物件を選んでもそもそも何もない可能性を少ない物件を選ぶ。 この2つが精神的なストレス対策になるのではないでしょうか?  

新築とリフォーム保証比較注意点

新築リフォーム保証以外の注意点 体への負担と精神的な負担。 新築購入とリフォームの費用比較。 不動産取得後の固定資産税などの税金の違い。 いろいろなことを考えていると思います。 この中で、保証の大きさってどの程度の重さで優先順位を考えていますか? 新築とリフォームは保証で比較するべきか? 私はこの考え方を実際に新築購入後のトラブル関連の対応をしてきたからこそ、ご紹介しています。

賃貸と不動産住宅購入の費用負担の違い

賃貸と不動産住宅購入の費用負担の違い あくまで賃貸のトラブルはすべてオーナーが負担を行い、利用者の負担は無料となることが多い。 火災保険なども加入をしていれば、知識がない状態でも賃貸の時なら内装を含めて概要を説明を受ければそれだけで終わる。 しかし、一戸建てや家を購入した後はそういうことばかりではない。 自分の所有する建物で発生したトラブルが発生した際はすべてj日運たちで対処が必要。 外壁、内装、設備、外構などすべてが自分たちで管理を行い続ける必要がある。 この点から考えたら、正直保証の期間と内容というのは、長い方が安心とはっきり言える。 こう考えると、リフォームでは、10年間が限界ライン。 新築一戸建てなら、30年以上も検討できる。 このような比較をしておくことの方が、保証の内容や工事の費用を負担することを考えるよりも精神的な負担は小さいのではないでしょうか?

新築とリフォーム保証以外のカバー力

新築とリフォーム保証以外のカバー力 保証期間が過ぎた後の安心を自分たちで用意する方法はあるのか? この答えとなるのが、保険。 火災保険や地震保険によるカバーがある程度の災害時のトラブル発生に対する備えにつながります。 こうしたことを総合的に比較して検討する。 この気持ちがあることが住宅購入には非常に重要だと思います。 今回の記事はここまで。 家づくりを含めて不動産購入後の安心があなたにも成功と感じられる未来を願っています。
スポンサーリンク