アイランドキッチン照明おすすめ器具|ダウンライト実例画像付で解説

スポンサーリンク

キッチン照明をアイランドタイプで考える時のおすすめを実例画像付でご案内していきます。

アイランドキッチン照明器具について、このページにご訪問いただきましてありがとうございます。これまでにもアイランドキッチンについては、以下のような内容をご紹介してきました。

アイランドキッチンとは?寸法選び方は何を見て決めるべき?

アイランドキッチンカウンター失敗後悔対策

アイランドキッチンカウンター他成功のポイントと選び方まとめ

スポンサーリンク

アイランドキッチンと赤ちゃんの相性

アイランドキッチンと赤ちゃん子育てのデメリット

アイランドキッチンインテリア視覚的効果

アイランドキッチンインテリア工夫ポイント

アイランドキッチン使い勝手の誤解

アイランドキッチン使い勝手に影響する4つのポイント

アイランドキッチン間取り30坪平屋例

アイランドキッチン間取り30坪に採用注意点

アイランド型キッチンデメリット

アイランドキッチンメリットデメリット|その他との比較ポイント

新築アイランドキッチン間取り寸法失敗後悔原因窓

アイランドキッチン後悔|使いにくいデメリット|住宅関連企業引退者が解説

アイランドキッチン収納アイデア

アイランドキッチン収納アイデア失敗後悔注意点

アイランドキッチン周辺ダイニングテーブル選びのコツ

アイランドキッチンダイニングテーブル配置やサイズ選び方注意点

アイランドキッチン油はね対策失敗後悔

アイランドキッチン油はねガード他対策で不便?

アイランドキッチン値段激安リスク

アイランドキッチン値段で激安や格安,値引率は要注意!

アイランドキッチンコンセント配置失敗後悔注意点

アイランドキッチンコンセントの数や配置で使いやすいを目指すポイント

天井に取り付ける照明器具も選択の幅が広がりました。しかし、全体の費用的にはかなり高額になるケースもあります。

新築照明費用はいくら?見積もり額が高い時の節約ポイント体験記

  • ペンダントライト
  • LEDダウンライト
  • 吊り下げ式

空間の演出としてインテリアを優先するタイプもあれば、光を空間全体に届けるタイプもあります。全体の数が多くなると、何を選ぶのが正しいのか分からなくなってしまうケースも増えています。

そこで、まずは多くの女性が利用する時の家事,炊事,育児を考えた時に多い悩みから解消するための選び方を解説していきます。

私のサイトは、住宅購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、現場経験やマンション,一戸建て購入経験を活かし、情報を配信しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、各種タイプの違いの詳細よりも多くの方がリフォームの相談をされるほど困っているケースについて以下の項目でご案内しています。

アイランドキッチン照明実例画像

アイランドキッチン照明器具と目的

アイランドキッチン照明計画注意点

まずは自分たちの家の間取りやリビング,ダイニングの位置や他の空間ごとの配線計画を確認しながら考えておく事が重要。

その上で、手元や壁の汚れなどを意識した際に問われるポイントをご案内していきます。

スポンサーリンク

アイランドキッチン照明実例画像

 

どの空間にも灯りは必ず必要になります。おしゃれが優先?家族の生活が大事?コスト優先?いろいろな考え方がありますよね。

実際に、どんな照明設置があるのかを見ていきましょう。

空間スペースによるイメージの違い

ダイニングのスペースに吊り下げタイプを設置するタイプ。

アイランドキッチン照明実例画像

このケースでは、キッチン本体の周辺はダウンライトを設置して、スッキリした空間を作ることが多いです。

手元灯における考え方

我が家でもキッチンは、すべてLEDダウンライトのみを設置しています。しかし、未だに暗いとか照らす範囲が狭くて使い勝手が悪いと感じたことはありません。

一昔前のような蛍光灯のようなタイプを使い手元を明るくする必要はないと思います。

天井や壁紙の色を綺麗に見せるくらいの考え方があれば、他と比較する必要はないと思います。

 

アイランドキッチン照明器具と目的

アイランドキッチン照明器具と目的

家族が寝静まってから、明日の朝のお弁当の準備をするなんてご家庭も多いのではないでしょうか?

そんな時にも使いやすいと感じていただける空間を作るためのポイントをご案内していきます。

ダウンライトで照らすメリット

日常の暮らしの中で自分の好きな種類があれば別ですが、使用している時、下にホコリが降ってくるみたいなことになったら大変ですよね。特に料理をする場所ですから、雰囲気よりも家族の健康が最優先。

デザインを求めるなら、ダイニングで少し雰囲気を変えるという考え方を持つほうがおすすめです。もし迷いがあるようでしたら、シーリングライト取り付け口を設置しながら、自分たちで後から購入して取り付けることも可能にするのも一つの考え方です。

新築照明器具は意外と全体の費用を見ると高いと感じる家が増えています。ちょっとした作業だけでシーリングライトは、スポットライトにも買えられるのでオシャレな商品を購入する事を考えている時には、あえて自分たちで家具などを購入する際に検討するのも良いと思います。

 

アイランドキッチン照明計画注意点

アイランドキッチン照明ダウンライト実例画像

住宅の中で使うすべての空間に共通する内容とも言えますが、最近の家にはダウンライト型が一般的という流れがあります。人気もありますし毎日を快適にしてくれる使っていても感じます。

しかし、アイランド式を使っているご家庭で特に気を付けなければいけないのが、背面収納の奥行きと照明を使った時の明るさ。

流し台などを使用する時には、何の問題も感じないと思います。しかし、夜間目をあまり酷使したくない時、少しの明かりで作業をするのが好きな人にとって、見えないという場所が増える心配があるのもキッチンの注意点。

特に、以下のような相談が増えているのです。

  • 背面収納はスッキリしているけど奥にある物が増えると全く見えない。
  • ゴミ箱などが近くに無いのでゴミが簡単に捨てられない。

シンクや手の届く範囲の戸棚は問題なく使用ができる。しかし、こだわりを出して探した家具などでは、光が届かない奥行きになってしまった。

デザインを重視したら、問題が複数に増えたという事例があります。確かにモダンとかシンプルという何も表に出ていない空間はカッコいいです。

でも、実際に毎日使っていくことを考えると、扉の開閉一つも手間に感じる時があります。そんな先で、相当明るくしないと見えないみたいな環境になる事だけは避けたいですよね。

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ