住宅ローンどうしても通したいを実現させた会社員新築購入体験記

スポンサーリンク

諦めたくない。

通らない、落ちたという答えがあっても信用情報の内容に自分なら通ると思いたい。

過去に遅延、延滞、滞納などの経験を持つ。

クレジットカードで支払いの遅れを前に経験したことがある。

スマホ、車のローンなど他社の借金がある。

消費者金融に自分の情報は残っている時だと思う。

住宅ローン審査に落ちた経験者の中でも上記のような内容に心当たりのある人は増えている。

それでも諦めたくない。

「今欲しいと思った不動産の物件はどうしても手に入れたい!」

私自身も自分の年齢的な条件を考慮して、必死に自分の年収に対して、通りやすい金額を考慮して申し込みを経験した一人。

そして、落ちた、通らないを経験した後、通過させた者として伝えたい内容をご紹介していきます。

住宅ローン落ちた後通った方法

住宅ローンどうしても通したい時の壁体験記

住宅ローンどうしても通したい時の苦悩体験記

私は、実際にこれまでの人生で3度事前審査や本審査を含めて通らないという連絡を受けてきた。

落ちたという連絡を銀行や金融機関の人から言われた時に、こんなことを言われてしまったらどうしても納得できない。

「ご本人の他社での借金などの情報には別に結果として何も心配はなかった。」

「しかし、会社の業績や他の情報があまりにも今の時点で何もまとめられない」

こんな言葉を言われて私にとっては、今の会社のままでは少し難しいと言われているような状況に感じられたのです。

一度でも落ちた人は慎重な対応が必要であることを体験からご紹介しています。

住宅ローン審査落ちた

住宅ローン審査落ちた,通らない場合どうする?

 

住宅ローンどうしても通したい時の後悔注意点

住宅ローンどうしても通したい時の後悔注意点

結果がすべてと思っている人も多いはず。

例えば、以下のような不安を持ちながら住宅の購入を検討する人は住宅ローン審査の申し込み前の不安も大きい。

  • ブラックリストに入っている可能性も高いと思っている人。
  • 他社からの借入があって、一括で返済が必要と言われてもお金が足りない。
  • 過去の借金の契約における情報がどの程度残っているのか心配
  • 勤続年数もやっとギリギリの最低の条件になったばかり。
  • ブラック企業として名前が浸透しているような会社に勤めている。
  • 自分ではなく、妻や家族が過去にお金の問題を抱えたことがあった。

こんな自分の知られたくない過去を持つ。

この状況でのサービス申し込みの時には通らないと言われた時の自分の条件を実際把握しているからこそ、通すのは数ヶ月難しいと判断してしまう人も多い。

そして、簡単に今出なくても家は買えると諦めるための考え方を始めるケースもある。

実際に家の価格は上昇している

住宅市場では、中古住宅やリノベーション、リフォームなどの言葉の響きが広がっている。

言あが欲しいと思う人達には、現在の貯金から考えた末、実際こういう元手が少なくて済む方が家を買える可能性があると考える人も多い。

しかし、以下のような問題も多い状況であることを知ってほしい。

  • 新築、中古を問わず住宅市場は過去よりも確実に工賃も参考にする価格は上がり続けているという現実。
  • 需要があるエリアは、5年後以降も市場価値的にも値上げをする可能性が十分にある状況。
  • 実際同じ金額を使って購入出来る内容は、今と将来では頭金なしの状況でも今の方が安いと言える条件が多い事。

結果的に、先送りした対応を判断しても、年齢、勤続年数だけでなく、申込者の本人の健康条件などを判断の上では簡単とは言えない。

むしろ、1年単位ではなく、月単位で条件の良い内容や状況での審査の申し込みをした方が銀行の対応としても通りやすい。

 

 住宅ローンどうしても通したい人に必要な準備

住宅ローンどうしても通したい時事前準備

私が直接あなたの悩みの解決のために今日からすぐにやってほしい事をご紹介していきます。

以下のような内容はかなり重要なので、どうなっているのかわからないという事が無いようにきちんとすべて確認しておくことが重要。

  • 現状の借金の総額と毎月の返済額をきちんと正確に設定を記載できるようにしておくこと。
  • クレジットカードの契約におけるキャッシング可能額をすべて0円に設定を変更する手続きを終わらせる(電話一本)
  • クレジットカード保有枚数の設定は、3枚以内が理想。
  • 携帯電話を含めた割賦販売になっている情報をすべて契約した用紙を写真に撮るなどして情報を収集。
  • 過去の事故などの問題があれば、必ずどんな内容であれ、今のメインバンクですべての確認手続きを進める事。

以上の内容は絶対に早期に理由や原因はどうであれ、速やかに行動をしておくことが重要です。

 

住宅ローンどうしても通したい時の失敗注意点

住宅ローンどうしても通したい時の失敗注意点

どうしても自分が困っている時、友人、知人、会社の同僚や上司などにもこうした内容は相談できない。

かといって、専門家に相談するとかなりお金がかかると思ってしまい相談をする場所が分からない。

こういう時に、簡単にわからないことを紹介してくれると思ってしまう場所がある。

それが、こんな内容。

「銀行や金融機関が開催する無料の住宅ローン相談会」

私は今日までこれほどまでに無駄な相談が無いと実感した内容はなかった。

なぜか?

銀行の営業に直接言われて耳を疑ったのは、以下のような内容だった。

  • あくまでも相談会は、年収と借入希望額から銀行にとっての安心できる顧客をリスト化するための機会にすぎない。
  • 営業がそのリストを使い、毎月のノルマを達成するために次の月から電話や訪問営業をするための資料を作る材料。
  • 分からないと言われた内容について回答の資料を作るのも所詮は変動、固定、フラット35の金利や団信など載っている内容を毎月の設定に入力するだけの作業。

このように、こちらとしては重要な事項をすべて相手の存在の状況に安心して提供しているのに、結果営業の餌食になる申込みという実態。

こうした内情を知らず、自分が勤務しているメインバンクだという存在に過度な期待をして、解決する方法を確認している人も多い。

そんなことをしても、結果的に申し込む事項の評価は、最終的には第三者の窓口が決断するわけです(本審査担当は銀行ではない)

だからこそ、車や携帯などの契約情報などをすべて窓口に返済の予定を出して話をしても全くの無意味。

むしろ、その情報はなぜ必要なのか?

細かな色々な情報を提出したら、事前審査と同じような状況をすべて適用させて答えを持ってきている話ではないのです。

これは、違法時に一般的な当たり前の事になります。

しかし、多くの人は担当営業と仲良くなることがどこか人間関係の構築として絶対意味があると勘違いをしている。

そんな話はあるわけがないのです。

 

住宅ローンどうしてもとおしたいならどうする?

住宅ローンどうしても通したい時どうすればいい

では最後に、実際に私がどうしても通したいと思う人におすすめしたい借入を実現するための方法をご紹介していきます。

私はこの方法を知ることが出来たおかげで新築をマンションも注文住宅も購入することが出来ました。

住宅ローンを組む時は一括が基本

最近は、インターネット上で一括で複数の会社から見積もりを依頼するサービスが広がりを見せています。

この中には、実際に得を感じたと思うサービスもあれば、結果的に登録しても良い状態にならなかったという事もある。

しかし、銀行の住宅ローンというサービスの性質上、相手は全く違います。

  • 銀行と第三者機関の情報交換がなされている状態。
  • 登録を行った際にも自分が書類を複数の銀行に足を運ぶ日数の無駄の削減。
  • 同時進行となることで、銀行としては早く答えを出さなければ他の銀行に客が取られるリスクを背負わせる効果。

最終的には、cicなどの第三者機関による審査になる。

しかし、その前の仮審査の段階では入力しておくだけで、保証や担保などある意味、あなたが直接教える情報は付いている。

あとは待つだけ。

この状況からなら、申込者の知識は不要。

個人に対して貸し出しを検討できる状態の銀行のみが回答をしてくれる。

無駄のない時間削減を最大化しているサービスとなります。

生活への影響を最小化

自分たちの必要な書類などの知識もない時、いろいろな書面を生活の中で取り寄せるなどの必要な手続きが出てくることもある。

しかし、パートや正社員などの仕事もして、移動にも気を使い、日程という点にも焦りを伴う。

このような中で最大のリスクとなるのは、移動中の事故の影響。

当然、何もないし大丈夫と誰もが思いたい。

しかし、債務整理などの自分が行う事とは違い、車の移動などの場合はもらい事故なども十分考えられる。

余分な不安や負担を必要としない。

ある意味、サイトを使ってすべて必要な書類を代行してもらう。

こうすれば、妻に対して、もし書類などを頼む必要がある家庭もべつにそんな対応をさせる必要がなくなる。

まずはあなたは自分の身の回りの事だけを気にしておくことが大切。

履歴があるなら、きちんと把握することにつとめる。

条件のよりよい銀行を1社でも多くチェックする。

こうしたことをきちんと行うことのほうが同じ時間を使うなら、有効な使い方と言えるのです。

その上で私が、実際に最大6社に申し込みをした上で、実際に審査通過を勝ち取った方法が↓

住宅ローン審査通りやすい方法通らない落ちた後の申し込み通過体験記

住宅ローン審査通りやすい方法|2社落ちた後の申し込みでも通過した体験記

結果的にこの方法をチェックした事で、私は余分な銀行の申し込み方法を考えることも検索することもなくなりました。

1度申し込みをして、対応を待った最後の答えがこんな回答。

「あなたが判断した方法は、実際に通った要因に大きく影響している。」

「もし仮に、同じ頭金を用意して銀行に直接申込をしていたら、もしかしたら、簡単には通らないじょうたいだったかもしれない。」

これほどまでに、同じマイホームを手に入れるための審査の申し込み方法を変えるだけで影響力があるんだと感じました。

結局は、銀行としても対応を早くしなければいけない理由がある時とゆっくり他社の契約なども無い状況で行う作業では差があるのも現実。

もっと、判断を急がせて、早く対応させる事がある種金利などの条件も含めて大切なんだと感じました。

ハウスメーカーで契約すると通りやすいなんて言われていたら慎重な対応が必要です。

住宅ローン審査ハウスメーカー契約体験記

住宅ローン審査はハウスメーカー優遇は嘘!2度落ちた苦労体験記

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ