住宅ローンどうしても通したいを実現させた会社員新築購入体験記

スポンサーリンク

年収が低い、担保力が低いといった状況でもなんとかしたい!住宅ローンに不安があるという人も少なくない。

でもその状況にも見合う住宅ローンがあるという考え方を捨ててほしくないのです。

どうしても住宅ローン審査に通したい方へ通す方法はあるのか?無理やり通すというのはどういうことなのかを自らの経験で解説していきます。

私は、↓のサービスで3度目の正直の審査に通過しました。

住宅ローン一括審査申込
スポンサーリンク
落ちた、通らないを経験した後、通過させた者として伝えたい内容をご紹介していきます。

スポンサーリンク

住宅ローンどうしても通したい時の壁体験記

住宅ローンどうしても通したい時の苦悩体験記

私は当時ネットバンク系には申し込む勇気がありませんでした。

人気の住宅ローンほど厳しい

例えば以下のような名前はたいてい厳しいと思ったほうが良いです。

  • sbiネット系
  • au自分銀行住宅ローン
  • 全てのケガや病気もカバーする団信ありのプラン
  • 保険料、保証料、手数料無料プランに繰り上げ返済手数料無料

このようなプランには大抵以下のような特徴もあります。

事務手数料が高い。

団信加入審査が厳しい

 

どうしても通したい方が注目すべき点

住宅ローン審査落ちた

私は過去の審査を受けた際には、こんなことを言われたことがあります。

変動よりも固定3年5年やミックスのほうが通りやすい。

なぜでしょうか?

  • ミックス金利のほうが銀行は利益を取りやすい
  • 担保力と金利の利益で計算がしやすい
  • 保証料も別途支払いになっているタイプがある

このようになっているタイプのほうが万が一の返済が遅延、滞納、延滞になった時の担保力依存をしなくても通しやすい部分もあります。

よって、3年、5年、10年などの固定期間が限定されたプランのほうがおすすめなのです。

銀行も利益重視

固定3年と変動金利ではトータルの返済金額は明らかに固定3年のほうが上です。

変動金利の超低金利が続く時代に金利引き下げキャンペーンで銀行は正直積極的に募集をしているが通しにくくしているというからくりもあります。

 

誰でも通る道は共通ではない

住宅ローンどうしても通したい時の後悔注意点

住宅ローンの審査基準は、金融機関やローンの返済プランによって多少異なります。その中でも最も審査的に判断が分かれるのがノンバンク系やネットバンクが提供するフラット35なのです。

なぜか?ネットバンクは、運営元の判断に依存するため、フリーターやアルバイトでも申し込みは可能です。

フラット35は住宅支援機構が最後に担保力を注視して本審査を行います。

つまりは、地方に行けば行くほどその価値は伝わりにくい。

都市部においては、勤続年数や返済負担率の割合からはじかれる人も多いのが現実です。

今注目のフラット35プラン

ARUHI住宅ローンフラット35

楽天銀行住宅ローンフラット35

いずれもネットバンク系の商品であり、フラット35なのに、団信ありでも1%前後と非常に魅力的。

しかし、この対応の中で通らない、落ちたという人がかなり増えているのはご存じでしょうか?

2019年の5月9月頃にはかなりの方が落ちた、通らないという検索をしているのです。

 住宅ローンどうしても通したい人に必要な準備

住宅ローンどうしても通したい時事前準備

私が今回の記事でお伝えしたいのは、あくまで信用情報で異動となってしまっているブラックリスト入りの人以外の方に適応する内容。

誰でもできる事前準備

もしあなたがどうしても通したいと思うなら、以下の内容は絶対に準備をしておくことをお勧めします。

  • クレジットカードを3枚以下にする
  • キャッシング利用可能枠をゼロ円に設定
  • 他社借入金をすべて完済
  • 割賦販売、分割払い中の決済はすべて完済
  • 車のローンや大型家電の分割払いなど50万円以下は完済予定日を引き渡し前までに設定

この内容はすべて私が実際に通した時に金融機関の担当者から求められた条件です。

通りやすさを考えるポイント

誰でもという考え方をするなら、最低限以下の情報を各金融機関の住宅ローンサービスページで確認しましょう。

  • 年齢
  • 勤続年数
  • 年収
  • 雇用形態

これらの条件において設定上自分が当てはまるプランを5個程度に絞り込みをします。

フラット35、固定金利、変動金利はランダムに選出しておきましょう。

その上で、自分の会社のメインバンクや現在の給与振込先となっている銀行等も候補に入れておくのです。

これは、実際に各金乳機関が事前審査の段階で毎月の収支バランスを把握しやすいことからメリットは必ずあります。

信じてはいけない甘い言葉

銀行営業マンの「何とかします」→できません

ハウスメーカー営業担当「提携先なので何とかしてもらうように伝えます」→意味が全くありません。

この両者の言葉は絶対に信じてはいけないのです。なぜか?単純にそんな権限をその人たちは有していないのです。

単にすべて自分の営業成績のためだけに伝えているだけなのです。

提携業者だから優遇なんてありえません。

これが銀行担当者が通った後にはっきりと言ってきた言葉です。

もっとも判断を急がせて、早く対応させる事が目的でしかないのです。

だったらどうすればいいのか?この答えとして私は自力で応募した方法が成功につながったのです。

詳しくは、

住宅ローン事前や本審査落ちた後に通った方法

住宅ローン無理やり通すやり方|3社目で通過!

 

 

スポンサーリンク

このページの先頭へ