中古住宅諸費用内訳やローン失敗後悔対策まとめ

スポンサーリンク

中古一戸建て中古マンション諸費用の内訳は違う?フルローンでいいの?という内容をご紹介していきます。

中古住宅諸費用について、この記事をご覧頂きましてありがとうございます。

中古住宅諸費用を心配されている方の多くは、

  • 内訳
  • シミュレーション
  • フルローン

こうした課題に直面している事が多い現代。

今回の記事では、中古住宅諸費用という課題について、ローンを含めて以下の目次でご紹介しています。

中古住宅諸費用の内訳とは?

中古住宅諸費用ローンの失敗後悔対策

こうした視点から、ご紹介していますので、あなたの中古物件購入計画を立てる前の参考資料としてお役立て下さい。

スポンサーリンク

中古住宅諸費用内訳とは?

中古住宅諸費用内訳とは?

中古一戸建て、中古マンションいずれも必ずかかってくるのが諸費用。

  • 住宅ローン審査に必要な諸費用。
  • 司法書士への書類制作の依頼料
  • 頭金や契約金等

このような一見よく見る報酬等から、新築とは違う中古特有の諸費用等をご紹介しています。

詳しくは、

中古住宅諸費用シミュレーションの注意点

スポンサーリンク

にて内訳を含めてご紹介してますので、情報収集の1つとしてお役立て下さい。

中古住宅の諸費用把握で最も大切なのは、内訳を知っていく中で、想定外を減らすこと。

こんな事にも費用が必要なのか?

こうした想定外は積み重ねが数万円になっていくと一見小さな金額に見えますが、出費となると別物。

ぜひ想定範囲を十分に広げた準備をしておきましょう。

では続いて、諸費用とローンという点についてご紹介していきます。

 

中古住宅諸費用ローン失敗後悔対策

中古住宅諸費用ローン失敗後悔対策

中古一戸建てや中古マンションを購入予定の方の大半が使う事が多いのが、住宅ローン。

住宅ローンを使うなら、出費を今は控えよう。

こんな簡単な今を逃れたら、すぐに全てが改善するという解決策を望むと誤算が多数出てきます。

住宅ローンに諸費用を含めフルローンで払うリスクやデメリット

にて、中古一戸建ての特徴や中古マンションの想定外を防ぐ預貯金準備等をご紹介してます。

では続いて、私が投資用マンションを購入した時の支払いが厳しくなった状況をご紹介していきます。

 

新築マンション投資用購入時ローン支払い想定外

新築マンション投資用購入時ローン支払い想定外

当時の私は、購入した地区の新築マンション建設ラッシュに目をつけていました。

  • 都市計画の閲覧。
  • 市場変化の動向調査。
  • 住宅ローン金利の動向。
  • 既存物件の値下がりや賃料変化

こうした事をリサーチしながら、3ヶ月ほど狙い目の物件を探していました。

そして、今オーナーとして持っている物件を購入できたのです。

しかし、当時の私にはまだこんな想定が出来ていませんでした。

「IHの進化によるオール電化のマンション普及」

些細かもしれませんが、徐々に賃貸オーナーたちもリフォームを始めている流れ。

賃貸物件として購入した価値というのは、想定外を作る結果となりました。

こんな流れから、数ヶ月賃貸の借り手がいない時が訪れました。

この時の支払いは本当に厳しかったです。

想定された収入の減額による事故負担率の高さが支払いを圧迫する現実。

この点と中古住宅購入者のローンと何が関係あるのか?

この答えは、まさにボーナス払い等の併用を注意してほしいこと。

諸経費をフルローンで組む方の中には、

「住宅ローンのボーナス併用払いを使えば月々はもっと楽になる。」

こんな想定をしている方もいます。

しかし、

  • 修繕費
  • 管理費

等も想定していない時、ボーナス併用まで行ってしまうと、貯金をしておくストックが全くなくなります。

つまり、結果的に何かが壊れた時には、直せない使えない不便な生活を送るリスク。

この結末を曖昧にしてその場しのぎを優先してる過去を悔やむ結果になるのです。

あなたがもし、住宅ローンの諸費用をローンで組もうとしてるなら、私はできるだけ避けて欲しいです。

この意思をもし貫くなら、どうせなら、設備等の修繕を含めてリフォームローンも混ぜておく。

この考え方も採用してみる検討材料に入れてみてください。

中古物件住宅ローンにリフォームローンを組み込む秘策

にて、リフォームローン金利を回避する方法をご紹介してます。

あなたの将来の出費はこの方法を知らないのと知っている状況では全く違います。

情報は知っている人が得をしています。

少しでも最終的な支払い金額を減らす方法としてお役立て下さい。

少しでも中古住宅購入後のトラブルに巻き込まれてほしくない!

この思いから、以下のようなコンテンツもご紹介しています。

中古住宅購入失敗トラブルランキングベスト5

このページを最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ