年収300万住宅購入前の誤認や誤解と成功のコツ

住宅ローンがあれば、年収300万円でも家は購入可能なはず!

頭金のお金があれば、無理ではないはずだ!

土地と家を買うのは無理なのか?

新築物件の住宅情報をずっと見ている。

返済計画を含めて住宅購入準備をしている。

年収300万円住宅購入準備

このように、夢のマイホーム実現に向かって計画を進めている人は徐々に増えてきました。

年収額という事よりも、以下のような悩みが増えていることが何より住宅購入のきっかけを生み出していることも多いです。

賃貸住宅で借りている物件の老朽化。

住まいの地域の税金と子育て費用の支援等における地域格差。

いくら新築の物件ばかりを探していても、高い賃料を払うのは気が重い。

住宅購入年収300万円

結果的には、不動産屋をめぐり、賃貸と中古、新築の注文住宅などを探していくと、思った以上に、買った方が安く済むケースも多い。

さらに、中古の注文住宅を買った後にリフォームをするくらいなら、新築のお金の間に合う範囲での住宅ローンで支払額を考えた方が、保証等も関係して助かる。

このような経緯から、マンションや一戸建ての物件探しや資金準備をしようとしてる方も増えているのです。

私のサイトは、新築一戸建て購入後に失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、情報を配信しています。

新築一戸建て住宅関連企業勤務経験者。

新築マンション、一戸建て購入経験者。

一級建築士,内装業,電気工事士などが身内にいる環境で育った状況的把握。

新築一戸建てをハウスメーカーで一度解約をしてまで手に入れた木造住宅購入経験。

住宅ローン審査に2度落ちた後、3度目で審査に通す事に成功した体験者。

住宅ローン借り換えも2年目で成功。

新築火災保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、条件など安くすませて節約に成功。

新築購入後、近所の挨拶まわりやインターネット回線、新築祝いのお返しなども経験。

住宅購入後、アフター対応の中で、追加工事や修繕なども経験。

こうしたただ単に注文住宅買ったよ的なサイトとは違い、マンションとの比較や買える資金と借りる住宅ローン負担なども考慮した条件選びの考え方も含めてご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

このページでは、年収300万で住宅購入を無理なく計画するためのポイントと注意点を以下の項目でご紹介していきます。

年収300万と住宅購入に多い誤解

年収300万で住宅購入に多い誤認

年収300万で住宅購入成功のコツ

マイホーム実現は、別に年収という収入が壁になって実現できないという事はない。

しかし、いくら欲しいと願い、新築のマンション高層階を無理して買っても、購入後に苦労をする買い物となる。

物件探しからいくら位まで借り入れ可能なのかという試算を含めて、買える条件を見極めるために活用して下さい。

年収300万と住宅購入に多い誤解

年収300万円住宅購入誤解

住宅購入と言えば、まっさきに思いつくのが、マンションか一戸建てかという買える対象の比較になります。

諸費用比較。

家族で生涯暮らす住まいの希望地域。

マンション、一戸建てのそれぞれのメリット。

少しでも安く買える方法探し。

こうしたことをしても、結果的には、違いとしては大きく差がない事も珍しくありません。

まずは、年収300万円の新築一戸建て購入予定者に現場時代多く質問をもらった事がある情報をご紹介していきます。

年収300万円の住宅購入の条件

年収300万円家を買う

今買っておくのが損にならないだろうか?

この悩みが収入的に年収300万円世代からの声としてかなり多かったです。

家族の状況として、これから出産を予定する家庭。

一戸建てのチラシを見て、住みたいと思っていたエリアの情報に飛びつきたい衝動。

貯金がたまった後で頭金を作ってこだわりを入れた家づくり。

子供が産まれたらその後で!

確かに日本全国どこに住んでいても、人生の中での計画は親となる時期が一番住宅購入を考えるタイミング。

一人暮らしだったころは、どちらでもよいどころか買わない方が良いと考えている人も多いです。

そしてその後の人生で、結婚し、家庭を持ち、親になる時、ふと、どちらでもという考え方から、支払う金額を35年で考えてみたら?

こうした考え方から、住宅購入を選ぶ選択肢に始めて入れている人も多いではないのでしょうか。

では、この時、リスクなどをちょっとこれから先の人生で考えていくと、本当は何が重要なのか?

この点をご紹介していきます。

年収300万家を買うタイミング

1.保険等の加入に優位な方はいつ?

2.一般的に考えて年齢とリスクを確認して選ぶなら若い時の方がとにかく楽が多い。

3.どこまで行っても一括支払はない買い物であること。

4.東京近郊を含めて、家計は現在の方が税金も少ない。

5.毎月住んで建物に払う金額分は同じような額なら?

多くの方は、タイミングに悩み続けて結果的に良い物件も簡単に見逃す事が多くなるのが住宅購入。

もちろん、貯金等将来の家計の不安もあるはず。

しかし、こう考えるなら?

現実問題として、支払いを後に遅らせるポイントは、結果建物を建てる価が上乗せさせる点。

保証を含めて住む期間を計算していくと、こうなります。

建てる建てないは別として、実際にかかる暮らしの費用は若い時のほうが得が多い。

年収300万で、少し田舎に住み、引越しにかかる費用も市が負担してくれる地域もあったりする現代社会。

アパートの老朽化なら、立て直す事やリフォームにこんな次の移動に対する内容は簡単には出てきません。

こうした点からも、希望がある今の時期に買う事を決断できる人の方が結果的に持った分得をする可能性が多いのも現実なのです。

マイホームを買える資金を用意する価値は?

頭金が可能になったら買える物件の数を多くしても、過去と同じ条件で諸費用を含めて考えたら?

こうしたことをまずは、見ていかなければ、結果頭金が多い状態になったとしても、手を出せる状態より前の方が安く買える事も珍しくないのです。

 

年収300万で住宅購入に多い誤認

年収300万円マイホーム購入

住宅ローンを借り、自分の条件が多い中、できる限りメリットが多い物件を探そう。

予算的には、マンションを買うより一戸建ての方が後の管理費用なども掛からない。

今の家賃と同じくらいの毎月の支払いなら、審査が通ればなんとかやっていける方法はある。

こうした時、誤認して、ついつい月々の計画を含めて、自分たちの条件を相談する先を間違えている人も多いです。

年収300万円台に多い計画失敗要素

年収300万円家を買う準備

特に多いのが、子供が欲しいと計画する時の相談。

この計画を不動産屋ではなく、なぜか銀行の金利選びについて、相談を持ち掛ける人が実際に多いです。

確かに、住宅ローンを通す方法などに関わるからこそ、予算の相談なども自分たちの可能な範囲を相談する意図はわかります。

しかし、実際に何を言われても、銀行は、少しも契約時の優遇条件などは言いません。

なぜか?

実際には、仮にではなく、契約内容に基づき、住宅ローン相談を持っていくしか結果的には銀行が答えられる点は何もないからだ!

保証について。

金額計算。

この程度なら、正直、銀行に行かななくても、ネット上のシミュレーションサイトを使えば計算は可能です。

問題は、あなたから金額の話を銀行が知っても何も得も損も与える話はないという現実なのです。

だとすれば、できるだけあなたは自分の欲しい地域や保証など不動産会社の話を建てる3年でも5年でも前から話を積み重ねる方がよほど失敗しない計画を立てる事ができるのです。

年収300万円台に多い金額の話

一軒家年収300万円

実際に行動をする時、新築マンションでも一戸建ての注文住宅でも最も安い買い方は何か?

この答えは、間違いなくどこの会社も紹介という話が大切になります。

このポイントを予定段階の時に、多くの方が見逃している事が多いのです。

もちろん、実際に住んでいる人の中で、誰か紹介してくれる人がいる人ばかりではありません。

しかし、実際に何かの縁で、同じ会社に興味を持ち、現在話し合いや契約中という方がいたら?

この場合は、できるだけ多くの紹介をもらっておく方が得なのです。

 

年収300万で住宅購入成功のコツ

年収300万円買える家

実際に住宅を買うとなると、貴方は35年分のローンをあなたはとにかく必ず全額返すという状態になるのは事実。

だからこそ、まず準備として、営業などに相談するより先に以下のような工程を大切にしていただきたいと思います。

家を買う成功のセオリー1.資金交渉

家を買う手順年収300万円

今の家計は、生活で住まいまでのライフプランはできていない。

引っ越し費用やら具体的な諸費用を考えていくと、頭がいっぱい。

でもとにかく必ずどこかのタイミングでは買わなければいけない環境になっている。

こうした方の場合は、必ず成功のコツとして、夫婦だけで悩むのではなく、親の援助を相談することも知識として与えておきたいと思います。

その為に具体的には、親に今の状態を言えるような環境を持つなら、一番先に頭金の補助などの交渉環境を作ることも大切。

もちろん、全て住宅ローンを組んで、全て手数料ゼロとしてもちょっとずつでも給料から返すことを選ぶ。

でも、先程も伝えたように、将来に買うよりも低い金利や保険料で選ぶ事が出来るのが若さ。

保険料は、20代より30代、30代より40代の方が確実に高くなります。

この保険の差額分でさえ、チリも積もると毎月の目安の悩みにすら影響すると思った方が良いです。

これは、私の経験からも検討者向けに伝えておきたい部分となります。

夢のマイホーム成功のセオリー2.住宅学習

年収300万円家が欲しい

マイホームという環境は、多くの方が、ほとんど多くのことを不安と恐怖を感じる中で探す方が多い。

建物の良い悪いも含めて、どこまでも自分たちの中で、選ぶという言葉の中で、思っている想像でしか計画が立てられない。

だからこそ、まずは住宅知識の情報として、鉄骨よりも木造住宅を知る事が大切なんです。

その根拠は?

保険料が安い。

固定資産税が安い。

リフォーム費用もまとめて見積もりがとりやすい。

この3つは確実に時代の変化を問わず言い切れます。

だからこそ、まずは木造住宅を選ぶための知識を年齢問わず、知るべきなのです。

私自身もブランクがあったことも含めて、今回の一戸建て検討時には、まとめてしっかりおさらいと今の住宅市場の特性について関連資料を見てきました。

実際に私が使った方法は、無料で取り寄せが出来る資料請求から始まりました。

新築一戸建て資料請求のコツ工務店編体験記

まずは、こうした工務店の中から、しっかり木造建築の特徴や間取りの特徴などを思っているだけの想像ではなく、リアルに目安を作る知識を持つ。

これがスタートラインです。

マイホームを手にする成功のセオリー3.借入目安の明確化

年収300万円借入限度額

最後は、銀行に相談をしないで、まずはしっかり自分たちで選択可能な予算の範囲を明確化することが大切。

この点は、年収300万住宅ローン頭金なし借入可能額目安にて、詳細の金額目安を金利を関連付けてご紹介しています。

この3つをまずはしっかり自分の中で最も良い条件を作りだし、それから自分の目標に向かって動き出してみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

年収500万目安想定もご紹介しています。

住宅ローン目安年収500万円審査借入適正や月々返済額と通すコツ

最後まで読んでくれてありがとうございました。

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ