自宅の無制限wifi安いおすすめ2021年版【東海エリア体験ブログ】

スポンサーリンク
  • 安いWi-Fiがほしい
  • どこから申し込みするのが一番お得?
  • 月額1000円台や2000円台は可能なの?

一人暮らし、夫婦二人暮らし、3人、4人、5人家族、二世帯住宅など家庭の利用人数や家の広さなどによっても求める条件は変わってくるはず。

さらに、いくら使いたいと思える金額のサービスがあっても、エリア検索をしたら、対象外ということもあります。

少しでも費用を抑えるためには何から調べるべきなのか?

これまでにもWi-Fiについては、以下のような記事を書いてきました。

家にwi-fiがないauユーザーの選択肢

家にwi-fiがないauユーザーはホームルーター?光回線?選び方のポイント

スポンサーリンク

コミュファ光をauショップで相談

コミュファ光はauショップがおすすめの理由|連携やwi-fiで困った人へ

コミュファ光テレビの契約相談

コミュファ光にのりかえしたらテレビ映らない?よくある誤解体験ブログ

コミュファ光テレビ料金や使わなかった理由口コミ/評判2021

コミュファ光10ギガ評判

コミュファ光10ギガの良い評判|静岡県一戸建て体験ブログ

LANケーブル

コミュファ光wifi台数|10G口コミレビュー

コミュファ光乗り換えキャンペーン方法

コミュファ光乗り換えキャンペーン六千円受け取りの流れ体験ブログ

コミュファ光ブロードキャスト株式会社口コミ

コミュファ光ブロードキャスト株式会社口コミレビュー

コミュファ光解約金負担手続きの流れ|他社乗り換えキャンペーン利用体験談

コミュファ光でbsは見れない?必要な手続きや料金、サービス内容,解約までのまとめ

今回の記事では、安いWi-Fiを使うために必要な知識とよくある誤解について下記の目次でご案内しています。

安いWi-Fiと使えるは違う?

コスパで選ぶ時の注意点やよくある誤解

ホームルーターや置くだけはつながる?

スポンサーリンク

安いWi-Fiと使えるは違う?

まずは安さ重視という人に対して、伝えたい内容をご紹介していきます。

  • 月額料金
  • 初期費用
  • キャッシュバック
  • 契約期間
  • 無制限か上限設定ありか?

上記のような条件を探す人は多いはず。

そして、インターネットで検索をしている時、ふと目にするのは以下のような広告。

  • 初月
  • 最初の2ヶ月
  • 初年度
  • 2年目までは

上記のようなキャッチコピーを見ても飛びついてはいけない。

なぜか?

  • 安いのは最初だけ
  • 事務手続き費用などは別途
  • 最初の割引が終了したら金額が急に上がる可能性

上記のような最初の印象とは違うプランを見落としている人も多いのです。

月額1000円台、2000円台のキャッチコピーには要注意!

特に工事不要、コンセントのみで利用可能なサービスでは、以下のような事例もあります。

利用期間 費用
初月 1518円(税込)
2ヶ月目以降 4048円(税込)

さすがに、2倍以上の金額になるのは疑問ですよね。

さらに、2年間、3年間などの契約期間の縛りがある場合は、別途高額な違約金が請求されるケースもありますので注意が必要です。

ポケットWiFiは安く契約できるとは限らない

私も実際に2年以上のUQモバイルにてWiMAX2+を利用しています。

この経験から、実際の費用をご紹介していきます。

契約期間は2年縛り

結局、以下のような内容が必要になります。

  • 端末代金は22000円が必要
  • 事務手続き費用3300円が必要

このようい、安く使えると思っているのは、あくまで回線契約費用のみ。

実際には、端末代金も分割決済するというと、本当の費用はまた加算されてしまうのです。

月額料金が違う疑問

ポケットWi-Fiはほとんどの会社が同じような回線を利用している。

それなのに、以下のように費用が大きく異なるというのが現実です。

サービス名 契約期間(総額) 比較ポイント
GMOとくとくBB WiMAX 3年(142889円) キャッシュバックあり
ギガWiFi 2年(89232円) 月100GBまで
それがだいじWiFi 2年(89232円) 月100GBまで
どこよりもWiFi 2年(81120円) 月100GBまで
Mugen WiFi 2年(89232円) 月100GBまで
縛りなしWiFi 月額3630円 1日2GB/60GBまで
楽天UNLIMIT ⅳ 4ヶ月以降3278円 月5GB

 

上記のように、結局は、すべてが上限設定ありのプランが特徴。

つまり、無制限Wi-Fiというのは、一つも存在していません。

 

コスパで選ぶ時の注意点やよくある誤解

 

au,softbank,docomoなど大手キャリアで契約するとちょっとでも安くなるの?

この期待はちょっと間違いです。

キャリアでWiMAX契約は高い

私も実際にauでWiMAX系y区をしています。

しかし、月額は修理保証などをつければ、月額5000円を超えます。

ソフトバンクとドコモは、もっと高い月額8000円台。

上記のデータは、ソフトバンクのメリハリプラン、auはモバイルルータープラン、ドコモは、5Gギガホプランで参考にしたデータです。

容量別で比較するのは間違い?

20GB、30GB、40GB。

最初は、無制限と思っていたけど安いならと中お半端に妥協する人もいます。

しかし、これはかえって高くつく典型例。

なぜか?

スマホにはテザリング機能があります。

さらに、速度制限になれば人はついつい課金をしてもその続きを試したいという気持ちになってしまう。

結果として、月100GBというポケットWiFiを利用していたとしても最終的にはそれ以上を使えるのが現実。

特に以下のような利用を目的とする人は、要注意。

  • 動画を楽しみたい
  • 毎日とトリーミングで音楽を楽しみたい
  • LINE通話で友達とお話ししたい

上記のような人は、結局、30日間の全額返金補償があるような会社で契約をしても満足ができずにほかの方法を選ぶようになってしまう。

全額返金補償は完全に負担ゼロ?

全額返金補償という内容を見ると、30日間お試しで使うのもありと考える人はいると思います。

しかし、この金額でも含まれていない部分があります。

それが、返却手数料の1100円。

結果として、持ち出しゼロということはないのです。

月額料金と契約事務手数料は、返金されたとしてもすべての金額が返ってくるわけではない。

この状況で最後に返金があったとしても最後はどうなる?

解約した自分は、また新たな回線契約会社探しに至るのです。

 

ホームルーターや置くだけはつながる?

 

鉄骨住宅

電波が弱い

Wi-Fiが届きにくい

こんな悩みをポケットWi-Fiで経験している人なら、とにかく先に光回線を検討するほうが合理的だと私は自分の経験から実感している。

高気密高断熱性能の住宅ほど要注意

住宅性能が高くなるにつれ、電波が家に届きにくくなった。

  • ペアガラスでさえ届かないのに、トリプルガラスや防犯ガラスはもっと届きにくい
  • 外壁の厚い家は、電波も入りにくい
  • コンクリート、鉄骨など電波が伝わりにくい家はかなり苦労が多い。

結果として、自宅の中に直接光ファイバーを入れないと飛んでいる電波をつかまえるというのは至難の業と言えるような家庭も多くなってきました。

今後5Gが普及しても同じ?

今後の電波の改善は、どう影響を与えるだろうか?

でもこの課題は、地方に行けば行くほどかなり気の遠くなるような未来になりそうだ。

まずは自分の今の利用環境でできる開け早く回線を用意したい。

こう考えたら、少しでも早く無制限で誰でもすぐに使える環境を作りたいはず。

固定電話がある家庭ほど光はお得

意外と多くの人がい逃しているのが、固定電話の存在。

NTTに基本料金を支払っている。

この状況を放置しているのは家計として考えたらかなり損。

なぜか?

インターネット光回線は、今多くの会社が、ネット+電話。

電話というのは、ひかり電話です。

この契約をすると、固定電話のNTTへの支払いが不要になります。

結果として、固定回線費用を支払わない(通話料やオプションがあれば別途支払います)

こう考えると月額2000円ほどの負担増で光回線を利用することが可能です。

もしあなたが真剣に家のWi-Fiを見直したいなら、今契約をしているスマホのキャリアのショップに行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

記事一覧

公式アカウント

このページの先頭へ