一戸建て購入時期(タイミング)に多い誤解や失敗注意点|現場経験者が解説

スポンサーリンク

新築一戸建て購入の買い時タイミング選びのコツ設備編をご紹介しています。

マイホームを建てて、賃貸の生活から抜け出したい。

しかし、現実として、タイミングはいつがいいのか?

現在の貯金や仕事、子どもの年齢や自分たちの住宅ローン返済の完済時期など気になることは多い。

実際今の賃貸と全く同じ出費という事ではない。

当然住宅ローン返済に失敗したら、売却や競売という選択を迫られる。

家を売るだけでなく、自己破産等の可能性ももデメリットとして存在します。

しかし、このような可能性を考えるのは無謀なローンの組み方に気を付けるだけで、回避することは簡単です。

住宅ローンの世帯収入目安という視点についてもご紹介しています。

住宅ローン世帯収入目安

住宅ローンは世帯年収目安ではなく夫一人にしておくべき根拠|返済貧乏防止策

スポンサーリンク

私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下の経験を活かし運営しています。

新築、リフォームの現場を累計100棟以上経験。

新築マンション、一戸建て両方を購入。

住宅ローン審査に計3度落ちた経験を持つ。

ローン返済開始から、2年目で借り換えに成功。

このように、現場の内部から見て学んだ事。

自分が購入する側になって経験した事

双方の立場から、住宅購入者におおいわからないことや不安を口にする悩みをご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

新築一戸建て住宅購入を計画する時、こんな事を思ったりしませんか?

新築一戸建てっていつが買い時?

購入にお得なタイミングとかあるのか?

そんな情報を新築購入後、私は将来子供のためにもう1戸建てる計画をしているので、調べていました。

今回の記事では、一戸建て購入のタイミングについて、以下の項目でご紹介しています。

新築一戸建て住宅購入の流れ

新築一戸建て住宅購入時期選び方

新築一戸建て住宅購入の目安

新築一戸建て住宅市場観察

以上の内容を含めて、あなたの買うべきタイミングを見極める情報収集にお役立てください。

それでは、じっくりご覧下さい。

スポンサーリンク

新築一戸建て住宅購入の流れ

新築一戸建て住宅購入タイミング 人の流れ

まずは、住宅業界に対する人の流れを知っていただきたいと思います。

人の流れがある = 見込み客が多い = 交渉事は難しい

こうした流れがあることを知っていただきたいからです。

何年も住宅を調べ続けてきた方

思いつきでお越しいただく方

全く今の購入を考えていないけど見に来た方

いろいろな方が住宅業界に訪れています。

その人の流れを知ることは、時期選びにおける「交渉しやすいタイミング選び」としても大切なのです。

新築一戸建て住宅購入意欲が高まる時期

新築一戸建て住宅購入意欲が高まる時期

人の流れが多くなりやすい時期は、8月から年末前

この時期に一番多い理由は、支払いではなく、引越しを伴う立て直しを含めた購入希望者が増える時期だから。

明確に購入意思が示されている人が必要になっている時期といえます。

そのタイミングでは、なかなか交渉がしにくいので覚えておきましょう。

新築一戸建て購入と来年の動向?

新築一戸建て購入と来年の動向?

2018年は2019年に向けて大きな変化があります。

  • 消費税増税に関わる動き。
  • 住宅ローン減税法改正に関する動き。
  • 火災保険値上げ。

たったこれだけでも買った後も買う前の状況にも影響を受ける可能性がある項目は多い。

結果、自分が今すぐ手にした方が負担が少ないのか?と将来がわからないからこそ不安になる。

そんな時には、こんな形で考えます。

現在の貯金で100万円の頭金を出しても15ヶ月分くらいの住宅ローンの毎月の返済額を預金で残せるのか?

実際に生活費を考えた時、引っ越し後の生活を新築でも中古でも考えておくべきベストな状況はこの位の計画だと私は思います。

2019年、2020年以降の情報も同じように来年はいくらくらい今と変わるのか?

この答えも大切にしなければいけないポイントだと思います。

新築一戸建て購入後を検討

新築一戸建て購入後を検討

実際ローンを組んでからかかる費用は、一戸建ての場合は固定資産税と火災保険がかかる程度。

しいて言えば、インターネット回線費用がかかるとか新聞配達などの問題でしょうか?

もちろん、以下のような情報は必ずリサーチが必要です。

  • 買い物に行く周辺のショップがもし全く知らない店舗ならかかる費用の相場も含めて検討。
  • 地方から都市部に移動するなら、結婚から出産以降の子育て支援などの環境も確認が必要。
  • 固定資産税、住民税、市県民税などの支払いもいくらくらいになるのかリサーチが必要。

このような自分たちが今まで住み続けている場所より資産価値や土地の価格が高い場所を購入しようとしている時は注意が必要です。

では、あなたが新築一戸建て購入時期を逃さないための設備におけるタイミング選びのコツをご紹介していきます。

 

新築一戸建て住宅購入買い時

住宅購入 時期とタイミング 見つけ方

住宅業界における新築一戸建ての住宅購入におすすめのタイミングや時期の探し方として注目すべき内容をご紹介します。

キッチンの設備がモデルチェンジする時は狙い目!

キッチンの設備がモデルチェンジする時は狙い目!

住宅設備にもほかの業界同様にモデルチェンジがあります。

工務店、ハウスメーカーを問わず、標準設備に満足される方は少ないと思います。

その時、どうしてもオプションで選ぶ水廻り設備費用の節約ができるのが大きなポイント。

その確認をしやすいのは、2つあります。

キッチンなどの什器(じゅうき)設備専用のショールーム。

自分の気に入ったキッチンメーカーをチェックしながら新モデルの確認。

この2つが行われる時は、旧商品での価格交渉は非常にしやすいタイミングになります。

住宅設備の希望を絞るのはタイミングを掴む重要なポイント!

住宅設備の希望を絞るのはタイミングを掴む重要なポイント!

よって、

こうした設備の入れ替えのタイミングを掴む上で、重要になってくるのは、ある程度自分の希望する設備メーカーは決めておく。

特に、キッチンはしっかり押さえておく事をオススメします。

・風呂

・トイレ

は多少の不便はあっても間取りの広ささえ間違えなければ、大きな失敗や後悔にはならないと思います。

それより、

高さ

水道の種類

ガス、オール電化

メタルキッチン、ステンレスキッチン

等キッチンは、選ぶ要素がかなり多いです。

金額も大きいので、注意しながら慎重に選びましょう。

価格交渉のしやすいタイミングであること

自分の欲しいキッチンのタイプの廃盤等の注意

こうした流れも含めて「キッチンのモデルチェンジ」はタイミングを見切る上でも重要になります。

ぜひ、参考にしてください。

最後に、そう言った設備を肌で建てた家で体験するコツをご紹介していきます。

 

新築一戸建て住宅市場調べ方

新築一戸建て 住宅購入 時期 タイミング

インターネットがあれば不動産会社も土地も簡単にリサーチができる。

あとは本当に欲しい物件があれば、買う。

たったこれだけの事ではないのか?

一戸建て購入の時期なんてなぜそんな慎重になる必要があるのかわからない。

こんなイメージを本当に持っているなら、かなり危険です。

少しリアルに、理想と現実の違いを体験しやすい例をご紹介していきます。

一戸建て購入タイミング失敗例

一戸建て購入タイミング失敗例

分かりやすいのは、タイミングを子供の成長に合わせて契約しようと考えた場合にもあります。

その原因はなぜなのか?

この答えは、実際に住む環境へのリサーチを怠ったまま住んでみたいと思う関心だけで突き進んだパターン。

どういうことか?

  • 近所付き合いの問題で住みにくいと感じた生活環境。
  • 住んでからも同じ資産となると思ったら、想像とは違い過疎化が進んでいるエリアだった事で不便になっていく未来。
  • 日照条件が予想よりも悪いと分かった現実。

リサーチ不足というのは、一戸建てをただ単に賃貸の上下に部屋がないという感覚だけで選ぶ物ではありません。

あくまで、住まいを持つ際は、近所付き合いを含めて住む時の環境まできちんと違いを知っておくことも重要。

こんな世帯には、こういう言葉が出てくる。

「建物と住まいを考えるなら、中古マンションでローンを組む方が安心が多かったのかもしれない」

二世帯以上の状況ではこの選択肢は難しい。

しかし、単世帯の場合は、一戸建て、マンションという価値をきちんと土地の状況も考慮しておく必要がある。

都市開発等による価値の変化やこの先の資産価値の変化。

このような内容もきちんと目を向ける必要があります。

老後までの返済期間

老後までの返済期間

頭金だけでなく、しっかり貯金も作ってからの方が有利なはずだ。

このように考えて住む地域も価格も予算もきちんと確認済。

しかし、年齢は?

老後に多少かかるくらいの時期ならこれからの繰り上げ返済で対応ができるはず。

このような計画をしている人がそれぞれ別の貯金などを用意しておこうと想像する。

しかし、こういうケースに単純に老後破産という言葉が増えている事を意識している人が少ない。

老後への影響は以下のようなことも誰もきちんと把握できていない。

  • 年金受給額の変化。
  • 消費税増税の影響の可能性。
  • 子供に残す時の相続税対策。

将来親から子供に残す投資の意識を持つ人もいる。

しかし、この時の特徴では、次の10年、20年先には、何より自分たちの老後の不安の方が先になる。

当然、収入も変わる。

このような状況になる目前に高額な頭金を用意して自分たちの安全確保を失うこわさ。

 高額な土地や建物を購入すれば価値が落ちないわけではない。

売買における状況でたった20年余りの間の投資というわけではない。

きちんと買ったあとに自分たちの老後までに残された時間を考えておくことも非常に大切になります。

分譲地や建売の前に、初めてだし、まずは、資料請求からしてみたい!

そんな方には、住宅ハウスメーカー工務店への資料請求のコツと営業マン対策ページでおすすめの資料請求サイトもご紹介していますので、ぜひ活用してください。

家が買えないけど欲しいと思う新築一戸建て希望の人へ最初の一歩についてもご紹介しています。

家買えないけど家が欲しい悩み

家が欲しいけど買えない?最初の一歩と住宅ローン対策

ハウスメーカーからの資料請求に興味がある方に対する内容もご紹介しています。

新築一戸建て資料請求ハウスメーカー対応失敗後悔注意点

火災保険一括見積もりサイト比較の注意点もご紹介しています。

火災保険一括見積もり|元営業が納得!おすすめ依頼サイト体験記

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

記事一覧

公式アカウント

このページの先頭へ