新築リビング照明スイッチ配置のコツを内覧会実例画像付で解説

スポンサーリンク

新築一戸建て注文住宅リビング照明スイッチ配置の成功法を体験から解説しています。

このページをご覧頂き有難う御座います。

2階廊下の照明スイッチについてもご紹介しています。

新築2階廊下照明スイッチ配置注意点

新築照明スイッチ2階廊下配置位置のコツや注意点

スポンサーリンク

トイレの照明スイッチについてもご紹介しています。

新築トイレ照明スイッチ配置のコツや注意点

新築トイレ照明スイッチ配置のコツや注意点画像付

トイレは位置も重要です。

トイレの位置【新築間取り図面画像付】

キッチン照明スイッチについてもご紹介しています。

新築キッチン照明スイッチ注意点やコツ

新築キッチン照明スイッチ配置のコツ注意点を実例内覧会画像付解説

リビング近くに和室を用意する時の照明スイッチについてもご紹介しています。

リビング和室照明スイッチ配置のコツや注意点

新築照明スイッチリビング横和室配置注意点【実例画像付】

収納スペースとしてウォークインクローゼットもご紹介しています。

新築照明スイッチウォークインクローゼット位置おすすめ

新築照明スイッチウォークインクローゼットは内外おすすめは?

リビング照明について、LEDダウンライトを検討している方への注意点もご紹介しています。

リビング照明ダウンライト

新築リビング照明選び方LEDダウンライト配置画像付解説

新築リビングの狭い暗いを防ぐポイントや注意点もご紹介しています。

新築一戸建てリビング狭い防止策

リビングの広さ対策や明るい空間|新築一戸建て家づくり間取り設計のコツ

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

このページでは、新築リビングの配線計画の一つである照明スイッチの配置について以下の内容で解説していきます。

新築一戸建てリビング照明スイッチの配置で失敗後悔が多い原因

新築一戸建てリビング照明スイッチの配置で家事動線を考えた配置のコツ

新築一戸建てリビング照明スイッチの配置をWeb内覧会我が家の配置を紹介

これから新築一戸建て間取り計画の中の電気配線について話をされる方も、これからいろいろ一戸建て計画を立てる方にもわかりやすく解説していますので、是非情報収集の1つとして参考にしてください。

スポンサーリンク

照明スイッチ新築リビング配置失敗後悔原因

新築一戸建て失敗後悔注意点

一戸建てリビングという場所における配線計画の失敗後悔が多い例をまずは解説していきます。

新築リビング照明スイッチ失敗後悔1.数

近年は徐々に少なくなった傾向にあるようですが、まだまだ節約しようとする方の中で失敗後悔が耐えないのが、数の不足。

この場合の対処法、家事動線への配慮した配置などを後ほどしっかり解説していきますので、このHPをご覧のあなたには同じ失敗後悔が無いよう注意してください。

新築リビング照明スイッチ失敗後悔2.家具との干渉

  • リビングへの侵入経路にともなう配置ミス
  • リビングの建具との配慮不足による設置ミス
  • コンセントなどの出っ張りに近い配置で足元に注意が必要になるリスク。

私から見ると、相手の会社の打ち合わせ上の提案不足である部分もあると思います。

しかし、実際同意してからでは、自分の決定ですから何も言えません。

しっかり原因を対策法を後ほど解説していきますので、あなたには同じ失敗後悔が無いように注意してください。

新築リビング照明スイッチ失敗後悔3.調光スイッチ

新築リビング照明に人気が出ているダウンライト系の選択をされた方に多い照明スイッチ配置不足のミス。

ダウンライトとは?新築照明デメリットやリスク,注意点実例画像付

生活における照明が与える生活の不便は、こうした細かい事も毎日の中では失敗後悔の原因にもつながります。

この点も後ほど対策法を含めて解説していきます。

以上の3つが主な新築一戸建てリビング照明スイッチに関する失敗後悔原因となります。

では、家事動線を意識した新築一戸建てリビング照明スイッチ配置のコツを解説していきます。

 

照明スイッチ新築リビング配置と生活動線

新築一戸建て注文住宅配線計画リビング照明スイッチ

家事や生活の動線を意識した配置のコツを解説していきます。

上でご紹介した失敗後悔の対策法を兼ねていますので、是非しっかりチェックしてみてください。

新築リビング照明スイッチ配置のコツ1.リビングには最低限しか配置しない

家事動線を意識したコツは、リビングに設置しないこと。

リビングで過ごす前に照明スイッチを使う。

この事を最優先として考えます。

そうすればリビングに行くために通る過程に照明スイッチ配置は絶対に必要になりますよね?

つまり、部屋に入る前に電気を付けることに気を付けて建てる前の配線工事を行う。

すると、以下のようなスペースの壁を使い、スイッチをつける事が増えるはず。

・キッチン周辺

・玄関からのリビング入口手前

この2箇所には必ずリビング照明スイッチが必要になるのです。

 新築リビング照明スイッチ配置のコツ2ドアノブと同じ方向で設置

建具等で隠れてしまってボタンが押せないという手間を生んでしまう失敗後悔の対策法として解説していきたいと思います。

リビングドアの開け閉めによって隠れてしまう失敗後悔

この主な対策法として、私がよく周りの相談者に解決策として一番わかりやすいたとえをしているのは、この方法。

ドアノブと同じ方向で付ければ、

ドアノブは、開け閉めの方向は必ず本体が逆に設置されてますよね?

ですから、ドアノブと同じ方向で設置すれば、ドアのタイプは考える必要がなくなるのです。

家事動線や生活動線を考えても、

・リビング照明スイッチを触る

・リビング入口ドアノブを持つ

この動作で、確実に右左に手を動かす必要は削減されます。

新築リビング照明スイッチ設置のコツ3.調光スイッチは、ソファからの動線上に配置

新築リビングに徐々に増えたLEDダウンライト等の選択肢。

さらにグレードアップした調光タイプを採用したい人は是非調光用スイッチを配置するのは、ソファを中心に考えてください。

その根拠は?

リビングの光の量を調節したいと思う時は、リビングに座って、

・読書をする。

・テレビを見る。

・家族で話をする。

こうした環境により変わるはず。

その状況を迎えた際、部屋から出て調光スイッチを操作するのは、面倒ですよね。

ですから、

ソファに近い位置であり、なおかつ振り返るのではなく、ソファから正面に向かった動きのエリアに調光スイッチを配置する

これが、私の考える一番生活動線にも、家事動線にも適した配置だと確信しています。

では、実際の私の家の実例画像付きでご紹介していこうと思います。

 

照明スイッチ新築リビング配置Web内覧会

新築一戸建てリビングインテリアコーディネート 画像 実例

この画像は今の私の家のリビングです。

私のこの家のリビングをパッと見ていただいても、ボタンなどはどこにもない事がお分かりいただけると思います。

我が家のリビング照明スイッチ画像を間取り図で紹介

新築一戸建て注文住宅間取り図1階実例画像

我が家が大切にしたのは以下のスポット。

・リビングと玄関ポーチの入り口部分

・キッチンから階段に向かう途中

・ダイニングには設置しない

この3つを徹底しました。

何故か?

ダイニングに中途半端に配置すると、子供たちが触れるリスクが高いから。

ダイニングには、椅子がある。

➔簡単に子供が触るリスクが高まる。

だからこそ、ダイニングには採用しませんでした。

寝る時には、リビング全体を見渡し、脱衣所との中間ですぐ消せる配置にこだわりました。

結果的に、スマートな操作で消灯や点灯が可能になりました。

もしこのページからでもそのほかの内容でも、新築一戸建て購入についてのご質問等がございましたら、

お気軽に記事下の「メールする」、またはコメント欄でご相談ください。

必ずあなたの新築一戸建て計画を失敗後悔無しの状態に仕上げる自信と確信が私にはあります。

新築一戸建て購入がよりあなたにとって幸せで快適な生活空間に仕上がることを心から願っています。

この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。

照明の種類選びに戸惑っている方向けの記事もご紹介しています。

リビング全体については、新築リビング失敗後悔注意点まとめで様々な課題をご紹介してます。

こんなことはだれでも分かっている。

こう思っている人も多いはずなんです。

しかし、なぜかマイホームの配線計画の時には、問題にする課題にすらしないまま変更することも全く考えず決定をしている家づくりが多い。

なぜでしょうか?

それは今の家の問題を解くに感じた暮らしをしていないことが原因でもあるのです

あくまで今住んでいる物件で不便だと思って工事を依頼したいと思うほどの悩みが有れば、その対象には対策を含めて決めていくことがある。

しかし、掃除一つでも、暮らし始める前には、こうなることが少し考えれば当たり前だったのに!

このような悩みが実際に積み重なっていくのが失敗後悔の原因になります。

ちょっとでも気になることがあれば、できるだけ打ち合わせに入る前にチェックしてメモしておく。

そして、そのメモを打消し線でそれぞれの過程で対策を講じておく。

このようにしてくと、各カテゴリごとに徐々に図面に具体的な内容が入ったときにも悩みリストから照らし合わせが可能になる。

家電購入リストを家に入ってから決めるのでは遅い。

押し入れの扉を含めて、できるだけリビングを含めて搬入経路の確保なども見落としがちな注意点となります。

床を傷つけない為。

壁をモノがすらない為に。

もうスイッチの付ける位置を決めたら、結構色々な影響が出る対象が出てきていますよ。

誰もが初めての家づくりになると思う。

とても細かい内容ほど記録しておきましょう。

外観のデザインや写真などにはかなり夫婦一緒に多くのブログを見て、意見を聞く機会を用意しているかもしれない。

でも照明などの生活における安心や安全に直結する内容ほどできるだけかなり目を向けて選んでほしいと思います。

あなたのシミュレーション不足を解消するためのチェックリスト代わりにもお役立て下さい。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

新築間取り,住宅ローン,火災保険,外構等情報

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ