ドコモ光で速度が遅い原因と解決方法|乗り換え検討ポイント

スポンサーリンク
  • ドコモ光を利用している
  • 回線速度が遅いと感じることがある
  • 通信速度に不満を感じる日々が続いている。

フレッツ光のコラボ商品として提供されているサービスの一つであるドコモ光。

スマホやtabletの契約がドコモのユーザーであれば、セット割引などもあって家族の通信費用の節約につながることもあります。

しかし、その回線も通信速度が遅いとなってしまうと、ストレスにしかならない。

今回の記事では、ドコモ光の回線速度が遅い時の原因と他社乗り換え検討のポイントを以下の項目でご紹介しています。

ドコモ光の回線速度が遅い原因

ドコモ光の通信速度と実測値の差

ドコモ光が遅い時の対処法

ドコモ光から他社乗り換え検討注意点

スポンサーリンク

ドコモ光の回線速度が遅い原因

 

まず前提条件として、ドコモ光だから遅いという解釈をしている人には誤解があるという点をご紹介していきます。

フレッツ光である

ドコモ光という名称になっていると、つい他の会社とは全く違う商品のように感じている人は多い。

しかし、それは大きな誤解。

ドコモ光とは、NTT東日本、NTT西日本が提供しているフレッツ光回線の設備を利用している。

つまりは、フレッツ光そのものが遅いという状態になっているのです。

ドコモ光もソフトバンク光も同じ

同じフレッツ光の商品を利用しているサービスは、ほかにもたくさんあります。

  • ソフトバンク光
  • コラボ光

こうした名前の商品は、プロバイダーと呼ばれる会社の名前が違っていてもすべて同じ。

プロバイダーは、全国に約25社対応している。

このようなセットのプランが会社名を優先して宣伝しているため、違うサービスのように感じている人は多い。

しかし、すべては同じなのです。

 

ドコモ光の通信速度と実測値の差

 

ドコモ光は、フレッツ光。

フレッツ光の主な通信速度は、最大通信速度1Gbps。

しかし、現実にこの速度はどこまで体感できているのか?

フレッツ光10年以上の私の口コミ

私は、東海エリアでフレッツ光を10年以上利用していました。

最初の頃は、インターネット接続が可能なだけで満足でした。

しかし、新築注文住宅を購入して、1階、2階というスペースの各居室でストレスなく利用したいと考えた時、以下のような現実を思い知ったのです。

  • 1階のリビングではつながらない
  • Wi-Fiが弱い
  • 中継器を入れてもあまり機能していない
  • オンラインゲームをするのはストレスだけでスムーズに動かない

このような状態が続くことで、これ以上は続けられないと思うようになったのです。

ではどうしてそのようなことが起こるのでしょうか?

 

ドコモ光が遅い時の対処法

実際に利用していた時の体験口コミをご紹介していきます。

フレッツ光の速度の遅延原因

現在コミュファ光に切り替えて、よくわかったことがあります。

それは、Wi-Fiが弱い。

これはかなり顕著な違いがありました。

  • 飛ばす距離の問題。
  • Wi-Fi6への対応。
  • 最大5Gbps、10Gbpsなどの通信速度アップの商品展開

こうした内容に対して、古くから提供されているサービスでは、商品の劣化なども含めて非常に遅く感じるのです。

マンションタイプの場合は顕著

近年、Wi-Fi付の集合住宅なども増加しています。

建物内で無料で使用可能なWi-Fiがある。

これは非常にありがたいのですが、以下のような特徴もあります。

  • 夜間など多くの人が一斉に利用しようとすると速度が一気に遅くなる。

これは、回線設備があくまで集中型になっているため、アクセスが集中することで処理が追い付かなくなってしまうことがあるのです。

プロバイダによる違い

インターネット回線契約そのものは問題がなくても、プロバイダーが処理できていないと速度は一定に保つことが困難になります。

プロバイダーとは、インターネットの回線を実際に接続してくれる会社です。

あくまで、回線の契約とインターネットに接続する会社は別。

これが複雑な部分。

この2つを専門用語では、回線事業者とプロバイダーと呼びます。

つまりは、フレッツ光が回線事業者。

その接続を担うのは、nifty,biglobe,so-net,ocn,エディオンネットなどのプロバイダなのです。

ですから、プロバイダを変えたら、同じプランでも回線が安定したという声も聞こえてくるのです。

 

ドコモ光から他社乗り換え検討注意点

 

ドコモ光はもうだめだ。

もっと早い会社に早く変えたい!

でもどこを選べばよいかわからない。

こんな人にお伝えしておきたい情報を掲載していきます。

プロバイダ選択型と一体型

まず、先ほどプロバイダを選択するという一つの選択肢を紹介させていただきました。

しかし、この選択についても、最近のサービスの特徴から以下のような悩みも多くなっています。

サービス概要 注意点
一体型 プロバイダのみを変更することは不可能
一度インターネット回線そのものを解約する必要がある
選択型 一体型と比較すると料金が割高になってしまう。
選択する会社の幅が広いようで使える会社がすくないということもある
解約する時、プロバイダとインターネット回線契約それぞれの解約をしなければいけない

一体型は、最近では、光コラボレーションと呼ばれています。

キャンペーンや高額のキャッシュバックなどを実施している多くはこのモデル。

光コラボの場合は、選択をするのが難しい。

この点は注意が必要です。

他社乗り換え時の違約金補填

家族でauに乗り換えを検討している。

彼氏彼女とソフトバンクでまとめておきたい

こんな乗り換えを検討しているなら、まずは乗り換えをする際の違約金や解約金を確認します。

違約金とは、解約手数料や2年自動更新ありの場合、それ以外の期間で解約した際に発生する費用。

こうした金額は、乗り換えをするとき、新しい会社が補填してくれることもあります。

最低利用期間や手間などを考えたら、少しでも早いほうがストレス解消になる。

撤去工事などのスケジュールの問題

しかし、撤去工事などをいつ行うか?

新しい会社の工事はいつお願いできるのか?

切り替えのタイミングは自分では選ぶことが難しいのも現実。

あくまで、工事を依頼した際にもスケジュールの空いている時に対応してもらのが一般的になります。

ですから、少しでも早く改善したいと思ったら、早めに申し込みだけを済ませる。

これがキャッシュバックなどを最大で受け取るためにも、利用している会社の解約を早めるためにも大事になります。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

記事一覧

公式アカウント

このページの先頭へ