スポンサーリンク
コンセントにつなぐだけで簡単に設置が可能な自宅用の高速Wi-Fi環境がほしい! 自分の家にはインターネット環境がない。 こんな人の悩みは年々増加しています。 コロナ禍で、引きこもりのような生活が中心になったことで、自宅で回線接続をする頻度は高まった。 夫婦二人暮らしでも同じ時間に在宅ワークでリモート会議などに参加する時には、ある程度の通信速度が求められる。 子供がいる3人、4人、5人家族ともなれば、任天堂SwitchやWii、PS4、PS5などのゲーム機でオンラインゲームを楽しむという環境もありますよね。 こうした時、すべてをスマホのギガ数に依存するのは費用が高くなることが心配される。 今の時代なら、無線LANでも高速通信規格であるWi-Fi6にも対応している通信機器も多くなりました。 高画質、高音質という映像や動画を楽しみたい人にとっても回線読度は重要になってきた。 今回の記事では、2021年8月から提供されるNTTドコモのHome 5Gについて、以下の目次でご案内しています。 Home 5Gの特徴 Home 5Gの料金や割引 Home 5Gと比較検討候補
スポンサーリンク

Home 5Gの特徴

Home 5Gの特徴
スポンサーリンク
工事不要という響きに誘われて、ソフトバンクAirやauひかりHomeなどを契約している人も多くなりました。 持ち運びに便利な端末としては、Wimax+などを契約している人もいると思います。 今回のHome 5Gはどんな商品なのか?まずはこの点からご案内していきます。

Home 5Gは通信エリアがあります

Home 5Gは通信エリアがあります どんな通信会社との契約をする際にも、「サービスエリア検索」で、通信環境を確認する必要があります。 一部エリアに限る。 この表現や送受信時の技術規格上の最大値であることなど、実際に利用する環境にそのまますべてが対象となうわけではありません。

HR01以外の選択肢

HR01以外の選択肢 home 5Gは、専用端末を利用する必要があります。 それが、シャープのHR01という端末。 以下の特徴があります。
項目 詳細
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax Wi-Fi6対応
周波数 2.4GHz/5GHz
最大通信速度 5G通信受信時4.2Gbps、送信時218Mbps
Wi-Fi設定方法 WPS又はQRコード読み取り
これまでとの違い 電波を特定方向にと明日ビームフォーミング対応
ホームルーターと呼ばれる機器となります。 単身世帯や引っ越しが多い世帯などの工事を不要とする環境をお探しの方はよいかと思います。 しかし、速度は、家の中に回線を引き込むことではないので、当然建物の構造や対応エリアとの相性、周りの建物などの条件などにより速度も大きく感覚が異なるのが特徴です。  

Home 5Gの料金や割引

Home 5Gの料金や割引 Home 5Gは、いくらかかるのか?

月額料金の特徴

月額料金の特徴 月額料金は、4950円。

スマホの割引

スマホの割引 ギガホプランを利用されている方の中には、以下のようなプランの方が対象です。
  • 5Gギガホプレミア
  • ギガホプレミア
  • 5Gギガライト
  • ギガライト
常勤プランを選択されている方は、最大月額1000円割引を受けられます。 5Gギガライトとギガライトについては、3GB以上で、1100円、1GB~3GBの利用で550円割引となります。

申込方法の特徴

申込方法の特徴
  • 全国のドコモショップ
  • 取り扱い店舗(家電量販店等)
  • ドコモオンラインショップ
ドコモの携帯回線契約は不要です。  

Home 5Gと比較検討候補

Home 5Gと比較検討候補 回線契約不要なのは、とても気が楽ですよね。 でも端末代は本当に安いのか?

コンセントのみの端末利用注意点

コンセントのみの端末利用注意点 ホームルーターと呼ばれる端末は、ソフトバンク、auなど各社が展開をしています。 しかし、実際の月額料金は、5000円以上とかなり高めになっている。 そのうえ、以下の点を意識しておく必要がある。
  • 故障、修理交換などのメンテナンスの問題
  • 保証などのオプション加入とその合計額
  • 電波が届かない、遅いなどの症状に対する不安
上記のような課題をすべて当たりはずれという感覚で選ぶことが大事。

光回線より安いのか?

光回線より安いのか? 契約をしてから、2年縛りなどの期間が設定されていても問題ないという方なら、ドコモ光と比較することは大事。 GMOとくとくBB-ドコモ光- Wi-Fiルーターのレンタル代などが昔と違い、0円になってきてきる。 自分の家のインターネットを少しでもストレスを少なく利用するためには、安定性が求められる。 いずれを選ぶ際にも、対応エリアの確認をしてから、月額などの費用比較をしてみてください。
スポンサーリンク