アフィリエイト

住宅ローン比較ポイント失敗後悔原因とおすすめの方法

スポンサーリンク

「住宅ローン比較って何を見れば良いのですか?」

住宅ローン比較について、当サイト閲覧者からこんなご相談を頂きました。

ありがとうございました。

私のサイトは、新築一戸建て購入を失敗後悔にしてほしくない!という思いから,購入体験,住宅ローン審査体験などを通じて、各記事をご紹介しております。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この回答をさせていただきたく今回の記事では、住宅ローン比較というターゲットに対して、以下の内容でご紹介しています。

住宅ローン比較ポイントはサイト確認では済まないブラックボックス

住宅ローン比較ポイントはそもそも個人で調べるべきでは無い根拠

住宅ローン比較ポイントを正しく知るための最短ルート

住宅ローンの仕組みを含めて慎重に検討して下さい。

スポンサーリンク

住宅ローン比較ポイント1.サイトを信じすぎるな!

住宅ローン比較ポイントサイトで見えない失敗後悔原因

住宅ローン比較ポイントをインターネット上で調べる方も非常に増えてきました。

しかし、住宅ローン比較の本当のポイントと言うのは、表面に出てきていない事の方が重要な事が多い。

この点をまずは根拠を持ってご紹介していきます。

住宅ローン比較ポイントに書かれない事が多い待遇要素

住宅ローン比較という点について、待遇というポイントはほとんどのサイトが載っていません。

掲載している情報といえば、以下のような情報が公開されてる事が多いですよね?

・変動金利、固定金利の金利設定。

・保証料の費用、ゼロ円の情報。

・住宅ローン対象年齢。

こうした情報は確かに比較サイトでも掲載されている事が多いです。

しかし、これらはどの情報もまとめてあるだけで、各銀行に聞く事も出来る内容。

それよりも比較ポイントで知らなければいけない事は、以下の内容。

住宅ローン審査における強み

住宅ローン審査で得意な案件

住宅ローン審査で不得意な案件

こうした隠れた情報を知る事が比較ポイントで貴方が知らなければいけない事。

「こんな情報誰が持っているの?」

この答えは後ほどご紹介していきます。

こうした条件だけでも知っていただきたい事は、もう1つ有ります。

 

住宅ローン比較ポイントはそもそも個人で調べるべきでは無い根拠

住宅ローン比較ポイントを個人が調べるべきではない根拠をご紹介していきます。

住宅ローン比較ポイント情報サイトに潜む決定的な失敗後悔原因

住宅ローン比較のポイントとして、比較系サイトの情報を確認している方も多いですね。

しかし、住宅ローン金利は、生き物と言われる程変化やキャンペーンを密かに実行されてる事が多いんです。

よって、安易に表面上の金利や保証料だけで申込をしてしまう事は危険。

その根拠は?

「住宅ローン金利その他を含めて条件は表面で出ていない部分が多いから。」

ですから、住宅ローン比較ポイントは、

「安易に表面データを確認しただけで申込をしない」

まずはこの点を強くオススメします。

住宅ローン比較ポイント情報サイトはあの肩書も無意味?

住宅ローン比較ポイントを掲げなさいという言葉を聞いて本当に伝えられる人は誰でしょうか?

答えは、住宅ローンを通した人が伝える事。

「自分の体験があるからこそ、学び知っておくべき事を整理することが出来ます。」

しかし、多くの方は以下の様な人の情報を信じる傾向があります。

・銀行員なら知っているはず。

・素人でも調べてある人は知っているはず。

実際に私も過去に住宅ローン審査を受ける前に調べる時は同じ発想です。

でも、蓋を開ければ、こんな結末。

「銀行員は、結果的に仲介業者という名にふさわしいタダの窓口。」

審査の通りやすさという内容は全く知りません。

なぜ?

あなたの住宅ローン審査を本審査として行うのは、第三者機関

つまり、第三者機関からは、銀行に個人情報であるからこそ、何も教えられないのです。

「自分の情報を調べさせたのだから、自分には落ちたなら原因を知る権利がある」

こんな言葉は私もいだきましたが全く通用しない世界。

ですから、個人が調べられる開示されている情報の少なさを知らずに安心する事の方が多いんです。

住宅ローン比較ポイント情報サイトかの申込は危険?

正直私は比較ポイントをこのサイト内には一切掲載していません。

私があくまで提示しているのは、以下のような内容。

住宅ローン審査基準。

住宅ローン審査に落ちた人の一般的な原因。

住宅ローンシミュレーションデータ。

こうした内容にとどめています。

なぜかといえば、これまでにご紹介してきた内容を全て最新情報として確実な情報を掲載出来ないから。

全く逆に、こうした情報を開示している親切そうな人のサイトでは、必ず欠落する事があります。

「1社毎に審査を進める方法が一般的な案内である。」

これは私が体験した住宅ローン審査を通過させた方法とは全く逆を行くリスクの高い申込方法。

ですから、住宅ローン比較ポイントでただ銀行を並べながら紹介してるようなサイト。

これは、典型的に住宅ローン審査を知らない人が紹介してるだけのサイト。

この点も要注意となります。

では最後に、住宅ローン比較ポイントを正しく知る為の方法をご紹介していきます。

 

住宅ローン比較ポイントを正しく知るための最短ルート

住宅ローン比較ポイントを知る。」

この点について、まだまだ情報が欠落している実態が伝わってきたと思います。

では最後にご紹介していくのは、「あなた個人が知らなければいけない住宅ローン比較ポイント」を見つける方法。

具体的には、以下のような項目をチェックしてほしいのです。

・40歳会社員勤続年数3年の方が知るべき住宅ローン比較ポイント

・35歳自営業勤続年数5年の方が知るべき住宅ローン比較ポイント

・23歳派遣社員勤続年数2年の方が知るべき住宅ローン比較ポイント

これらの条件から全て知るべきポイントが違う。

この点を知って頂きたいのです。

住宅ローン審査は、フラット35を含めて、適切なニーズに合わせて探す必要があります。

ですから、この点を調べるのでは足りないのです。

よって、私があなたに正確な住宅ローン比較ポイントを提示してもらうべき方法をご案内していきます。

それが、住宅ローン審査に2度落ちた私が通った銀行の探し方

スポンサーリンク
にて掲載している情報。(姉妹サイトにリンクします)

この方法を使えば、以下のようなメリットが明確に感じる事が出来ます。

・あなたが申込をしたい住宅ローン審査期間に適応する最新金利。

・住宅ローン比較ポイントをあなたの条件に合わせて交渉してくれる。

住宅ローン比較ポイントが必ずあなたの条件を中心にリサーチされる。

これであなたはリスクを背負う必要が全く無くなります。

そして、同時申し込みが可能になる事で、住宅ローン審査を落ちた,通らないという事態のあとに受けるリスクも回避出来ます。

ぜひこの記事をご覧のあなただけは情報に惑わされないで下さい。

初心者が知るべき比較ポイントなんて物は表面に出ていません。

住宅ローン比較の対象は引き出してからはじめて見えてくるのです。

ぜひ正しい知識を付けて失敗後悔対策を心がけて下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人に人気のコンテンツ


当サイトおすすめコンテンツ

PR
新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

ランキング応援やお気に入り登録有難うございます。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

著者2児パパニッキープロフィール

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




関連サイトとして、銀行ローン審査に2度落ちた私が通した方法もご紹介してますので、参考にして下さい。

注文住宅間取りハウスメーカー無料依頼おすすめサイト

大手ハウスメーカーを検討するなら3社一斉で比較!
・対応速度
・間取りの癖が強かった!
・モデルハウスとのギャップが大きかった!
こんな悩みにならないためにまずは、資料請求を大切にしましょう。

YOUTUBEチャンネル公開中

無料相談受付中

無料メール相談も随時募集しております。

2児パパニッキーへ無料メール相談


Skypeによる無料音声相談も行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

70人の購読者に加わりましょう

このページの先頭へ