住宅ローン年収240万審査借入可能額目安

スポンサーリンク

住宅ローンを年収240万のなかで審査を受けたい。

物件購入が可能な範囲は何万円くらい?

金利を含めて借り入れの相談はどこの金融機関なら可能?

返済する時の月々の返済額の金額の計算は?

年収240万の方が住宅ローン審査を受けたい時、一言でいえば利用前にこんな悩みがあります。

「生活の中で暮らしに必要なお金に無理が無いように借りたい」

借入の前にも住宅ローンを利用するには費用が必要になってきます。

ボーナスを先にあてて、頭金を作るべきなの?

金融機関の金利の情報をどうやって調べると効率的?

このように、物件価格だけでなく、いろいろな情報を集めていく必要があります。

住宅ローン審査における年収に誤解をしていませんか?

住宅ローン審査年収

住宅ローン審査年収や借入可能額の仕組み体験記

スポンサーリンク

年収250万女性の住宅ローン審査についてもご紹介しています。

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由と通すコツ

フラット35審査期間についてもご紹介しています。

フラット35審査日数(期間)と落ちた連絡の対処法の違い

フラット35審査期間日数|落ちたら絶望的?申込方法には要注意?体験記

住宅ローンがきつい人向けの情報もご紹介しています。

住宅ローンがきつい人におすすめ対策法

私のサイトは、新築一戸建て購入に必要な間取りや住宅ローン,火災保険などについて、以下のような体験を軸に失敗後悔対策情報を公開していく目的で運営しています。

新築住宅関連企業勤務経験者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者。

身内に一級建築士,電気工事,内装業などの住宅関連従事者が多い環境。

新築を購入する時、ハウスメーカーを一度解約した体験者。

住宅ローン審査に2度落ちた後、3度目に通過させた体験者。

住宅ローン借り換えを2年後で成功。

新築カーテンを購入する時、必要な経費を最小化させた成功体験。

新築火災保険を元保険営業の妻の知恵をかりて、節約に成功。

新築購入後、インターネット回線、新築祝いのお返し、あいさつ回りなどを経験。

新築購入後、追加工事や修繕依頼などを経験。

外構工事費用も最初の見積もり価格の半値以下で、必要な工事のみを依頼に成功。

こうした体験をしてきました。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

生活の中で無理をしない計画が最優先に必要になる家を買うという計画。

住宅ローンも年収240万で借入可能な金額はあります。

しかし、資金、暮らしに必要な費用、生活循環をしていく上で必要な貯金。

毎月の生活を不動産物件購入後もスムーズに行えるようにするためには事前の計算が最も大切。

実際に私自身も、無理をしたつもりが無かったが、最初のマンション購入時に引っ越した後の生活で大変な苦労をした期間がありました。

こうした生活をしたからこそ伝えられる視点から、今回の記事では、以下のような項目で内容をご紹介していきます。

住宅ローン年収240万の現実

住宅ローン年収240万の限界

住宅ローン年収240万の利用

実際に、どう資金を運用して、どんなサイトから情報を取得するべきかを含めて、経験者がご紹介していきます。

スポンサーリンク

住宅ローン年収240万の現実

年収240万住宅ローン

年収240万で毎月いくらを支払い、どの程度の不動産を手にする事ができるのか?

収入とは申し込みをする時は、総支給額。

しかし、実際にマイホーム購入後に自分が毎月手にしている時には手取り。

このギャップを目安として間違えてしまうだけで、35年という長い時間の中で、返済方法に限界を感じて、きついという言葉を使うような環境になってしまう可能性もあります。

そこで、現実的なマイホーム購入をしていく上で、借入可能額という言葉の目安をご紹介していきます。

年収240万住宅ローンは金額的にいくら?

多くの人は、物件を検索して、一戸建てやマンションを新築、中古に限らず関連の情報をいろいろ見ています。

しかし、実際に見てもどの程度自分の検討できる枠があるのか分からないままでは結果的に、後でまた新しい土地や物件を探す必要が出てきます。

だからこそ、まずは現在の年収からの返済負担率を知る事が重要です。

住宅ローン審査の条件における年収240万円の人の返済負担率は、1年で25%程度が目安。

どうやって計算するのか?

以下のような内容になります。

240万円×0.25=60万円。

この60万円は、1年間の総支払額相当分。

ということは、どこまで含まれるのか?

この負担分の誤解がかなり重要。

月額5万円の中には生活に必要な以下のような条件が含まれて行かなければいけない。

スマホ等の費用。

車の保険料。

購入した後に不動産に要する固定資産税等。

こうした内容をトータル的に考えた上で、60万円以下と考えておくが生活に無理が無いと言える条件。

こう考えるのは、銀行が融資をする時の条件ではありません。

実際に私が現在の生活をしている環境でもまさにこの状況になっています。

このくらいで考えると、実際に税金や日常に支払いを要する光熱費などの支払い、貯金などもできる人が増えます。

しかし、この60万円を限界まで不動産取得の金額分に相当すると?

当然、現在の生活はほぼ無理な状況。

貯金を考えることなど確実に無理な人が増えてくるのです。

だからこそ、月額を住宅ローン返済額を含めて5万円以内に抑える。

この計画を融資を受ける前に、自分の普段の銀行の引き落とし分の家計を見直しながら計画をしていく事が大切です。

年収240万住宅ローン借入可能額目安

では実際に、先程のポイントを考慮しながら、生活に必要な諸費用をシミュレーションしたイメージで一体いくらくらいの融資を考えるべきか?

この計画は、次のような感覚でいるとよいと思います。

スマホ等の通信月々1万円。

車の税金や車検等月々1万円。

もうこの2つだけで、2万円となります。

いわゆる月額2万5千円程度が貯金を考えると、限界。

この数字を実際に、フラット35等の借入金でシミュレーションするとどうなるのか?

フラット35の金利推移は、変動します。

この記事を書いたのが、2018年3月11日。

この日の推移は、以下の通り。

物件の融資率9割以下は、1.36%、9割超は、1.8%。

ではこの金額を住宅ローンシミュレーションしていきます。

年収240万住宅ローンシミュレーションフラット35

このくらいの価格になるなら、決して生活に無理が無いと思います。

この価格は、以下の条件となります。

借入金額800万円

金利は、固定金利で年率1.8%。

支払いは、元利均等払い。

保証料、融資手数料無料。

もちろん、全体の9割以下になれば、金利は、1.3%台になりますので、0.5%違う状況は借入可能額を増やせる可能性もある。

しかし、900万円程度を想定しておくと良いと思います。

 

住宅ローン年収240万の限界

住宅ローン年収240万

では実際に、職業を問わず、実際に個人が年収240万円の状況で住宅ローンを組む。

この現実から、将来設定をしていく上で、現実的ではないと思うべき内容をご紹介していきます。

住宅ローン年収240万の探し方

年収240万という条件から価格を考えていくとあれこれ選ぶよりもまずは中古物件を考えなければいけない。

次に、マンションと一戸建てを考えてみましょう。

マンションは、毎月管理費用や修繕積立費が別途必要になります。

この点を考えていくと、確実に将来を考えれば、総合的な面でも一戸建てがおすすめ。

この先教育費用も用意しなければいけないという方も多い。

転職希望をする時期もあるかもしれない。

職業が変わり、別の年収になるかもしれない。

でも、当然住まいの状況に応じたリフォームや修繕費用ももしものために用意したい。

こうなってくれば、買うという先にある住民税などの考慮を今から調べておくことも大切です。

賃貸中の今の住まいにおける登録市区町村と購入する物件の場所がもしかりに違うなら、こうした点も注意が必要なのです。

住宅ローン年収240万で買う時期

住宅ローンを組む上で、審査基準のランキングトップは審査を出す時の年齢。

銀行は約35年後の完済時年齢を条件にシミュレーションしてきます。

よって、何よりも先に条件をより良い状況にしたい人は、できるだけ早くに家を買う事がメリットが大きい。

ここで問題なのが、不動産の価格下落と年齢の到達時期。

あなたが考えるほしいと思う物件のエリア。

そして、今後の税金の変動。

こうしたことを多くのサイトの情報や本から少しでも検討材料として見ておきましょう。

こうすると、人がこれから先そのエリアで生活するのは、現在の負担分と同じ条件で過ごせそうか?

人気エリアというなら、当然子どもに対する養育関連における補助金制度や控除なども生活費に関連する大事な情報となります。

こうした点を少しでも融資を受ける前に取得して、中古でもマイホームである以上は、住み続けていける環境を探す。

この意識をもって、買う時期を定めていきましょう。

これで、物件が一戸建てなのかマンションなのかも金額的な目安も整いました。

それでは実際にどうやって金融機関に住宅ローンを相談するべきか?

この点をご紹介していきます。

 

住宅ローン年収240万の利用

年収240万円住宅ローン審査

住宅ローン審査を年収240万円で考えるなら、まず想定される条件はフラット35。

そして、金利を比較するだけでなく、より具体的な条件を良くする方法をご紹介していきます。

住宅ローン審査は年収240万も500万も同じ

基本的に住宅ローン審査を受ける事は、年収が違うからと言って特別な違いはありません。

誰でも金融機関を使い、金利や手数料を比較し、そして自分が通る銀行を使う。

この見方をしていく上で、結果的に通る、甘いという考え方にたどり着くためにはどうしたらいい?

この基本的な考え方は以下の通り。

1.複数の申し込み目安の銀行を最大6社までに絞り込みを行う

2.一斉にその金額を申込する。

3.あとは自分の条件で融資可能な銀行とのみ引き続きの手続きを行う。

実際に私は、この方法で、3度目の正直で住宅ローン審査が通りました。

私の友達は、勤続年数1年で、この方法を使い、フラット35審査を通過させました。

だからこそ、あなたにも2018年だろうが2020年以降だろうが同じ方法で、できるだけ銀行に直接相談をしない方が得が多い。

この現実を知っていただき、マイホームの夢を実現していただきたいと思います。

実際にフラット35が甘いという考え方で、

住宅ローン審査が甘いフラット35|勤続年数1年で通った体験記

こちらで私の知人の体験もご紹介しています。

まずは選択肢を増やす。

そして、見極める。

この流れで、じっくり融資を可能にしてくれる銀行を1つに絞らず、しっかり同時進行で勝ち取っていきましょう。

この記事を最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ