スロップシンクとは?メリット・デメリットやおすすめな人、施工費用などを解説
スポンサーリンク

スロップシンクとは、

  • 掃除用具
  • 雑巾

など、汚れたものを洗うための大型の流し台です。

キッチンや洗面所とは別に設置され、主に外部に設置されます。

今回の記事では、

  • スロップシンクとは
  • メリット・デメリット
  • 施工費用
  • おすすめな人
  • 設置する前の注意点
  • 後悔する原因
  • 扱うメーカー
  • 代わりのアイデア

などを解説します。

スポンサーリンク

スロップシンクとは

スロップシンクとは
スポンサーリンク

スロップシンクとは、

  • 掃除用具
  • 雑巾

など、汚れたものを洗うための大型の流し台です。

キッチンや洗面所とは別に設置され、主に外部に設置されます。

スロップシンクの起源

スロップシンクの起源

スロップシンクの起源は、アメリカの農場です。

農場で働く人々が、汚れた作業着や道具を洗うために、屋外に大型の流し台を設置していました。

日本では、1980年代頃から、住宅の外部にスロップシンクを設置するケースが増えてきました。

スロップシンクのメリット

スロップシンクのメリット

スロップシンクのメリットは、以下のとおりです。

汚れたものを洗うのに便利

汚れたものを洗うのに便利

スロップシンクは、キッチンや洗面所よりも広く、深いため、汚れたものを洗うのに便利です。

特に、靴や雑巾など、大きなものを洗うのに適しています。

室内の汚れを防ぐ

室内の汚れを防ぐ

スロップシンクを設置することで、汚れたものを洗うために、キッチンや洗面所を使う必要がなくなります。

そのため、室内の汚れを防ぐことができます。

防犯対策になる

防犯対策になる

スロップシンクを設置することで、泥や汚れで足元が滑りやすくなり、防犯対策になります。

スロップシンクのデメリット

スロップシンクのデメリット

スロップシンクのデメリットは、以下のとおりです。

設置費用がかかる

設置費用がかかる

スロップシンクを設置するには、外壁の改修や配管工事が必要になるため、費用がかかります。

メンテナンスが必要

メンテナンスが必要になる

スロップシンクは、屋外に設置されるため、雨風や汚れにさらされます。

そのため、定期的なメンテナンスが必要です。

スロップシンクの施工費用

スロップシンクの施工費用

スロップシンクの施工費用は、

  • 設置する場所
  • サイズ
  • メーカー

などによって異なります。

一般的には、10万円から30万円程度かかります。

スロップシンクがおすすめの人

スロップシンクがおすすめの人

スロップシンクがおすすめなのは、以下の人です。

  • 庭やベランダで作業をすることが多い人
  • ペットを飼っている人
  • アウトドアを楽しむ人

スロップシンクを設置する前の注意点

スロップシンクを設置する前の注意点

スロップシンクを設置する前に、以下の点に注意しましょう。

設置場所の確認

設置場所の確認

スロップシンクを設置する場所は、排水設備や電源が近くにあるか確認しましょう。

排水管の勾配

排水管の勾配

排水管の勾配が合っていないと、排水がうまくいかなくなるため、注意が必要です。

メンテナンス性

メンテナンス性

スロップシンクは、屋外に設置されるため、定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスしやすい場所に設置しましょう。

スロップシンクで後悔する原因

スロップシンクで後悔する原因

スロップシンクで後悔する原因は、以下のとおりです。

設置費用が高かった

設置費用が高かった

スロップシンクの設置費用は、意外と高額になるため、事前によく検討しましょう。

メンテナンスが大変だった

メンテナンスが大変だった

屋外に設置されるため、定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスの手間を考えておきましょう。

スロップシンクを扱うメーカー

スロップシンクを扱うメーカー

スロップシンクを扱うメーカーは、以下のとおりです。

  • LIXIL
  • TOTO
  • サンワカンパニー
  • タカラスタンダード

LIXIL

LIXILは、日本の大手住宅設備メーカーです。

スロップシンクも豊富なラインナップで取り揃えています。

人気の型番は、以下のとおりです。

  • エクステリアシンク アクアフィット

幅850mm×奥行550mmのシンプルなデザインのスロップシンクです。

排水口は、汚れがたまりにくく、掃除しやすいフラットヘッドタイプを採用しています。

  • エクステリアシンク アクアスマート

幅1000mm×奥行600mmの広々サイズのスロップシンクです。

排水口は、2つの排水口を備えたダブル排水口を採用しています。

TOTO

TOTOも、日本の大手住宅設備メーカーです。

スロップシンクも、機能性とデザイン性に優れた製品をラインナップしています。

人気の型番は、以下のとおりです。

  • ウォッシュアップシンク ウォッシュアップN

幅800mm×奥行550mmのシンプルなデザインのスロップシンクです。

排水口は、汚れがたまりにくく、掃除しやすいフラットヘッドタイプを採用しています。

  • ウォッシュアップシンク ウォッシュアップR

幅1000mm×奥行600mmの広々サイズのスロップシンクです。

排水口は、2つの排水口を備えたダブル排水口を採用しています。

サンワカンパニー

サンワカンパニーは、日本の住宅設備メーカーです。

スロップシンクも、おしゃれなデザインが特徴です。

人気の型番は、以下のとおりです。

  • ウォーターガーデン シンク

幅800mm×奥行600mmのシンプルなデザインのスロップシンクです。

排水口は、汚れがたまりにくく、掃除しやすいフラットヘッドタイプを採用しています。

  • ウォーターガーデン シンク ワイド

幅1000mm×奥行600mmの広々サイズのスロップシンクです。

排水口は、2つの排水口を備えたダブル排水口を採用しています。

サンワカンパニーのスロップシンク「アクレッタ」「ピロッゾ」の特徴と比較

サンワカンパニーのスロップシンク「アクレッタ」「ピロッゾ」の特徴と比較

タカラスタンダード

タカラスタンダードも、日本の大手住宅設備メーカーです。

スロップシンクも、機能性とデザイン性に優れた製品をラインナップしています。

人気の型番は、以下のとおりです。

  • エクステリアシンク タカラスタンダード

幅800mm×奥行550mmのシンプルなデザインのスロップシンクです。

排水口は、汚れがたまりにくく、掃除しやすいフラットヘッドタイプを採用しています。

  • エクステリアシンク タカラスタンダード ワイド

幅1000mm×奥行600mmの広々サイズのスロップシンクです。

排水口は、2つの排水口を備えたダブル排水口を採用しています。

スロップシンクを選ぶ時のポイント

スロップシンクを選ぶ時のポイント

スロップシンクを選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • サイズ

スロップシンクのサイズは、設置する場所に合わせて選びましょう。

  • デザイン

スロップシンクは、外部に設置されるため、デザインにもこだわりたいところです。

  • 機能性

スロップシンクには、

  • 排水口の形状
  • 排水口の位置

など、さまざまな機能があります。

自分の使い方に合わせて選びましょう。

スロップシンクの代わりのアイデア

スロップシンクの代わりのアイデア

スロップシンクの代わりに、以下のようなものも検討できます。

  • 外付けの洗面台
  • 外付けのシューズボックス
  • 外付けのごみ箱

外付けの洗面台

外付けの洗面台は、スロップシンクよりも小さく、洗面用具や手洗いなどに適しています。

外付けのシューズボックス

外付けのシューズボックスは、靴を洗ったり、泥や汚れを落とすのに適しています。

外付けのゴミ箱

外付けのゴミ箱は、ゴミを分別したり、生ゴミを捨てたりするのに適しています。

スロップシンクを設置するかどうかは、自分のライフスタイルや予算に合わせて検討しましょう。

スポンサーリンク