信用金庫の住宅ローン本審査は甘いし通りやすい?銀行担当者に確認した体験談

スポンサーリンク
  • 信用金庫で住宅ローン審査を受けてみようかな?
  • 審査が甘い,通りやすいって本当?
  • 年収が低い人も借りられるってどういうこと?

住宅ローンは銀行や金融機関から借りるために審査を通過しなければいけない。

  • 金利
  • 手数料(諸費用)
  • 完済時年齢
  • 借入可能額(返済負担率)
  • 勤続年数
  • 団体信用生命保険(団信)加入
  • 担保力

このような条件がそれぞれの金融機関独自のルールによって精査されている。

では信用金庫は全体と比較すると通りやすいと言えるのか?

その背景を実際に担当者から確認した内容としてご紹介していきます。

スポンサーリンク

信用金庫の住宅ローン審査が甘いと言われる要因

銀行という場所は情報があまり外部に漏れることはありません。

特にメガバンクやノンバンク情報はなかなか出回っていない。

信用金庫は全国に地域密着で展開しているのも特徴。

この点から地元の人間同士で分譲地や建売、新築注文住宅購入時に利用した住宅ローンで甘いとか緩いという口コミは広がりやすい。

経営方針が銀行と違う

そもそも信用金庫は銀行とは違うのです。

金融サービスの取り扱いは同じでも信用金庫は、地域発展のための相互扶助を目的として運営されています。

そして、最も違うのは、信用金庫は、開院の出資医夜協同組織の非営利法人である事。

よって、長年の利用者には得をする条件が整っているというのも設定条件と言えるのです。

地域密着経営

経営として、地域に住む市民、県民のための支援活動を中心に行っているのが特徴。

つまりは、地域住民の平均年収等に応じて地域差が出ているのも現実です。

その地域の熟知をしているということは、そのエリアに住む人にとってはありがたい条件と言えるのです。

 

信用金庫の住宅ローン審査が通りやすい人の特徴

 

自分の場合はどうなる?

この答えとして、落ちる、通らない対象となりにくいかどうかを確認するポイントを解説していきます。

メインバンク利用者

以下のようなサービスを利用している方には得があります。

  • 給与振込先の指定
  • 公共料金(電気、ガス、水道)、携帯等の引き落とし口座設定
  • 各種税金の支払い(住民税、市県民税、自動車税)等
  • 子ども手当等の振込先

このような利用をしていると融資の前にも生活の状況や利用条件が非常にわかりやすい。

よって、審査としても通りやすい傾向があります。

信用情報に不安がない

どの銀行でも事前審査である程度CICやJICCの情報を確認している。

その中で、5年以内に以下のような履歴がないことが大切。

  • 債務譲渡
  • 破産申立
  • 強制解約
  • 債務整理
  • 債権回収
  • 保証履行
  • 不渡り
  • キャッシング等の延滞

上記のような内容が金融事故を含めて消えている状態が理想です。

借入条件

近年は以下のようなサービスも含めて多くのローンや割賦払いが存在します。

  • スマホ
  • 家具、家電

この他にも娯楽、被服などの分割払いを含めてリボ払いやキャッシングなどを利用していないかどうかは重要です。

地域の人気エリア

都道府県内の市区町村別に見ていくと、郊外と中心地という見方があります。

この場合、中心地や人気の学区エリアなどに該当している場所ほど有利になります。

これは担保力の点での問題になります。

 

信用金庫の住宅ローン審査の金利情報は曖昧?

 

地域密着の市民向けサービスを展開しているからこそ、他の銀行とは大きく異なる点があります。

それは、金利を公開していない信用金庫があるということ。

金利交渉前提の個別設定

  • 口座の有無
  • 取引利用歴
  • 借入希望額
  • 健康状態
  • 対象の物件条件(マンション、戸建て、中古、新築)

このような情報を提供することで個別の金利案内が可能になっているのです。

もちろん、健康に不安があったり勤続年数が1年未満等の状況では安い金利では貸せない場合もあります。

この点も様々な金融機関を比較している人なら、ちょっと違う視点で探してみるのも面白いと思います。

私が実際に2021年に信用金庫の担当者と話をした際にも独自ルールなので、今の現時点では金利のご説明は出来かねます。

申込をいただきました時点で具体的な案内をさせていただきますのでご承知おきください。

こんな説明を受けました。

ぜひあなたの近所にもあるなら、一度相談をしてみるのも面白いと思います。

しかし、申込をする時の方法は個別ではなく、一括で申し込みを行う方が間違いなくお得です。

金利交渉もしやすくなりますからね。

比較検討おすすめはどこ?

  • とにかく落ちやすい所は避ける。
  • フラット35でも通りにくいなら申込しない
  • ハウスメーカーでも工務店でも関係ない?

どうしても通したいと思っている人には、以下の金融機関を順に候補にすることをおすすめします。

  • ろうきん
  • ja
  • UFJ銀行
  • 各エリアごとの第二地銀(少し大きめの地銀)

上記を含めて最大6社まで一括の申し込みをするほうが無理やり通したいと思っている人にはおすすめしやすい。

私は実際に2社落ちた後に無理だろうと言われている中で通しました。

私が3度目の正直で通過した方法は↓

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

記事一覧

公式アカウント

このページの先頭へ