スポンサーリンク
  • 住宅ローンが払えない。不動産の維持以外にも必要なローン返済がある。
  • 競売にかけられて売るくらいなら、先に売る方法はないの?
こうした相談を必要とする人が最近は増えているのをあなたはご存知ですか?
  • 競売。
  • 任意売却。
ローン相談を経験している人の中には、説明の際に少しは聞いた事があるというケースもあるかもしれません。 でも、実際に自分が家を持ち、まさかローン返済の支払いに困るから売る人の対象になるなんて返済前には想像もしていなかった。 こんな声が実際に多いです。 しかし、実際に、任意売却を必要とする時、当然費用はゼロではありません。 ただし、この方法を使う際、売却査定依頼した後にメリットデメリットもあるのです。 住宅ローンが払えないから売るという悩みについて、このサイトにご訪問いただきありがとうございます。 今回の記事では、住宅ローンの支払いが払えないから売るという考え方について、メリットデメリットを比較する上での注意点を以下の項目でご紹介しています。 住宅ローン払えない時売るメリット 住宅ローン払えない時売るデメリット 住宅ローン払えない時売るタイミング まずは、残った返済するべきローンの支払い額をしっかり把握。 その上で、メリットやリスク等のケースバイケースであることを知り、より自分の選択から人生の設計をしやすい方法を選んでいきましょう。
スポンサーリンク

住宅ローン払えない時売るメリット

住宅ローン払えない売る
スポンサーリンク
まずは住宅ローンを払えない時売却という選択がメリットになるケースもある。 家を買った人がわざわざ購入後に売却するという選択を必要としてるのに、住宅ローン返済の問題以外に何がメリットと言えるのか?

金融機関への滞納回避だけではない!

金融機関への滞納回避だけではない! もちろん、返済能力を確保して、家を守るために必要な残っている毎月の返済を続ける事が最善という考え方もあります。 しかし、不動産の購入方法として最善とも言い切れない場合もあります。 実際に、どういう事例が売却にメリットになるのか? 以下のような想定が軸になります。
  • 一戸建ての場合は、購入した物件によっては、購入した価格と同等の残債以上の価値が付く可能性もある。
  • マンションでは人気の需要により、住宅市場では引く手あまたで残りの残債以上の簡単に見つかるケースもある。
  • 不動産投資家の人にあたれば、残りの返済をチャラにしながら、リースも可能。
  • 手数料を払ったとしても、利益があれば老後の賃貸生活基盤の住環境をもう一度見直す事も可能
  • 住宅ローン返済だけでなく、無理をしてきた数ヶ月の精神的なストレスからの解放。
このような状況が当然生まれてきます。 借金をすることは誰でも可能な時代ともいえます。 しかし、良い借金と悪い借金がお金にはあると思うのです。 程度の問題ではありません。 同じ500万円の融資を受けるとしても、その債務分の負担の在り方と資金の状況における負担がかかる率の方が問題になります。 特に住み家となる不動産の問題は、賃貸という生活環境を選ぶ事も売った後に選択が可能になります。 当然、同じエリアに住む理由が無ければ、また新しい環境を売ったお金で選択がいくらでも可能になるケースもあります。 土地を家を担保に取られ、銀行相手に流れに沿って自己破産という情報にならない事も当然メリットと言えるのです。

自己破産と任意売却は価値が違う!

自己破産と任意売却は価値が違う! 売るという選択を借り入れ途中で行なう事は、あくまで資産運用の範囲内となります。 そして、任意売却をした場合は、売却価格から引っ越し代金が配分される可能性もあるのです。 万が一投資家に協力の手が渡れば、リースという選択も可能性がゼロではない。 税金の滞納をしている場合は、自宅の売却金額の一部を滞納額に充当することも可能です。 (自己破産をしても納税義務は発生し続けます) 銀行からの自己破産後の競売より高い価格相場で売ることが可能。 当然ながら、プライバシーを守る事も可能。(ブラックリスト入りではない) 引っ越し時期などの選択も自由がある状況。 このような点からも当然銀行からの競売等にかけられた先の自己破産よりかなりの価値があるのです。  

払えない住宅ローンでも売るデメリット

売るデメリット   では実際に査定を考える際に銀行から情報が流れる前に、今やるべきだ! こう考える方にちょっと生活の中で、当然抵当権という流れと査定次第による部分でデメリットが発生するケースも当然あるのです。 どういうケースなのかを実際にご紹介していきます。

住宅ローン残債分完済分査定額が出る保証はない

住宅ローン残債分完済分査定額が出る保証はない 当然住宅という不動産会社の査定は、高くしていく交渉は可能。 しかし、以下のような想定も当然流れの中にはあるのです。
  • 残債の完済手続きには不十分な価格査定が出て持ち出しが発生してしまうケース。
  • 地盤沈下、自然災害等数ヶ月間のトラブル等考える事が多い場合査定が下がるリスク。
  • 固定資産税もかかる地域で、過疎化も進むエリアの場合は住宅の相場が落ち込んでる可能性も否定できない。
このような状況から、当然高く買ってくれるだけで、お金の問題が解決出来れば良い。 これだけの内容ではないこともあります。 マイホームを購入した時と同じ状況で売っている方は多くありません。 やはりいくら住み続ける事を想定できるエリアでも、不動産会社や業者も売らなければ利益が出ない。 相場の変動と言うのは、かなり住宅関係では、自分の想定もしっかり根拠を持っておく必要がある。 実際に、自分の住むエリアの住宅の現在の中古住宅の相場をチェックしてみるのも大事な事です。 それと、持ち出しにかかる費用があれば、当然売りに出した後、一括精算分を自分で補える余力を必要とする。 この点が、最大のデメリット的部分ではないでしょうか。

住宅ローン残債分完済後に残る心の傷

住宅ローン残債分完済後に残る心の傷 自分が次の住環境を求め続ける事に疲れた先にようやく選択が出来たマイホームという住宅購入。 なのに、自分がまた売りに出し、次の人生の計画を立てなければいけない。 この時に、当然自分的には納得できないと感じる人もいるはず。 住宅ローンが払えないという方の多くに、離婚の計画が持ち上がっているケースも多い。 このように、住宅1つではなく、引っ越しや家庭の状況等により、対処をする必要のあることがいろいろ重なってくることもあります。 全額借り入れの分を返済して、売買において収入があったら? これも見越して、全て結果的に財産分与などのよい条件を引き出そうと対処する夫婦間の問題。 こうした対処を必要とする場合、処理を行うこともかなり思った以上の精神的に疲れる交渉の上に立たされるリスクもあります。 月々の悩みがなくなる。 買取査定により、価値も出ない。 ☞完済の目途がどちらにしてもたたない結果。 こんな状況に至ったあとは、どちらにしても、結果的には自己破産の対処を必要とする条件もゼロではない。 こうしたことをもし楽観視している方がいるなら、手放す前によくもう一度しっかり知らないでは済まされない状況として知ることから始めてみてください。  

住宅ローン払えない時売るタイミング

住宅ローン払えない時売るタイミング 売ることと銀行に相談するのをどちらが先にするべきか? もしこんなことをあなたが判断に迷ってるなら、確実にやっておくべきは先に査定をするべき。 そして、査定にも時間がかかりますので、絶対に簡単に1社だけで手放す可能性を決めるのも失敗原因となります。

住宅ローン払えない時売るコツ

住宅ローン払えない時売るコツ とにかく不動産会社の市場は早いが勝ち。 価値を1万円でも高くしたいなら、急ぐしかない! その根拠は単純に、マンションでも一戸建てでも築年数という経年劣化。 これは、車の査定と同じ事。 そして、関連の会社や業者は出来るだけ多くの見積りを出す事が大切。 私が唯一おすすめできる会社は↓ 「お困り不動産どうする」 不動産の売却査定というのは、いろいろな得意分野が存在します。
  • 一棟売り
  • 投資マンション
  • 区分所有ビル
  • 工場、店舗、倉庫
  • 農地
  • 一戸建て、土地
このような様々な分野がある。 しかし、任意売却やローン残債のある物件の専門の相談窓口を持つ会社は少ない。 この点を重視しなければ早急な対応を求めたい時にも難しくなります。 まずは自分の物件の査定とその後の対応策を確認する。 これがこの会社をオススメする理由です。 あなたがいつでも自分が解決できる準備が整う事を願っています。  
スポンサーリンク