スポンサーリンク
  • 新築注文住宅を土地から購入する人は家の工事が完成するまでにどのくらいの期間を必要とするのか?
  • 工事は何ヶ月程度で引渡しになるのが一般的なのか?
新築一戸建て期間目安
スポンサーリンク
建築設計の契約前に打ち合わせにかかる期間をハウメーカー木造にて経験した時期でご紹介していきます。
  • 着工してからの流れに天候などの障害がない。
  • 条件的に厳しい状況を後に発見しない。
この2つは絶対どんな内容が決められていたとしても後の期間目安の問題になりますので、除外してお伝えをします。 あくまで間取りの条件などは問いません。 家を買うと決めてから、打ち合わせがほぼ建物の間取りも建材も外構も大筋が決まった後の残りの賃貸での建物の契約に向けての流れとしてご覧ください。 私のサイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔を防止するために事前に知っておくと防げるポイントをご紹介しています。 ある程度決まりかけてきた中で工事の日程をチェックしている段階に入ったところであれば、できるだけ賃貸物件の期間を選ぶ上で参考にしてください。
スポンサーリンク

新築一戸建て期間の基本的な考え方

新築一戸建て期間の基本的な考え方 新築注文住宅が完成するまでにかかっている時間は、大筋4ヶ月から6ヶ月の間が多いです。 最近は、工場生産により、外壁と窓枠もガラスもすべてがチェックされて取り付けられた状態で運ばれてくるという工程の会社もある。 こういう場合は、屋根も外壁も別に気にすることではない。 あくまで運搬として運ばれてくると思っていれば良い。 徐々に1回から箱的な外装がすべて完了してしまう。 この目安期間は、1ヶ月から1ヶ月半程度が一般的。

新築一戸建て期間によくある懸念

新築一戸建て期間によくある懸念 住宅の予定を狂わせる要因は、天候以外では、部材の納期が依頼しても間に合わないというケースです。 最近は、一般の住宅でも部分的に特注サイズを作るケースも出てきやすい。 もちろん数もですが、問題は検査などを済ませた後のエリアへの運搬が必要以上に混み合う事があります。 こうなると、土日を挟んだ流れの中で、着工の段階をずらすほうがよい場合もある。

新築一戸建て期間によくある質問

新築一戸建て期間によくある質問 設計事務所でも工務店でも今着工している家のトラブルに対応が大忙しになってしまう。 このような場合に対処できる担当がいないと長い時間工事責任者が不在になりかねないケースもあります。 こうなると、ほかの家づくりの予定が長引く可能性も出てくるのです。

新築一戸建て期間が長い典型例

新築一戸建て期間が長い典型例 半年で完成なんて全くみえてこない。 もっと長い時間がかかると今の段階では感じている。 このように感じるような会社の場合は、以下のような内容もあります。
  • 基礎の工事に想定外の日数をとられてしまった事。
  • ローンのつなぎ融資などの手続きがうまくいかないケース。
  • 着工からの流れでの検査の依頼に対する日程の遅れ。
このような情報は、決して珍しい話ではありません。 むしろ、北海道、東北、北陸、関東、甲信越、中部、関西、中国四国、九州、沖縄などの全国どこでも検査の部分が引っかかってしまえば工期は遅れやすい。  

新築一戸建て期間が早いのも問題?

新築一戸建て期間が早いのも問題? 建物の工事が想像以上に速いとなった時には、その家を購入する前に慎重に何か確認した方がよいのか? もちろん、購入を決めているのだから、あとは検査を受けて問題がなければ引渡しも可能になります。 でもあまりに建物の工事の時間が2ヶ月弱など早すぎる場合、いくら一戸建てとは言え、本当に大丈夫なのかを心配する人もいる。 この場合は、あくまで自分が何時何を依頼したのかを見て、木造、鉄骨、コンクリートなどの素材を頭に入れるよりも構造や会社の打ち合わせで出してきた施工期間目安を見ておくことも大切。 照らし合わせた時期よりも長い場合もあれば、短い場合もある。 この意識が最初に必要かもしれません。 あくまで一戸建ては、マンションの購入とはわけが違う。 基礎に時間をかける必要があるのが施工の最も時間が長引く部分。 家を建てるといううちのほぼ8割を基礎的な部分が支えているとも言われると現場では言われたことがある。 中古が悪いとか良いということは、ある程度今の時代に対しても適応する建築設計になっていればメリットもある。 しかし、基礎がもろくなっているような対象にローンや諸費用を使ってもいずれまた半年1年経過していく中で、良い点だけでなく、悪い点が見えてくる。 35年のローンという長い期間を要するカテゴリーの買い物はほぼ存在しない。 だからこそ、ローンを利用する者としても、まずは現在の家づくりが多少長引くことがあったとしても1ヶ月2ヶ月の家賃のふくらみがあってもあわててはいけない。 むしろ、流れが悪かったとしても、安全に着工してくれている方がデザインなど見た目に飾られたよい雰囲気だけの家づくりよりよほど大切になる。 返済を開始する前の最後の辛抱とも言えるし、最後の点検が施主としてできるチャンスでもある。 できるだけ細かな部分もチェックしてきになるところがあったらどんどん指摘していくようにしましょう。
スポンサーリンク