住宅ローン審査一括申請の意味と価値体験記

スポンサーリンク

もう時間がない。

住宅ローン審査を急ぎたい。

少しでも審査が早い方法はないのか?

施工の予定が迫る中で、住宅ローン審査に入る流れの中で、少しでも早い審査結果をもらうために行うべき手段として注目されているのが、複数の金融機関に申し込みを行う一括申込。

実際に私も住宅ローン審査で金融機関に直接申込を行いましたが、落ちてしまった経験を持つ。

その後、結果的に一括申し込みという方法を知る事でその恩恵を受けることもできた。

体験者だからこそ伝えられるメリットを情報として提示していきたいと思います。

当サイトは、新築一戸建て購入後の失敗後悔をしてほしくないという思いから、間取り,外構,カーテン,インターネット回線,火災保険,引っ越しなどさまざまな内容についてご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

融資実行を必要としている本人がローンの借り入れに苦労すれば、手数料やさまざまな内容に支障を来たす結果も待っている。

だからこそ、どん状況の人にオススメなのかを含めてじっくりご紹介していきます。

スポンサーリンク

住宅ローン審査一括におすすめの対象者

 

消費税増税の動き。

低金利が徐々に戻り始める中のフラット35で得を得るための申し込み方法。

こういう時、まずどんどん住宅ローン審査なら、一括の方が得を得られる対象者をご紹介していきます。

一括申し込みに得がある人の特徴

住まいの条件や年収が落ちたなどいろいろな悩みが有る中で、住宅購入を今決断しておくべきと考える人もいる。

以下のような特徴を持つのが、申込者本人であるなら、私は一括が良いと思う。

  • 過去に1つ以上の金融機関【JAや信用金庫を含む】で落ちた、通らないという通知を受けた人。
  • 周辺に、希望したい銀行の相談窓口や店舗がないという人。
  • 書類などを届けるなどの手間も土日休みでなかなか申込みに行く時間がないという人。
  • 必要書類の確認など審査に大きな影響を与える情報はできるだけ第三者で任せたいと思う人。
  • ネット銀行などを含めた2社以上の条件それぞれに魅力を感じて迷っている人。
  • 次の年齢になる誕生日までカウントダウン状態になっている人。
  • 審査時の査定対象となる物件【土地、建物】がすでに契約を済ませている。
  • 相手も受注を受け、工事計画を立てている段階の人。

このような対象でどれか1つにも対象があるという内容があれば、契約してからの期間を問わずすべて選択の範囲内の対象者だと思います。

一括申し込みは最大何社まで可能?

まだ内容の選択が定まった状態ではない人でもサイトの必要事項を入力するだけで後は、最大5社まで検討しながら選択が可能となっている。

実際にフラット35、固定10年、5年、3年等のプランや変動金利などの幅広い設定に申し込むことが可能になっている。

依頼前が本当に最初の一歩の人は?

まだ何も団体信用生命保険などについても良くわかっていない。

基本的に、多くの人は銀行による違いを金利の違いから毎月支払う分の負担くらいしか見ていないというケースも多い。

そのまま言われるがままに提出して、依頼を終えた後は、基本的に待っている事しかできないのが申し込む個人の悩み。

中古住宅なら、少しでも早く審査を通過させないと他の人にそのまま持っていかれる可能性もある。

どうしてもその物件を手にしようと思う人は、少しでも早い段階で選ぶ事が出来る環境を求められている。

結果的に、以下のような絞り込みが終われば、あとはシンプルに面倒なことをすべて丸投げしながら対応の代行を依頼する事も可能。

  • 団信加入条件や保証料の目安。
  • 繰り上げ返済手数料の差額。
  • 付帯する3大5大7大などの疾病保障に対する差

上記のような内容をチェックして、その中であれこれ検索しても最後にはあなたの状況で通るとかokと記載があるわけではありません。

やはり申し込んで審査受けることでしか、合否の内容が分からない。

だとしたら、直接新しい場所に出向いて対応を求めるよりも早急に依頼をする方がはるかに簡単。

 

住宅ローン審査一括の基礎知識

 

とにかくマイホーム購入を実現させるためには最後にローンが通ることが住まいを手にいれる為には必須条件と言える。

だったら、少しでも自分の状況が若いと言えるのは、今しかない。

私も通る直前に来店した際に銀行の担当者から選び方について、こんなことを言われた。

住宅ローン審査は来店したから通ってしまったということはほとんどない。

必ずしも来店しなくてもインターネットで申し込みをしてもさして状況は変わらない。

こういう情報を提供してもらうことが出来た。

つまりは、あなたが知っておくべきなのは、銀行はあくまで来店したとしても一つも信用の加点にはしてくれていないということ。

単純にメガバンクでもネットバンクでも別に通常の申し込みと何も変わらないし、ネットの申し込みが悪影響になるということもない。

準備がシンプルになって、自分の理想の中で選んで、承諾が出た金融機関との取引を進めるほうが通常は簡単になる。

このような内容を教えてくれた。

結局は個別に相談を受けるよりも、他社にも審査が申込みされているなら従来よりも答えを出すのが早いということも考えられる。

このような事情も考慮して、できる限り申し込める上限いっぱいまで申し込みをしておくほうが得になるそうです。

 

住宅ローン審査一括おすすめの選び方

 

実際に一括申し込みをする際には、以下のような金融機関分けをしながら選ぶ事もポイントになります。

金融機関選定リスト

まずは、仕組みが異なるグループ分けをしていきましょう。

ネット銀行系:住信sbiネット銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、楽天銀行、じぶん銀行、大和ネクスト銀行

流通系:セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行

信託系

政策金融機関

メガバンク系:三菱ufj銀行、三井住友銀行、みずほ銀行

地銀:第二地銀、第三地銀

地方銀行リスト

銀行コード 銀行名
北海道銀行 0116
青森銀行 0117
みちのく銀行 0118
秋田銀行 0119
北都銀行 0120
荘内銀行 0121
山形銀行 0122
岩手銀行 0123
東北銀行 0124
群馬銀行 0128
足利銀行 0129
常陽銀行 0130
筑波銀行 0131
武蔵野銀行 0133
千葉銀行 0134
千葉興業銀行 0135
きらぼし銀行 0137
横浜銀行 0138
第四銀行 0140
北越銀行 0141
山梨中央銀行 0142
八十二銀行 0143
北陸銀行 0144
富山銀行 0145
北國銀行 0146
福井銀行 0147
静岡銀行 0149
スルガ銀行 0150
清水銀行 0151
大垣共立銀行 0152
十六銀行 0153
三重銀行 0154
百五銀行 0155
滋賀銀行 0157
京都銀行 0158
近畿大阪銀行 0159
池田泉州銀行 0161
南都銀行 0162
紀陽銀行 0163
但馬銀行 0164
鳥取銀行 0166
山陰合同銀行 0167
中国銀行 0168
広島銀行 0169
山口銀行 0170
阿波銀行 0172
百十四銀行 0173
伊予銀行 0174
四国銀行 0175
福岡銀行 0177
西日本シティ銀行 0190
筑邦銀行 0178
北九州銀行 0191
佐賀銀行 0179
十八銀行 0180
親和銀行 0181
肥後銀行 0182
大分銀行 0183
宮崎銀行 0184
鹿児島銀行 0185
琉球銀行 0187
沖縄銀行 0188

信用金庫:労働信用金庫、

ゆうちょ銀行

このような銀行の種類から自分が使いたい金利プランを含めて検討していく。

その後は流れに沿って入力をしていくことで成立する。

一括申し込み方法

実際にどうやって申し込みを行うのか?

この答えは、↓

実際に私が使った体験もご紹介しています。

住宅ローン審査に来店不要!3社目で通過した方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+


YOUTUBEチャンネル公開中







一戸建てランキング
一戸建てランキング

このページの先頭へ