スポンサーリンク
中古住宅メリット・デメリットを新築住宅購入と比較してご紹介しています。 「住宅購入という人生の夢で、中古住宅ってどう?」 こんな素朴な疑問をいだき、新築と中古どっちを購入すべきか悩む方も多いです。 今回の記事では、中古住宅と新築住宅を比較するチェックポイントとして、 中古住宅ってどう?新築住宅と比較すべきチェックポイント 中古住宅ってどう?中古住宅購入者の感想紹介 中古住宅ってどう?住宅購入選び方チェックポイント 以上の内容についてご紹介していきますので、中古住宅という結論を出す前の参考資料としてお役立て下さい。
スポンサーリンク

中古住宅ってどう?新築住宅と比較すべきチェックポイント

中古住宅ってどう?新築住宅と比較すべきチェックポイント
スポンサーリンク
中古住宅ってどう?の最初にご紹介したい内容は、新築との比較について。 中古住宅だからというイメージよりも、新築を選ぶべき根拠、中古を選ぶべき根拠をチェックポイントとしてご紹介していきます。

中古住宅ってどう?中古を買うべきチェックポイント

中古住宅ってどう?中古を買うべきチェックポイント 中古住宅という響きだけを考えては行けないチェックポイントがあります。 それが、土地の市場価格。 住宅購入における最も重要なのは、資産価値。
  • 住宅ローン審査
  • 住宅購入後の売却
こうしたポイントを考えると、まずは土地の地価が高い場所ほど中古住宅のメリットが高まります。 中古住宅を選ぶべきチェックポイントは、
  • 都心部に近い土地価格が大幅な下落をする可能性が低い立地。
  • 住宅購入時期の人口の変動が大幅な下落をしていない地域。
  • 賃貸市場の外壁メンテナンスなどがしっかり行われている地域。
  • 店舗用テナントに募集の看板が連なっていない地域。
  • 小学校,中学校,高校,大学等の子育て関連施設が潰れそうになっていない地域。
こうした地域では、将来への土地の価格の大幅な変動を心配する事が少ない要素。 ですから、 こうした地域は、欲しい物件があるなら、中古住宅であったとしても買うべき価値が高いと判断するべきなのです。 「でも、中古住宅でしょ?購入後のデメリット、リスクは大きいのでは?」 こんな心配をされる方のために中古住宅購入者の感想をご紹介していきます。  

中古住宅ってどう?中古住宅購入者の感想紹介

中古住宅ってどう?中古住宅購入者の感想紹介 「中古住宅って実際に購入した人はどんな事を思っているのか?」 こんな疑問にお答えすべく感想をご紹介していきます。

中古住宅一戸建て購入2年住んだ知人の感想

中古住宅一戸建て購入2年住んだ知人の感想 中古住宅ってどうなの? この答えを子育てママ世代がもつ感想としてご紹介していきます。
中古住宅ってどう?メリット 中古住宅ってどう?デメリット
外壁が綺麗なら新築にも見劣りしない 設備は光熱費節約重視ならお風呂などは古いかも
住みやすい環境の土地を新築より安く買えた キッチン収納が古いと賃貸っぽさが残る
後悔するほどの大きなショックは少ない(物件選びさえしっかりしていればの前提条件付) 壊れる事を心配するのが最初は精神的に辛い
実際に私の知人が中古住宅の中で一戸建てを購入した時の主な感想。 やはり、日本人に多いのは見た目で選ぼうとする見栄なのか、外観は大きいようです。 「中古住宅なのに、分譲と見劣りしない外観。」 こんな響きに購入を決めたという声がありました。 しかし、 リフォームや故障について、予備資金があるかどうかで住み続ける中でのデメリットの重さは変ります。 家を買う。この考え方は、家をメンテナンスする生活。 こう言い換える気持ちが持ち続けられる方程、中古住宅は価値を高める事ができると私は確信しています。

中古住宅マンション購入半年住んだ知人の感想

中古住宅マンション購入半年住んだ知人の感想 中古住宅マンションを都内に近い地域で購入した感想をご紹介していきます。 中古マンションで感じた中古住宅のメリット・デメリットは、 中古マンションのメリット
  • 新築に比べて立地を選ぶ条件が増えるのはありがたい
  • セキュリティがある生活やゴミ捨てが楽な生活はまさに快適
  • リフォーム費用を検討すれば、新築より格段に安く買える。
  • +1000万円で新築買えない地域なら確実に買いだと確信できた
中古マンションのデメリット
  • 住んでいる人の質はやっぱり新築より格段に低いと思う
  • 世代が混在しているとどこかマナー等の考え方がマンションを買った気がしない
  • 中古マンションは耐震性能評価が大事だと住んでから地震の揺れでつくづく感じた
こうしたデメリットは、中身よりもどうしても賃貸物件との生活の質が中心でした。 マンションというのは、一戸建てと違う集合住宅という概念。 この中古物件という見え方から、購入者の世代も大きく地域により変ります。 ですから、 「家の中身よりも近所付き合い」こんな心配をする方にとっては、中古マンションの購入は慎重にして頂きたいと思います。 この様な新築とは一見違う感想を見受けられる中古住宅。 では最後に、 「中古住宅って購入すべきたイミングとか有るの?」 こんな知人からの相談に答えた購入のタイミングについてご紹介していきます。  

中古住宅ってどう?住宅購入選び方チェックポイント

中古住宅ってどう?住宅購入選び方チェックポイント 中古住宅ってどう?最後はタイミング。
  • 中古住宅なんていくらでも出てくる。
  • 中古住宅なんて値段は下がるはず。
こうした思い込みや先入観でタイミングを間違えない為に選び方チェックポイントをご紹介していきます。

中古住宅購入時の選び方チェックポイントは3つ!

中古住宅購入時の選び方チェックポイントは3つ! 中古住宅も形的には住宅購入。 すると、 殆どの方が利用するのは、住宅ローン。 結果的に、住宅ローン審査が通る必要が出てきます。 この点を最重要視しておかなければ結果的には購入したくでも出来なかったという結末も考えられるのです。 私がこの記事でと伝えしたいのは、子育てのタイミングなどではありません。 もっと住宅購入を中古住宅として考えておくべきポイントは、3つあります。
  • 住宅ローン審査を受ける人の年齢。
  • 住宅購入後の住宅にかける投資予定予算の決定。
  • 住宅購入後の転居リスク。
以上の3つが最重要項目に鳴ると思います。 つまりは、
  • 家を買う際に住宅ローン審査を心配しない年齢のうちに購入する。
  • 住宅購入後に人生における住宅設備に投資する予算準備を進められるか?
  • また引っ越しで売却するリスクを抱える状況が無いか?
この3つがクリアされているなら、賃貸生活は正直捨てるべきなのです。 「住まいを失う心配がない人生。」 住宅購入の真のメリットはこの考え方に辿り着くのです。 家を転々とする生活を送るのは、楽しいといえるのは若い時だけ。 体力、住替えの近所付き合い、こうした若い時には些細に感じることも年齢とともにハードルは上がります。 結果的に、あなたが生活する上で家が有ることで得られる安心を安定させる事ができる地域がある。 この考え方に確信を持てる家は、中古住宅であってもリスクもデメリットも少なくなります。 「住宅購入なんだから、何もしなくても住める家が欲しい。」 こんな賃貸と同じ感覚で居る方は新築も中古も関係なく住宅購入はしないほうが良いです。 財産です。 守るべきものです。 代わりに得る物をじっくり考えて、中古住宅購入のタイミングを考えてみてください。 この記事でご紹介したかった内容は以上となります。 最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。
スポンサーリンク