スポンサーリンク
一軒家のバルコニーのおしゃれを追求した先で犠牲を伴う注意点をご紹介していきます。 一軒家のバルコニーのおしゃれについて、この記事をご覧頂きありがとうございます。 一軒家にバルコニーは多いですよね! せっかくバルコニーがあるなら、おしゃれにキレイに飾りたい。 こう考える方の中には、ある意味犠牲を伴う視点を全く想定していないケースもあります。 床材を選ぶポイントもご紹介しています。 バルコニータイルデメリット体験 バルコニータイルのデメリット新築購入2年目の感想
スポンサーリンク
バルコニーとベランダの違いとは? 新築バルコニー費用節約体験談 新築バルコニーとベランダの費用違いや節約術 新築バルコニーやベランダ必要無し間取りの選び方 新築バルコニーやベランダは必要?無しを失敗原因にしない選び方注意点 新築ベランダ後悔の対策法まとめ 新築ベランダの後悔原因と建てる前のポイントまとめ 私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという視点から、現場経験や新築マンション、一戸建て購入経験を活かして、運営しています。 この記事では、バルコニーのおしゃれを一軒家で楽しむ時の犠牲的視点を含めて、以下の項目をご紹介しています。 バルコニーのおしゃれを一軒家で楽しむ犠牲者 バルコニーのおしゃれを一軒家で目指した失敗例 まずは、2つの視点を知っていただきながら、今の自分達の目指すバルコニーが障害に感じないかを検討してみて下さい。
スポンサーリンク

バルコニーのおしゃれを一軒家で楽しむ犠牲者

バルコニーのおしゃれ一軒家 バルコニーのおしゃれを追求したい。 この考え方を一軒家で実践する上で、どうしても全てがうまくいくだけでなく、犠牲を伴う内容も当然出て来る可能性はあります。 この問題点を生活していて感じた事を含めてご紹介していきます。

バルコニーのおしゃれと一軒家の生活のギャップ

バルコニーのおしゃれと一軒家の生活のギャップ バルコニーのおしゃれといえば、定番アイテムは以下のような物があると思います。
  • フェンス周辺の装飾グッズ
  • 花壇等の鉢
  • ベンチ等の置くテラス的空間
このような対象をおしゃれに使う事を検討している方も少なくないと思います。 もちろん、これらが飾られた空間は、バルコニーを見た目も華やかにしてくれます。 しかし、生活に対しては、以下のようなデメリットを犠牲にしているのです。
  • テラス風にしたら、物干しスペースが減少。
  • 鉢を置いたら、バルコニー内の足元の自由も減少。
  • フェンス周辺にグッズを置いたら、布団干しが不可能に!
このように、1つ1つのバルコニーへのプラスαが元で、生活動線上の不都合を作るきっかけも出てきてしまうのです。 さらに、深刻になるケースも中にはあります。 テラス風に置いたベンチやテーブルに害虫が付きやすい。 花壇の鉢にも蚊や虫が付きやすい。 このように、何も無ければキレイでおしゃれですが、逆に害虫の拠り所になって、神経を使う空間になってしまった。 このような事も当然考えなければいけないのです。 我が家はこうした配慮をして、結果的にバルコニーには何もおかない事を選択しました。 しかし、我が家は違う視点でオプションを使ってバルコニーのおしゃれを考えたのですが、あまり機能しなかったと思えるものが有ります。 その失敗をご紹介していきます。  

バルコニーのおしゃれを一軒家で目指した失敗例

一軒屋バルコニー失敗談 我が家が体験したバルコニーのおしゃれにおける失敗体験。 それは、配線計画の関わるスポット照明の配置でした。

バルコニーのおしゃれと照明効果

バルコニーのおしゃれと照明効果 我が家がいつかの夢に思っていたのが、バルコニーから1階に向かって垂れ下げるようなクリスマスイルミネーションを実現する事。 このとき、少し広めにしたバルコニーでゆったりくつろぐ事を妻との計画にしていました。 しかし、このイルミネーションを楽しむという計画は、正直、実現できていません。 なぜか? これが、失敗体験になってる原因となるのです。

照明効果失敗原因

照明効果失敗原因 結果的には使わないというよりも、使えない状況だった。 この問題点をご紹介していきます。 クリスマスはもちろん冬のイベント。 バルコニーでの体感温度については、未知数の空間だった私達。 ➢バルコニーに出て照明を付けてのイルミネーションを楽しむなんて、寒さ前提の覚悟が出来なかった。 冬の寒さをそこまで真剣に考えなくて良くなったのが、幸い。 しかし、逆にその生活のせいで、寒さを前提に楽しむ冬のイベントそのものが否定的な考え方に変わってしまった。 こんな事もあるのです。 ですから、一軒家のバルコニーでおしゃれと思っている想定は、実現可能とは限らない! これが我が家の反省点となってしまいました。

照明はあまり機能しない?体験

照明はあまり機能しない?体験 バルコニーも照明の効果があれば、キレイに見える工事や内覧会も多数あると思います。 しかし、我が家が単純にバルコニーを程よく明るくする事を考えたら、単純にカーテンからのすき間の照明の方が程よい明るさを実現できていたのです。 こうなると、実際にバルコニーに照明を付けておしゃれな空間演出と思っていた事が根底から覆されてしまったのです。 極論、「バルコニーの照明付けなくても見えるからいいか!」 こんな考え方になってしまったのです。 ですから、決して、バルコニーのおしゃれは、生活に使う方には、現実を見てから考えた方が楽しめる。 これがもう1つの失敗だと感じた要素でした。 我が家の内覧会動画を含めて、バルコニーについては、以下の内容もご紹介しています。 広さ 目隠し タイルのデメリット 必要性 このような内容について、新築間取り購入後失敗後悔ランキング詳細と各空間毎の注意点まとめにて、バルコニー編として、ご紹介しています。 興味がある方は、他の部屋の記事も参考にして下さい。 外構にも目隠しフェンスというデザインとプライバシーや防犯という大切なパーツがあります。 外構目隠しフェンス価格に多い誤解や注意点と成功のコツ 最後までページをご覧頂きましてありがとうございました。
スポンサーリンク