中古住宅購入失敗トラブルベスト5

スポンサーリンク

中古住宅一戸建て購入前や購入時にトラブルに巻き込まれないための注意点をご紹介していきます。

このページをご覧いただきありがとうございます。

中古から探す際、一戸建てにおける購入時の注意点をまずはトラブルというストレスになる事も!

不動産購入前に確認するべき失敗後悔対策情報をご紹介していきます。

  • 土地の選び方
  • 会社の見極め方
  • 建物の内覧会でのポイント
  • 築浅がなぜ出てる?

サイトの一覧で外見や広さという魅力だけにとらわれない住まいを見極める目をやしなっていただきたいと思います。

今回の記事では、中古住宅一戸建て購入後のトラブルによくある内容や回避のコツを以下の内容でご紹介しています。

中古住宅一戸建て物件購入後トラブルよくある失敗後悔

中古住宅一戸建て物件購入後トラブル回避のポイント

中古住宅一戸建てトラブル回避の相談をしたはずが

まずはしっかり状況把握と適切な対応能力を養う意味でもじっくりご覧ください。

スポンサーリンク

物件購入時トラブルベスト5

中古住宅購入後のトラブル

スポンサーリンク

中古住宅を一戸建てで購入したのにトラブル発生!

こんな未来になりたくはないですよね?

得したと思ったら、どんでん返し。

マイホームと言いたくないような売りたくなった。

こんな対象にあたるリスクも当然あるのです。

についてご紹介していきますので、現地見学の際にもしっかりチェックをするようにして下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

少しでも知識や知恵を持って、不動産会社の営業に言い負かされない準備をしておきましょう。

万が一のためには、保険に加入すればすべてが安心ではない。

生活の次のステージで大きなリフォームが必要!

賃貸の方がマシだった。

こんな生活にならないためにご覧ください。

でも、実際には、中古住宅一戸建て購入におけるトラブルは年々増えているのが現状です。

ではどんな悩みがあるのかをご紹介していきましょう。

住宅一戸建てで最も多い中古物件トラブル原因ランキング!

住宅一戸建てで最も多い中古物件トラブル原因ランキング!

中古住宅という事から少しはリスクを考えている人も多いはず。

しかし、実際に一戸建て購入時などのトラブルが多い根本的に多い原因第対象は、「不具合」。

続いて、第1位~第5位のランキングをご紹介していきます。

中古住宅一戸建て購入時トラブルランキング 内容
第1位 外壁(ひび割れ、はがれ)
第2位 床(傾斜、変形)
第3位 屋根(雨漏り,はがれ)
第4位 内装(ひび割れ、はがれ)
第5位 基礎や地盤状況(ひび割れ、沈下)

以上がベスト5となります。

  • 耐震性能は?
  • 価格は?
  • 建築会社は?
  • 利用されていた設備は?
  • 古い設備だと修理しなくていいの?

契約後に住み始めてから心配しなければいけないことも多い。

日常の買い物とは違い、一生の不安を予算とのバランスで考えなければいけない。

このようなリノベーションなどを必要性を考えなくていい物件を探すことが重要。

 

中古住宅購入後トラブル回避ポイント

中古住宅購入後のトラブル回避方法

難しい知識は必要ありません。

問題は、質問すべきポイントや自分で調べることに限界があるという自覚をすること。

中古住宅である事から多少のリスクはある。

しかし、リスクをトラブルにしない最低限の賢い購入方法を身につけておきましょう。

中古住宅一戸建て購入後トラブル回避1.第三者機関への依頼

中古住宅一戸建て購入後トラブル回避1.第三者機関への依頼

中古住宅の査定などは正直売りたい為にいい条件ばかりが掲載されているもの。

不動産会社以外の専門家の意見も聞くことが出来るサービスもあるのです。

安心できる環境を作るためには、壁の程度等痛みや悪い可能性がある場所や比較するポイント等を的確に見抜いてもらうことが大切。

瑕疵保険は相手に済んでからでは請求は難しい。

このような特徴も知って、将来性を考えておく事が重要。

そして、自分たちで見極める事はかなり難しいのが基礎や窓枠や雨漏り等の内側の隠れたパーツ。

中古住宅トラブルランキングベスト5の1位が外壁なのもこうした外見ではわかりにくい部分を購入後に失敗後悔として気付くという代表的なものになっているともいます。

ですから、将来のトラブルや修理費用、リフォーム費用を支払うよりも確実に安く済む第3者機関による調査をお願いすることを強くお勧めします。

では具体的にどうしたらこのような第三者機関に依頼が出来るのか?

この点については、必ず最寄りの市町村や区役所に相談する事を強くお勧めします。

何故か?

市町村や区役所は、土地や中古住宅、新築を含めて居住者を増やすことが重要な仕事の一つとなっています。

そして、市町村だからこそ持つのが、以下のような独自データ。

  • 地盤に関するデータ。
  • 工務店やハウスメーカーとのトラブル相談。
  • 売買が何度も繰り返されてる中古物件のデータ。
  • その物件が建てられた時の建築データ。

こうしたデータを確実に保管しているのです。

そして、第三者機関というのは、市町村が、リフォームや耐震診断などを依頼している業者を紹介してもらえるのです。

では最後に、こうした第三者機関ではない場所に相談した結末で結果的にトラブルに巻き込まれた方の相談をご紹介していきます。

 

第三者機関へトラブル回避相談の結末

第三者機関へトラブル回避相談の結末

中古住宅購入後のトラブル回避のために第三者機関に相談したのに、結果的にはトラブルに巻き込まれた。

こうした体験を実際の裏事情を含めてご紹介していきます。

中古住宅購入後トラブル回避は業界外を使うのが鉄則

中古住宅購入後トラブル回避は業界外を使うのが鉄則

中古住宅購入に限らず、不動産業界は、仲介手数料や紹介料が非常に大きな収入源となっています。

そのため、「第三者の会社のつもりで、使用しているつもりでも裏ではしっかり関係が強かった」

これが、中古住宅購入後トラブルを避けるつもりが結果は依頼料を取られただけの何も変わらないという流れの実態。

単純に考えてほしいのです。

もし繋がりのある会社の情報について、気付く事があったとします。

でも、その会社とは取引のある重要な関係。

この状況で、堂々とダメ出しが出来るほど住宅業界の親密性は薄くないのです。

ですから、確実に第三者機関を使う必要があり、そうすることが十分中古住宅の素人では見えにくい中身や状況把握が出来るのです。

この他にも、手数料を払わされただけで調査内容は非常に薄い無料相談レベルだった。

という体験も実際に私の周りでは聞いています。

ぜひ、第三者機関による中古住宅の現状査定や調査については、安易に節約や地元の不動産屋に頼らずしっかり調査を依頼しましょう。

正直、基礎工事などのトラブルになると、最後はその家には住んでいられないほど苦痛を感じる結果になります。

ぜひ、中古住宅をリスクゼロとは考えず、しっかり対応策を考えて購入後のトラブル回避にお役立てください。

最後まで記事をお読み頂き有難うございました。

スポンサーリンク

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ