年収230万住宅ローン借入可能額と返済額

スポンサーリンク

住宅ローンは年収230万の人では利用不可?

年収230万に対して、返済額が何万円までならローン審査は通るの?

住宅購入をしたいけど、年収230万で物件購入後の生活が心配。

賃貸生活を続ける今の状況では、将来の心配が必要になる。

マイホームを買う必要がある状況に備えて今の年収から注意点なども知っておきたい。

年収230万の住宅ローンという悩みについて、私のサイトにご訪問いただきありがとうございます。

年収300万円以下だと返済に困るから住宅ローンなんて無謀だ!

年収における頭金なしの借り入れ可能額目安関連記事一覧。

年収の7倍の借入は無謀であると伝えたい。

住宅ローン年収7倍

住宅ローン年収7倍の借入額は低金利なら無難?無謀?破綻予備軍注意点

スポンサーリンク

年収の8倍の住宅ローンは負担率として考えて無謀であるというのを体験からご紹介しています。

住宅ローン年収10倍体験記

住宅ローン年収8倍が借入可能額はお得?将来の暮らしはどうなる?マイホーム購入体験記

年収300万円住宅ローン審査借入可能額シミュレーション

年収300万住宅ローン頭金なし借入可能額目安

年収400万の借り入れ可能額もご紹介しています。

年収400万住宅ローンいくら借りれる?

年収400万住宅ローン審査借入可能額限度額データ付

年収400万の住宅ローンについては、月々の目安の現実的な考え方についてもご紹介しています。

年収400万住宅ローン月々

年収400万住宅ローン月々の理想と無謀の境界線|購入体験者の声

年収400万に対して2500万の借入についてもご紹介しています。

2500万住宅ローンと年収400万

年収400万住宅ローン2500頭金なしは無謀?安全?破綻と安全の違い

住宅ローンの世帯収入目安という視点についてもご紹介しています。

住宅ローン世帯収入目安

住宅ローンは世帯年収目安ではなく夫一人にしておくべき根拠|返済貧乏防止策

私は、これからの時代に、地方に住む人ほど、賃貸の住宅条件悪化や老朽化などの深刻な問題を抱えるリスクが高まると思っています。

世帯年収の低下。

少子高齢化。

核家族の増加。

今や住宅ローン審査を年収と返済額という言葉だけで物件購入を見送る余裕もなくなる地域が出てくるとどこかで感じています。

マイホームを購入したいからと銀行や金融機関に物件の費用も契約もないまま借入相談をしても何も計算もしてくれません。

銀行は、あくまでも物件費用や契約内容が分かって初めて、必要な書類上の相談等を対応してくれます。

だけど、これから返済計画を含めてマイホーム購入を考える人の情報は?

この点を私は危惧して、年収別の記事を増やしていきたいと考えました。

住宅ローン審査における年収に誤解をしていませんか?

住宅ローン審査年収

住宅ローン審査年収や借入可能額の仕組み体験記

年収250万女性の住宅ローン審査についてもご紹介しています。

女性年収250万住宅ローン審査は無理?落ちる,通らない理由と通すコツ

住宅ローンがきつい人向けの情報もご紹介しています。

住宅ローンがきつい体験

住宅ローン支払いがきつい人におすすめの対策法とよくある誤解や注意点体験記

私のサイトは、新築一戸建て購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、以下のような経験を活かし、運営しています。

新築住宅関連企業出身者であること。

新築マンション、一戸建て購入経験者であること。

身内に、一級建築士,内装業,電気工事士等が多い環境で育った体験。

住宅ローン審査に2度落ちた後に通過した体験。

新築注文住宅を一度ハウスメーカーとの契約を解約後に購入した体験。

新築カーテンや外構工事などを打ち合わせで決めず、節約に成功。

新築火災保険、地震保険を元保険営業の妻の知恵をかりて節約に成功。

新築購入後、引越し,インターネット回線,新築祝いのお返し,挨拶まわりなど必要な事を体験。

このようにな経験をしてきたからこそ、住宅市場における内容やローン審査での苦労、購入後の生活を子育てしている親として感じる金額設定や借り入れに必要な準備等もご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、年収230万の住宅ローン審査に通過させるための物件選びや銀行や金融機関の選び方について、以下の項目で解説しています。

年収230万住宅ローン借入可能額目安

年収230万住宅ローン借入後の現実

年収230万住宅ローン借入可能額

住宅ローン審査とマイホーム購入の準備をしている方から、具体的な返済額を含めたローンの選び方に迷う方も、現実の生活に影響がない借り入れを成功させるためにお役立てください。

スポンサーリンク

年収230万住宅ローン借入可能額目安

住宅ローン審査事前審査と仮審査の違い

ネット上で、年収230万の住宅ローン審査体験を見ていくととんでもない金額を借り入れしたと感じる人もいる。

年収の何倍?

こんな表現に借入が出来るなら買いたい!

こうした意識を持つ方も多い。

しかし、現実というのは、実際うなっているのか?

この点をご紹介していきます。

住宅ローン審査の裏側

地方に行けば行くほど、以下のような条件も増えていきます。

親の土地に分筆して、自分たちの物件を同じ敷地内に建てる。

親の土地が空いてるから、土地の購入扶養で建物だけを建てる分を借り入れしたい。

借りる際の状況は人により異なります。

具体的には以下のようなケースが実際に金融機関の住宅ローン審査担当者から聞こえてきています。

土地の主を賃借人兼保証人として立ててもらう。

いわゆる単独の一家の主がそのまま借り入れを行うのではなく、銀行が融資を認める代わりに、保証人を付ける的な表現から、実際に計算上ではありえないような年収との比率を貸し出すケースもあります。

住宅ローン返済比率目安

年収230万で住宅ローン審査に通る金額は計算していくとどのくらいの金額が借り入れ可能なのか?

まずは、年収に対する返済負担率の割合は、上限30%と言われるが、20から25%程度が妥当なライン。

この計算からして、以下のようになります。

年収230万×0.25%=57.5万円。

この金額は、年間返済金額。

では月々は?

57.5万円÷12ヶ月=47,900円。

この金額を今の自分の賃貸住宅での生活を考えて計算してみてほしいと思います。

実際に年収230万円の手取りというのは、家族がいる場合、190万円前後。

住宅ローン毎月返済額

この金額を12ヶ月で割ると、15万8千円となる。

この計算から、47,000円は、妥当か?

これがギリギリのボーダーライン。

もし仮にこの金額を返済可能な家計となっているなら?

住宅ローン金利選択肢

フラット35の選択が優先。

理由は?

正社員、派遣社員、契約社員などの状況や年収の低い場合は、フラット35が該当する。

住宅ローンシミュレーション

年収230万住宅ローンシミュレーション

 

上記金額は、以下のような試算データとなります。

住宅ローン借入金額:1400万円

住宅ローンタイプ:フラット35

住宅ローン金利:1.8%(2018年3月試算)

住宅ローン返済返済方法:元利均等払い

返済期間:35年間

融資手数料:0円

保証料:0円

毎月の金額は、44,952円

これが金利を含めた総トータルの借入金目安。

いわゆる年収の6倍程度金額ですよね?

私は正直この計算ではじき出すだけでは、将来が危ういと多くの点から経験を含めて感じています。

 

年収230万住宅ローン審査前注意点

住宅ローン借入後の現実

貯金はいくら残すべきか?

この答えとして、毎月の返済額分を6ヶ月分程度は残すことが大切。

さらに、通過した後には以下の内容に注意していただきたいのです。

審査通過前が重要

キャッシュレス決済の導入後に非常に多くなったのがクレジットカード。

そこで、以下の項目は十分注意してください。

  • クレジットカード保有枚数は3枚以下にする
  • キャッシング利用可能枠はゼロに設定
  • リボ払いや3回以上の分割払いの利用を中止、一括精算
  • 借入全般(ショッピングローン、車、消費者金融等)の利用を全て見直す

消費者金融の利用履歴についても記事を書いています。

住宅ローン審査後消費者金融利用は安全?不利になる状況や条件注意点

年間の支払い額の中に何があるのかをチェックされます。

支払いの滞納、遅延、延滞。

この3つは絶対に避けなければいけないのです。

こんな感じでは、きつい、つらい、苦しい、売却査定の道へまっしぐら。

現実として、「家を手放す」を検討しなければいけない未来になってしまいます。

 

年収230万住宅ローン借入後注意点

年収230万借入可能額

できるだけ今の年収でより確実に住宅ローン審査を通過させたい。

このように考える方に知っていただきたい物件選びの注意点をご紹介していきます。

住宅ローン審査も通過までの苦悩

上記シミュレーション程度までなら、担保力が変な物件でなければ問題はないと思います。

問題は、この担保力における内容。

会社はどこに依頼するべき?

1400万円となると中古住宅となるけど、一戸建てとマンションどっち?

狭小住宅の立地の良い場所と駅からは遠い田舎だけど生活に不便が無いエリア。

それぞれの物件を探す能力を養う事が非常に重要。

フラット35を起点に探すべき年収となる230万世帯。

この場合は、非常に担保力を問われる傾向が高いのです。

住宅ローン審査も通過後の苦悩

これが、審査通過後に何に影響するのか?

以下のような内容です。

  • 固定資産税の問題。
  • 住民税の問題。
  • 子育て支援給付や医療費等の問題。
  • 仕事探しにおける通勤の利便性。
  • 火災保険の支払い額
  • 数年先のリフォーム等の費用

このようなポイントを1つ1つ丁寧にチェックしていきます。

  • 今の生活とどのくらい変わるのか?
  • 何が足りないのか?
  • 会社がどんな保証をしているのか?

まずは収入のまま進んだ時の今後の支出予定。

毎月の余力に、子育てに必要な資金をどれだけの差が生まれるか?

この金額に、変動金利とは違う月々の支払いの計画をしていく上で、35年という長い時間の中での計画を必要とする。

特に、都心付近にお住いの希望を考えている方は、当然メリットとデメリットの比較が多くなってきます。

まずは余裕が出せる計画。

これはくどいようですが、どんなに探す時間がかかっても、確実に漏れがないようにしっかり上限を考えたシミュレーションが大切。

せめて、購入した次の10年は意識した方が良いです

これが、私が実際に家を持つ生活をしてきて、変わった価値観となります。

住宅ローン審査前必須準備

この内容は、どんな年収の方も共通です。

300万,400万,500万などの年収は問いません。

住宅ローン審査を希望する人に全員に関係がある内容。

どこの銀行のどの商品を使っても変わりません。

変動金利、固定金利、フラット35、10年固定、5年固定。

そんなことよりも絶対的に必要な情報。

それは、以下のような自分の環境をミスなく手元に書類を用意し可能なくらい正確に確認する事。

クレジットカード契約枚数を上限3枚までとする。

➔保有しているクレジットカードのキャッシング金額は全てゼロへ。

キャッシング枠や利用履歴も注目が集まっている。

住宅ローン審査キャッシング枠影響

キャッシング枠と歴の違いと住宅ローン審査落ちる原因

現在借入金がある内容は、全ての残債金額と、完済予定月を正確に把握。

➔可能であれば、住宅ローン審査前に完済。

いつも毎月同じくらいの家計の引き落としを銀行口座から行っているかどうか?

年齢的に組める(契約できる)上限80歳までの年数は?

こんな単純なこと?

こういう認識の人がほとんど。

でも、住宅ローンという商品は、審査で多くの人を落とす、通らない道につなげていく。

あっそうだ!なんて審査申込後に気付いてももう遅い。

私も幾度となく、書類上の正確な数字を求められ、一部を緊急で一括返済しなければいけない事態になった。

こうしたことがないようにこの記事を読んだあなたには十分注意してほしいと思います。

住宅ローン審査通過のコツ

車を2台保有していかなければいけない。

こんな家庭も地方にいけば少なくない。

年収の合算という方法を試算にしたい世帯もいる。

こうした基準を含めて、組む前には、できるだけ自分の身をクリーンにしておきましょう。

その上で、銀行を6社決めて、一括でフラット35を使ういろいろな銀行で審査を申し込む。

これが、私が知人を勤続年数1年という悪条件から救った方法。

具体的には、

住宅ローン審査が甘いフラット35|勤続年数1年で通った体験記

住宅ローン無理やり通すやり方|3社目で通過!

にてご紹介しています。

今これからいろいろな家を見たい!

このような考え方の方は、私自身が今の建築をしっかり基礎から見直した無料で学べる資料請求のバナーをご紹介しています。

興味があれば活用して下さい。

火災保険一括見積もりサイト比較の注意点もご紹介しています。

火災保険一括見積もり|元営業が納得!おすすめ依頼サイト体験記

マイホーム購入予定者の書き込みと回答もご紹介しています。

組めるのかどうかを質問しているスレ(yahoo不動産)

32歳勤続年数7年の人の質問スレ(yahoo不動産)

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

このページの先頭へ