2階リビング暑い原因や暑さ対策画像付|新築失敗後悔対策

2階リビング失敗やデメリット要素暑さの原因と間取りの工夫について、このページをご覧頂きありがとう御座います。

新築一戸建て間取りを検討中の方の中には、2階リビングという選択を迫られてる方も多い現代。

2階リビングという選択の理由には、以下のような現実があります。

・2世帯住宅増加に伴う中間階層となる2階をリビングにする。

・1階部分を駐車場とするため、実質的2階リビングになる間取り。

・外部からの視線回避を目的とした2階リビングの採用。

このように、意図的に2階リビングを選択させられたご家庭も日本全国の土地の事情などからも多いんです。

私のサイトは、新築購入後失敗後悔をしてほしくないという思いから、新築一戸建て,マンション購入体験,現場経験を活かし、各記事をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

私が住宅購入をして感じた体験や昔住宅現場で仕事をして培った知識を使い、この記事でも貴方の悩みを解消していきたいと思います。

このページでは、以下の内容でご紹介してます。

2階リビングのデメリットや失敗となる暑い原因

2階リビングにおける暑さ対策のポイント

この2つをご紹介していこうと思います。

3階建てを予定している方がリビング配置に悩むと思いますので、ぜひ情報収集の1つとして活用してください。

2階リビングのデメリットや失敗となる暑い原因

2階リビング 暑さ対策 暑い

2階リビングの最初のデメリットや失敗理由となるのは、暑いという生活における苦痛。

新築一戸建てを購入するなら、やはり夏は涼しい冬は暖かい快適空間を目的に購入したい。

これが皆様共通の願いだと思います。

しかし、実際に2階リビングを採用している方の失敗でダントツに多い悩みは

「暑い」

「暑さ対策が大変」

なぜこんな事態になってしまうのでしょうか?

2階リビングが暑いと感じる原因とは?

少々の暑さなら、我慢もあると思いますが、失敗例などに多い声は、「耐えられない暑さ」

リビングの向きに人気の方位は、南。

しかし、リビングにする上で、日光を遮る構造を用意していなかった!

これが、最大の要因になっている事が多い。

さらに、西側にも窓を付ける構造になっている時には、暑さが倍増。

日中の照り付ける暑さプラス西日の暑さ

この状況に、ずっと生活をさせられるのは苦痛ですよね。

では、この暑さを遮るための対策は、どうやって対策すべきなのか?

私が実際に、2階リビングを検討した際に住宅メーカーに聞いた内容を含めてご紹介していこうと思います。

 

新築一戸建て住宅2階リビングにおける暑さ対策のポイントとは?

新築一戸建て2階リビング暑さ対策

2階リビングの暑さ対策は、具体的な対策をご紹介していきましょう。

この2階リビングに対する対策で最も重要なのは、「間取り計画中が最も大切」

具体的な要素をご紹介していきましょう。

新築住宅2階リビング暑さ対策1.屋根の工夫

暑さ対策に大切な構造として、採用してほしいのは、「屋根の軒先を長くする」

軒先とは、上の画像とコメントで用意した写真が該当します。

近年、太陽光発電の搭載量にこだわる住宅メーカーや工務店も増えたおかげで、軒先を長くする工夫はしやすい条件が整っています。

軒先を伸ばすことで、メリットは、2階リビング以外に使い道はあります。

・バルコニーの雨が降りこむ量を減らす工夫

(バルコニーは鳥の糞などの対策にもなります)

・直射日光を防ぐことが可能

・太陽光発電の搭載量増加

・1階の雨宿りスペースの確保

こうした内容を考慮も可能になりますので是非軒先の工夫を採用してみて下さい。

これだけでは、日中の暑さ対策のみになってしまいますので、もう一つ工夫をしなければいけないのが、窓。

では、窓の工夫についてご紹介していきましょう

新築住宅2階リビング暑さ対策2.窓の形で、暑さ対策が可能?

では次に、窓の形について、ご紹介していきましょう。

暑さ対策における窓の工夫に注意が必要なのは、「西日対策」

どんな窓なら、暑さがしのぎやすいのか?

私が聞いた窓の生活に合わせたプランニングではこうしたことを教えてくれました。

・床からの高さによる日差しの入る時間の延長化。

・日差しの心配をするなら、窓を高い位置に横長にするのがオススメ。

・縦長窓は綺麗に見えるだけであまり機能性に意味はない。

という事は、西日対策は、

・日差しを長時間入れたくない

・部屋には均等に日当たりがあることは望める。

となったら、窓の形は、一つ。

新築一戸建て住宅2階リビング暑さ対策窓の形

窓の場所は違いますが、コンパクトな形ですよね。

新築2階リビングでも採用におすすめの窓レイアウトととして、横長にした画像は、

リビング窓の形で暗いを感じにくくする工夫

で、掲載していますので参考にしてください。

たかだか窓、されど生活における日差しの入る量もコントロールする窓には「用途による選択」が重要。

あなたの2階リビングを快適に過ごせる窓をぜひ探してみて下さい。

では、打ち合わせにおける暑さ対策の話題についてご紹介していきましょう。

 

新築住宅2階リビング暑さ対策が必要か確認する方法

このほかに、暑さ対策における方法や「対策を講じる必要があるのか?」というのは、必ずこちらから聞くことが重要

どんな質問をしていくかというと、以下の質問をお役立てください。

・軒先で日中の日差しをどの程度よけることが可能なのか?

・暑さ対策が必要な地域なのか?

・実際に建てた家に入ることが可能か?

・構造上の日差しの角度や日照時間などもしっかりシミュレーションしてもらいたい

こうした内容をしっかり確認しておいてください。

逆にこうした内容について、こんな回答には要注意!

・大丈夫ですよ。

・そんな心配はないと思います。(思いますは、責任が無い発言で、要注意!)

・そういうデータは出せません。

いわゆるごまかす内容の回答がある場合は、その会社も疑ったほうがいいと思います。

家は一生に一回といいますよね。

その価値が、まあ大丈夫、で済む話ではないのですから。

あなたがいくらその会社の建て方や外観が好きでも、

「快適な生活にならない住宅」であれば、極端な発言なら「意味がない」。

「しっかり根拠に基づく説明を求めて、安心の回答をデータとともにもらう」

耐えられないような暑さを強いられる生活をさせられても、その責務を負うわけではないのです。

十分注意して2階リビングを検討してください。

この他、家全体における各部屋の悩みを新築間取り失敗後悔と対策法にてご紹介していますので、参考にしてみてください。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。


資料請求,外構,住宅ローン体験


新築一戸建て住宅カタログ請求のコツ新築一戸建て住宅間取りまとめフラット35住宅ローンを通すコツ新築祝い新築一戸建てカーテン節約術新築一戸建て住宅間取りまとめ住宅ローン借り換えの悩みは解消できる新築一戸建て引っ越しトラブル回避術

    

コメントを残す

サブコンテンツ

不動産住宅物件探し.xyz管理人

312167595060 (1)



2児パパニッキー



私の住宅購入実績



平成20年 新築マンション購入

平成27年 新築一戸建てHM注文住宅で購入




Google+




YOUTUBEチャンネル公開中



このページの先頭へ